こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

はなれ瞽女おりん

Melody in Grey
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 1977/11/19
監督:
製作国: 日本
配給: 東宝

    はなれ瞽女おりん の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "失われていくものへの哀惜とレクイエム"

      映画「はなれ瞽女おりん」は水上勉原作の小説を"近松門左衛門の絢爛たる世界を、日常性から脱却して非日常の世界へ没入する事で美と恍惚とエロティシズムの極致を描いた「心中天網島」の篠田正浩監督が映画化した作品で撮影監督を宮川一夫、音楽を武満徹という日本を代表する超一流の布陣で製作されています。

      瞽女とは盲御前という敬称から発生した言葉だと言われていますが、三味線を弾き、語り物、はやり唄、民謡などを歌って日本中の村から村へと門付けをして歩く盲目の旅芸人で、その村に1年に1回訪れるのが大正時代の日本において娯楽の少なかった農民たちにとって待ちわびた楽しみであり、農村での大衆芸能を最も伝統的に継承するものでした。

      この瞽女さん達は全員が盲目の女性であるため、独特の仲間組織と厳しい内部戒律を守ってきたそうです。このような厳しい戒律の中で、男子禁制を破った場合には仲間から追放されたそうで、この追放された人を"はなれ
      瞽女と呼びました。

      映画は6歳の時に親に捨てられ越後の高田瞽女屋敷に引き取られたおりん(岩下志麻)が21歳の時に、ある男とふしだらな関係を持ったという事で屋敷から追放され、"はなれ瞽女"となります。おりんはたった一人で門付けをして、誰もいない破れ小屋や雨漏りのする御堂に寝泊りし、男に軀をまかせてはわずかなお金をもらうという漂泊の旅を続けて行きます。

      その旅の途中で出逢った得体の知れない平太郎(原田芳雄)は、おりんの仏さまのような心と姿の美しさに魅かれ、おりんの軀を求めようとはしませんでした。一方のおりんも生まれて初めて人の心の優しさに触れ、平太郎に魅かれていきます。

      このおりんと平太郎の二人の奇妙とも思える漂泊の旅が、裏日本の自然の美しさと古い町並みを背景としてしみじみと描かれていきます。黒澤明監督の「羅生門」や溝口健二監督の「雨月物語」などの名作を手掛けた撮影監督の宮川一夫は、"失われつつある農村の風景を日本の原風景としてとらえ、その風景を後の時代に残そうという使命感に燃えてファインダーをのぞいて、まるで涙を浮かべながら撮影しているようなそのシーンのひとコマ、ひとコマが日本画のような繊細さと完璧な映像美"によって、我々観客の心の奥底に伝わってきます。

      宮川一夫は大正時代の日本の原風景を求めて3年がかりで日本全国80か所のロケ地を探し回ったとの事です。現在の視点から見ても日本の中にまだこのような昔ながらの場所が残っていたのかという、素晴らしい風景が次々と出てきて、その風景の中で"おりんという瞽女の姿は失われていくものへの哀惜であり、消え去ろうとする古い文化の終焉"を表現しているのだと思います。

      全盲の瞽女という難しい役を演じた岩下志麻はおりんの生まれつきの明るさ、純粋無垢な心の美しさ・素直さを魂のこもった演技で表現していたと思います。
      彼女はこのおりんという難しい役を演じるにあたって「最初は目をつぶっての芝居が不安でした。しかし、元瞽女の杉本キクエさん(無形文化財伝承者)にお会いして、仏さまのような優しい人柄にうたれたおかげで、おりんの心境がつかめ、演技のために目をつぶると逆に心の安らぎを感じるようになりました」と語っています。

      映画のラストシーンで憲兵隊から釈放されたおりんが、一人で旅を続け、
      着ている着物は破れ、埃だらけのよれよれの姿になって断崖に足を滑らせたのか、それとも身を投げたのか映画は詳しく説明しませんが、おりんは白骨となって自然の懐へ還ります。悲しい人生の最後の極限の姿を白骨で表現する最後のシーンは原作以上に何か心の奥底に迫って来るものがあります。

      原作者の水上勉はこの映画を観終えた後の感想として「やはり映画は芸術の中でも最も景色と密着して、思想を具現し得る武器だなと思った。感心したのは最後の鳥葬の場だった。ぼくらの歴史は名もない野の聖たちを鴉に喰わせてきた歴史である。篠田さんはいいたいことを景色の奥に秘めて、この熱っぽい作品を完結している。」と評されています。
      >> 続きを読む

      2016/01/10 by dreamer

      「はなれ瞽女おりん」のレビュー

    • 岩下さんの色気だけではない深い映画みたいな予感です。

      2016/01/11 by メッシイ

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    はなれ瞽女おりん
    ハナレゴゼオリン

    映画 「はなれ瞽女おりん」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画