こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アパートの鍵貸します

The Apartment
ジャンル: 外国映画 , ドラマ , ラブロマンス , コメディ
公開: 1960/10/08
製作国: アメリカ
配給: 日本ユナイテッド・アーチスツ

    アパートの鍵貸します の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 0.0

      ビリー・ワイルダー監督、1960年。
      アカデミー、作品、監督、脚本賞。
      この作品が大好きだときう方は、少なくない模様。

      冒頭ニューヨークの摩天楼の空撮シーンが映る。街を行き交う無数の人々。ジャック・レモン演じるバクスターの勤める保険会社も巨大である。広大なオフィスには整然とデスクが並び、無数のエレベーターが上下する。

      バクスターは、課長たち上司に取り入るため、自分のアパートを彼らの不倫のために貸していた…。

      この設定は、かなり不自然だと思うし、正直気色悪い。多くの人に受け入れられたのが不思議で仕方ない。

      バクスターは、シャーリー・マクレーン演じる会社のエレベーターガールに惚れていたが、彼女は部長と不倫の関係にあり、知らずに二人のために部屋を貸してしまう。不倫に疲れたヒロインは、バクスターの部屋で大量の睡眠薬を飲み…。

      ものすごく気持ちの悪いストーリーなのである。『サンセット大通り』も不気味だったが、こちらも負けていない。ただし意図的ではないところが、どうかと思うのだが。

      部屋を追い出され風邪を引いたバクスターを面白おかしく演じるレモン。不気味である。これを観て、当時の観客は腹を抱えたのであろうか。

      自殺未遂のヒロインを喜んで看病する主人公の舞い上がりぶり。不気味である。

      そんな二人がお約束どおりラストで結ばれても、気持ちのいいもののではないですね、自分にとっては。

      泣いたり、笑ったり、ツンとしたり、落ち込んだり、クルクル変わるシャーリー・マクレーンは、それはもうキュートなんですが。
      >> 続きを読む

      2020/02/28 by かんやん

      「アパートの鍵貸します」のレビュー

    • 0.0

      沁みる〜!良い映画。ラケットでパスタの水をきってる独身男のワンシーン大好きよ。淀川さんが徹子の部屋でシャーリー・マクレーンが晩年イヤな女優になっちゃった、あの人ダメねって言っててショックだった!少なからずこの頃は可愛い子ちゃんです!

      2019/07/01 by ほにゃらら

      「アパートの鍵貸します」のレビュー

    • 3.0 笑える

      上司たちに自分のアパートの部屋を逢引き用に使われているバクスター。

      2018/09/08 by kinako

      「アパートの鍵貸します」のレビュー

    • 評価なし

      主人公のテンションの高さったらない。
      Mr.ビーンかと見紛う。喜びが身体から溢れ出ている感じ。そしてその後の落胆ぶり。そんなにか!と思わず言いそうになる。大人の「少年」と言われる部分を観ているのか?それだけ夢中になれる女性がいるって素敵やね…

      全力で一喜一憂してる彼が魅力的に映る。
      女性の美しさとしっとり感に私も惚れ、「不倫の恋にマスカラは禁物なのに」に痺れた。

      「妹の恋人」同様、ラケットがキッチンで大活躍。彼の素敵さが後半爆発。私もいつの間にか彼が大好きに。
      軽快で少し切なくてHAPPYEND。大満足だ、レモン!!
      【鑑賞メーターより移行】
      >> 続きを読む

      2018/09/04 by いちころ

      「アパートの鍵貸します」のレビュー

    • 4.0

      これは時代を超えても色褪せない。爽やかな気持ちになった。

      2017/05/15 by kaiteru

      「アパートの鍵貸します」のレビュー

    もっとみる

    アパートの鍵貸します
    アパートノカギカシマス

    映画 「アパートの鍵貸します」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画