こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

PUSH 光と闇の能力者

PUSH
ジャンル: ドラマ , SF , アクション
公開: 2009/11/07
製作国: アメリカ
配給: プレシディオ

    PUSH 光と闇の能力者 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 3.0

      超能力を研究する政府機関ディビジョンと能力者たちとの闘いを描いたSFアクション映画。念力能力をムーバー、予知能力をウォッチャー、記憶操作能力をプッシャーなど、定番の超能力をわざわさ言い換えているのでイマイチわかりにくい。登場人物も多く、外観を錯覚させるシフター、においで標的を追跡するスニッファー、能力者からの追跡をブロックするシャドーなど複雑な能力もポンポン出現し、わかりにくさに拍車がかかる。しかし、念力能力者がわざわざ銃を使って闘うなど画ヅラ自体は面白いので、なんだかわからないけど勢いで楽しめる。とりあえず、一つの作品に複数の予知能力者はいらないかな。 >> 続きを読む

      2019/08/25 by 二階堂

      「PUSH 光と闇の能力者」のレビュー

    • 3.0

      公開当時,ダコ・ファニたん15歳.かわいい.プレコグなんだけど,見たものを絵で説明,その絵が下手という役柄,かわいい.ボサボサのブロンド長髪で所々変な色で染めてるのもかわいい.それからえーーーっと.なんで,ダコ・ファニたんばかり褒めるかって?そこしか褒める箇所ねぇからっすよ.こんばんは三遊亭呼延灼です.
      つまらんのですわ.この作品.世界で暗躍する超能力者組織とそこから逃れた者達の戦いの物語なんですけどね,設定も物語自体も途中でお腹いっぱいになっちゃいました.
      テレキネシストやプレコグ等,今でも使われている単語をわざわざムーバーとかウォッチャーって単語に変換してますけ微妙にダサい.それ以外にも本作オリジナルの能力がありますが,地味にわかりにくいですし,お寿司.
      プレコグが上位設定すぎるのも変でした.「未来が変わるから,ここで殺すのは止めよう」的台詞まで飛び出す始末で座椅子から転げ落ちましたね,あたしゃ.
      超能力集団ディビジョンが世界の諜報機関と連携してる的説明がありましたが,香港のキャナリー(知らない人はアローを観てくれよな!)家族はなんですか?能力発揮するときに瞳の形が変わるの気持ち悪いんですよ.だいたいそれを隠蔽するためにサングランしてたんじゃないの?バカなの死ぬの?もし瞳の変形と超音波がセットだったら,日常でサングラスする必要ないです.それに最後の超音波お父さんは完全に自爆ですよね.
      テレキネシス同士も能力でプカプカと拳銃浮かせて戦うってバカだろ.かっこいいと思ってらっしゃるのだとしたら,どうかしてますよ.ってダメな点を列挙するのもめんどっちくなってまいりました.結局,クリ・エヴァ,ダコ・ファニ,コリー・ストールの壮大な無駄遣いでしたね,というところでありましょうか.
      >> 続きを読む

      2019/08/21 by 叡福寺清子

      「PUSH 光と闇の能力者」のレビュー

    • 当時のカミーラ・ベルがめっちゃタイプだったので、あんな感じでジットリ見つめられてみたいと思ったものです(笑) >> 続きを読む

      2019/08/23 by ice

    • 4.0 クール

      超能力バトルって結構好きだな。拳銃を念動力で操るのは難しそうだけど。未来予知で相手の裏を掻きまくるというのは、なかなかスリリングだよね。

      2017/11/11 by boreas96

      「PUSH 光と闇の能力者」のレビュー

    • 3.0

      主人公は念動力を持つ超能力の青年(ムーバー)。訪ねてきた予知能力を持つ少女(ウォッチャー)と手を組み、超能力者を利用する組織(ディビジョン)に立ち向かう。さらに、中国の組織が介入する。

      超能力集団の話というと『SPEC』『ダーク・エンジェル』、古くは『七瀬ふたたび』などを思い出した。記憶を操作する超能力(プッシュ)というのは新たな能力として興味深かった。ただし、本作ではいろいろな超能力の設定が錯綜して、2時間の映画の間に理解に追いつくのが大変だった。『SPEC』のように時間をかけられるドラマだったら楽しみ方も違ったかもしれない。
      この手のストーリーでいつも思うのだが、予知能力を持つということに対して「将来が読めるのに何でそういう失敗を?」と思ってしまう。そして、そういうことを自分なりに整合性を持たせようと考えると、自分の頭では混乱を起こしてしまう。

      訪ねてきた13歳のウォッチャーに安達祐実の雰囲気を感じた。あの大きな瞳の影響か。
      >> 続きを読む

      2016/10/16 by asian

      「PUSH 光と闇の能力者」のレビュー

    • asianさん>
      > ソフィー・マルソーを思い出させる女優さんですね。
      おー!まさに大好きな女優さんです♡ >> 続きを読む

      2016/10/17 by ice

    • 女性のタイプが共通しているかもしれませんね。(笑)
      しかし、私は007以外のソフィー・マルソーをまだ観たことがないです。 >> 続きを読む

      2016/10/18 by asian

    • 3.0 ハラハラ

      未来視、記憶消去、念動力、超音波など(日本語で書くとダサいなw)何らかの超能力が発言した人たちと、それを制御・実験したがる組織との闘い。設定だけ聞けば要するに「X-MEN」みたいなやつだが、アクションはそこそこで、序盤はサスペンス的な印象もある。アプローチとしては面白いし、ダコタ・ファニングやカミーラ・ベルなど可愛い子が出てる。

      パッとしない感じは否めないし、もし「キャプテンアメリカ」だって知らなかったらクリス・エヴァンスにとても冴えない印象を持つだろうねww

      いともたやすく“インセプション”が行われてしまうので、いったい何がこの人物の真実なのかが分からなくなる。まぁそれはそれでこの作品のトリックなんだとは思うけど。
      しかしなんで中国が舞台なんだろう…予算の問題?
      >> 続きを読む

      2016/06/04 by ミラレポ

      「PUSH 光と闇の能力者」のレビュー

    もっとみる

    PUSH 光と闇の能力者
    プッシュヒカリトヤミノノウリョクシャ

    映画 「PUSH 光と闇の能力者」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画