こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ファニーとアレクサンデル

Fanny och Alexander
ジャンル: ドラマ , ファミリー
公開: 1985/07/06
製作国: スウェーデン , フランス
配給: 東宝東和

    ファニーとアレクサンデル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 評価なし

      ルキノ・ヴィスコンティ監督の『山猫』が、3時間7分という長さの映画でしたが、この映画は311分、つまり5時間11分あります。
      岩波ホール、公開時は一日一回の上映でした。(2回は無理でしょ)

      1982年イングマール・ベルイマン監督作品。

      裕福な一家の孫、ファニーとアレクサンドルという兄妹を中心とした2年間の家族劇なのですが、長さ全然感じませんでした。

      それは約1時間ごとに章が分れていて、全5章の区切りがあるからかもしれません。

      1907年のクリスマスで豪華なパーティをにぎやかにしている一家。
      この一家は、豪邸なだけでなく、何故か幽霊も同居していますね。アレクサンドルが家を散策していると普通に骸骨男が歩いていたりします。
      家族も愉快な叔父さんが、おならでろうそくの火を消してみせたりして、なんだか楽しい一家の様子。

      しかし母が牧師と再婚してから・・・恐怖の体験が2人の子供を待ち受けています。
      ベルイマン監督の独特の白の使い方、白い家、白い壁、白い家具、白い服・・に身を固めた牧師一家は、2人にとって恐怖の存在です。

      それがまた楽しい一家に戻るまで・・・贅沢と恐怖がおりまざった5時間11分、全く退屈しない。
      やはり衣装やセットなどは本物志向で、どれも贅をつくしたものばかり・・・だからこそ、白い家が恐怖なんですね。

      この後ベルイマン監督は、映画を離れてしまうのですが、この自伝的な映画は、ヴィスコンティ監督とは又違う贅沢さにあふれています。
      >> 続きを読む

      2018/06/03 by 夕暮れ

      「ファニーとアレクサンデル」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    ファニーとアレクサンデル
    ファニートアレクサンデル

    映画 「ファニーとアレクサンデル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画