こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ちょんまげぷりん

ジャンル: ラブロマンス , コメディ
公開: 2010/07/31
監督:
製作国: 日本
配給: ジェイストーム

    ちょんまげぷりん の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      面白かった。また会えなかったとしても、彼が生きていた証を見つけることが出来てよかった。プリンを食べながら再鑑賞したい >> 続きを読む

      2018/09/13 by mariko

      「ちょんまげぷりん」のレビュー

    • 3.0

      江戸時代の侍がタイムスリップして現代へやって来る。
      居候させてもらった母子家庭に恩返しとばかりにデザート作りに励むが、いつのまにかパティシエの道を歩んでいく。

      設定としては相当に古く、タイムスリップの過程などいい加減もいいとこ。
      それでも侍が現代に馴れていく手順がしっかり出来ており、いつの間にか馴染んでいる辺りも面白い。

      子供がなついていく姿勢も無理がない。
      錦戸が意外にはまっているのも驚いた。前半は落ち武者などギャグのようだったが、自然と違和感がなくなる。

      それにしてもケーキ大会の件は完全にTVチャンピオンだな(笑)
      >> 続きを読む

      2017/10/08 by オーウェン

      「ちょんまげぷりん」のレビュー

    • 3.0 笑える 切ない

      日本人の大好きなタイムスリップ・ファンタジー。
      江戸時代から現代の東京に現れたお侍が、現代とのギャップに戸惑いつつも、ひょんな事からパティシエへの道を歩み出し成功するかと思った矢先に…。

      シングルマザーの奮闘、武士の生真面目さ。
      と福君の泣きの演技。

      ふざけたタイトルに比してなかなか真面目な映画です。
      仕事と家庭の両立、家事の分担、子供との関係。
      現代の働き方を問う内容になっているのです。
      単に家庭が大事という結論を出してはいません。
      もともと安兵衛は平和な江戸時代にあって、お役目のないことが悩みでした。
      仕事というものが生活のためだけで無く、自己実現の為の大切な要素なのだということ。
      なぜ働くのか?
      この根本の問いは現代だけでは無く、江戸時代でも通じる人間の基本的な欲求なのですね。

      180年の時を越えて叶えられた約束。
      それはプリンの味がした。


      舞台は巣鴨ということですが、ロケで出てきたのは駅前だけです。
      安兵衛さんと出会ったスーパー・べニーなんて巣鴨にないですし、あんなに空いたスペースもだだっ広い公園もありません。(調べたら足立区らしいですね)
      江戸時代から巣鴨はど田舎ではなかったので、あの、田んぼのど真ん中にお地蔵さんが立っているというのもなしですよ。
      巣鴨舐めてんでしょ〜!
      とげぬき地蔵さんのお寺は江戸時代以前からあるんですよ!
      「昔の時代ね。田んぼ背景にしとけばオッケー」的なこだわりのなさが減点です。

      エンディング曲「REMEMBER YOU」 作:忌野清志郎
      監督がRCのファンで、強い要望で起用されたそうです。
      >> 続きを読む

      2017/04/09 by 月うさぎ

      「ちょんまげぷりん」のレビュー

    • 4.0 笑える

      錦戸くん演じるお侍さんがすごくはまってる。
      お侍の細かな所作が面白かったなあ。

      2016/09/26 by やまだ

      「ちょんまげぷりん」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      江戸時代のお侍さんが現代にタイムスリップしてお菓子作りに目覚めるというお話。
      錦戸くんって前にドラマでもタイムスリップして現代に来た侍を好演してましたが、それ以前にも同じような役を演じていたんですね~。髷姿が本当によく似合ってます。
      この木島安兵衛というお侍さん、現代の生活にすんなり慣れて暮らしていたのが面白かったです。
      家事をやらしても完璧だし、こんな人がいたら楽だな~と思いつつ自分もしっかりしないとと何だか焦りました(笑)
      そんな中出会ったお菓子作り。
      なんでもそつなくこなせる人はお菓子作りもプロ並みに作ってしまうからちょっと羨ましいです。
      そしてコンテストに出場→優勝→パティシエと瞬く間に出世していく彼ですが突然の別れが・・・
      できるなら現代でずっと生活してほしかったのでそこは残念でした。
      ですがラストも爽やかに終っていき久しぶりに邦画で良い作品に出会えたと思いました。
      また錦戸くんの髷なんですが少しずつ剃ってる部分が伸びてたりと、そういう細かいところもちゃんとしていて良かったです。
      >> 続きを読む

      2016/06/19 by saruwatari

      「ちょんまげぷりん」のレビュー

    もっとみる

    ちょんまげぷりん
    チョンマゲプリン

    映画 「ちょんまげぷりん」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画