こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

チョコレート

Monster's Ball
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 2002/07/20
製作国: アメリカ
配給: ギャガ・コミュニケーションズ

    チョコレート の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 評価なし

      目の前で息子に自殺された人種差別主義者の元看守と、死刑囚である夫を失い、交通事故で息子を亡くした黒人女性が、家族の死をきっかけに、交わるはずのない二人が心を通じ合わせて行く。

      2020/11/29 by Silencer

      「チョコレート」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      全体的にこの映画は素敵なシーンがあったり、ヒース・レジャーやハル・ベリーの芝居が繊細で見ていて心地よかった。
      ジョーカーの印象が強いヒース・レジャーだがハリウッド俳優らしくない繊細な芝居がとても好ましかった。

      ストーリー的には大人のラブストーリーかと思って見始めたが、黒人差別や死刑執行やらで30分に1人ずつ出演者が居なくなっていった。

      ラストシーンでも2人で上手くいって欲しいと願う反面、どちらかが死ぬのではないかとハラハラドキドキしながら見た。
      ラブストーリーに絡めながら親子の関係も描きあげている。

      ラストシーンも好きだな。
      ハル・ベリー、めっちゃスタイルいいし、芝居も上手。
      >> 続きを読む

      2020/10/24 by mu2ki

      「チョコレート」のレビュー

    • ビリーボブソーントンの最低男から最後にはこの人にも幸せを知って欲しい。と思わせるリアルな芝居が良かった。 >> 続きを読む

      2020/10/24 by mu2ki

    • 4.0 泣ける 切ない

      観たかった作品
      主演2人が実にいい!
      一言では言い表せない深いテーマ性
      こういう良質な作品にはなかなか出会えない。
      原題を超えた邦題にも称賛

      2019/11/05 by ちっぷ

      「チョコレート」のレビュー

    • 4.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      大切なものを失くし、喪失感を埋め合わせするように互いを求める男と女。「チョコレート」は、"深い孤独と絶望"の中で芽生える、手探りの愛を描いた作品だ。

      米国南部の人種差別が残る町。ハンク(ビリー・ボブ・ソーントン)は、父親と息子と三代にわたり刑務所の看守を務める。ハンクは、偏見に満ちた父親と同じ人生を歩みながら、気の優しい息子に苛立ち、憎しみをぶつける。

      刑務所の死刑執行で、気分が悪くなり、職務を果たせなかった息子に暴力を振るうハンク。だが翌日、息子は「俺はあんたを愛していた」と言い残し、ハンクの目の前で自殺する。

      一方、レティシア(ハル・ベリー)は、死刑執行された男の妻。貧しさの中で息子を育てているが、ヒステリックに息子を叱りつけては自己嫌悪に陥る。しかし、溺愛していた息子は轢き逃げされて死んでしまう。

      偶然、事故現場を通りがかり、レティシア親子を助けようとするハンク。人種差別主義者だったハンクが、悲しみ嘆くレティシアを優しくいたわり、次第に二人は心を通わせ始める----。

      黒人初のアカデミー賞の最優秀主演女優賞を獲得したハル・ベリーの熱演はもちろんだが、それを受けるビリー・ボブ・ソーントンの抑制した演技が素晴らしい。

      息子の自殺をきっかけに、少しずつ凍っていた感情が解け出していく男の、"内面の変化"を見事に演じていると思う。

      そして、静かに見つめるカメラ。少ないセリフ。微妙な感情の揺れを中心に据えた演出。マーク・フォスター監督は、痛々しい二人の人生を淡々と描いていて、実に見事だ。

      闇の中、月明かりに照らされるように浮かぶ二人の愛が、切なく胸に迫ってくる。
      >> 続きを読む

      2016/12/09 by dreamer

      「チョコレート」のレビュー

    • 4.0 切ない

      この映画を観てると男女が結びつくのに、理屈や感情などいらない事を教えられる。
      それほどビリー・ボブ・ソーントンとハル・ベリーの二人の関係は重くて切ない。

      ハル・ベリーがアカデミー賞を獲った事で話題が先行したが、ビリーボブの感情を抑えた表情も実にいい。

      ただ話のつじつまが合わない点が多々ありそこが気になる部分ではある。
      ラストの微妙な状態。何かが生まれて何かが消える。
      この部分で終わるのが個人的にはとても好きです。
      >> 続きを読む

      2016/09/24 by オーウェン

      「チョコレート」のレビュー

    もっとみる

    チョコレート
    チョコレート

    映画 「チョコレート」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画