こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ホテル・ルワンダ

Hotel Rwanda
ジャンル: ドラマ
公開: 2006/01/14
製作国: イギリス , イタリア , 南アフリカ
配給: メディア・スーツ=インターフィルム

    ホテル・ルワンダ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 4.0 ハラハラ

      社会派な映画の作りよりも、自分も逃げ惑うあの当事者だったらどんな思いがするだろうかとドキドキして見れる。
      「銃は使わないことにしている」
      話術と知略が武器。
      「いくら払えば逃がしてくれますか?」
      軟弱でも鬼畜よりはマシ。

      あと、体制を助長するラジオ放送がけたたましく狂気をまくしたてていたのが印象的だった。
      メディアってやはり中立でなければ成り立たないなとか思ったね。

      「ニュースを見て『怖いね』と言ってディナーを食べる。それだけだ。」 このメッセージが強烈だよね。その通りで。
      この映画で一番重要な意義を含んでいる。
      「自分が恥ずかしい」と言って帰国する外国人が気持ちを代弁しているよね。
      >> 続きを読む

      2018/07/14 by motti

      「ホテル・ルワンダ」のレビュー

    • 5.0 クール

      DVD購入 この話が実話とは信じたくないが… 副支配人のポールにはいろいろ勉強させて頂く。

      2018/01/03 by kotaro

      「ホテル・ルワンダ」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      1994年にルワンダで起きたジェノサイドに関する話。恥ずかしながら、この映画を見るまでこの事件の存在を知らなかった。

      印象に残ったのは、国連の人が言った「西側の大国は、君たちは救う価値がないと判断した。」という言葉。自分の視界から外れたものには無関心でいられる事がある意味人の本質でもあると感じた。

      こういった映画を見ることで、普段目に見えない世界に対する想像力を少しでも持てるようになりたいと願う。
      >> 続きを読む

      2016/11/28 by kuhh

      「ホテル・ルワンダ」のレビュー

    • 入ってくる情報だけではなく、目的を持って入手し世界を広げることも大事ですよね。どっかの歌手の再逮捕とかどーでもいい情報とかに埋もれないように、。 >> 続きを読む

      2016/11/29 by メッシイ

    • 5.0 切ない ハラハラ

      これが、ルワンダ虐殺という実話に基づく内容だというところが凄い。まさにジェノサイド。単一民族国家である日本にいるとなかなか理解出来ないが、同一国に複数民族がおり、支配する側と抑圧される側があった場合の、緊張が弾けた際の勢いは、止まることを知らないということか。
      暴徒となった人達は、現在のイスラム国に被る。暴力は単に憎しみを膨張させるだけで、何の解決にもならないということに早く気付いて欲しい。
      アイアンマンシリーズのドン・チードルは、モト冬樹にしか見えなかったが、こんなシリアスな作品にも主役として出演していたのか。以外。 >> 続きを読む

      2016/07/06 by 123

      「ホテル・ルワンダ」のレビュー

    • 3.0

      窮地になっても酒は飲むし・・・飢餓や貧困ではないのね

      2015/10/27 by kaiteru

      「ホテル・ルワンダ」のレビュー

    もっとみる

    ホテル・ルワンダ
    ホテルルワンダ

    映画 「ホテル・ルワンダ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画