こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ディア・ドクター

DEAR DOCTOR
ジャンル: ドラマ
公開: 2009/06/27
監督:
製作国: 日本
配給: エンジンフィルム+アスミック・エース

    ディア・ドクター の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 4.0 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      過疎化が進み、高齢者が多く住む、今の日本によくある山村の、たった一人しかいない医者。

      村人から愛されていたその医者が、偽医者であったということを通して、"過疎化"が抱える問題を優しく描いた、この「ディア・ドクター」は、前作「ゆれる」で、しっかりとした映画を見せてくれた西川美和監督の作品だ。

      前作ほどの鋭さは、余り感じられなかったが、やはり、いい映画を見せてくれたと思う。

      映画は、医者が村から逃げ出したところから始まり、偽医者であることは、すぐ分るのだが、そこから過去に遡り、医者としてしっかりと仕事をこなす姿を描いていく。
      そして、そこから現在の日本の抱える問題が、浮かび上がってくる。

      こんな過疎の村に医者はなかなか来ない。
      しかし、この医師は、村人一人一人としっかり向き合い、仕事をしている。

      町にある、半日近く待たせて、診療は5分に満たない優秀と言われる医者と、このように人々としっかり話し合い、人としっかり接しながら、医薬品会社に勤めていた過去から、それなりの薬を与え、難しいと分かれば町の医者に送り込む。

      この診療の姿は、この村にとっては、それでよく、大満足なんですね。

      多くの病人が高齢者なのだ。しかし、この映画はその問題を鋭く感じさせはするが、そのことにとどまらず、確実に映画になっていると思う。
      村人が偽医者だと気づき出すあたりの微妙な感じを、しっかりと映画にしてくれている。

      美しい田園風景もある里山の村の医者、その偽医者を演じる笑福亭鶴瓶が、その風合いと共に、いい味を出している。

      もっともっと評価されてもいい映画だとは思うのだが、この監督ならもっともっと鋭さを感じたかったが、この映画は多分に優しいんですね。

      村から逃げた偽医者が、その後どのようになったかもエピローグで見せるのだが、そのところも実に優しい。

      それぞれの俳優が、しっかりと自分の役どころを押さえ、映画を確かなものにしていると思う。
      これ以上、何を望むかといったところもあるが、この監督なら、もう一つ強い何かを求めてしまう。

      満足しながらも、より多くのものを求める映画だと思いますね。
      >> 続きを読む

      2018/09/06 by dreamer

      「ディア・ドクター」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない クール

      西川監督の映画は女流監督であることを感じさせないと思う。
      いわば「女性ならでは」とかに甘んじることなく第一線の監督のひとりだと思う。
      「ゆれる」でそれは確信しましたが、今作もまた良い。
      もちろん八千草薫さん演じるおばあさんの娘である女医目線に女流を感じるところはあったが...。
      誤解を恐れず言うなら、達観した感覚をもっていて人生経験のある年輩の感覚に近いw
      ところが構成力で老人でないから古臭く感じない、絶妙な良さがあるのだ!

      邦画独自のユーモアとこれまでも映画の根底にあった一貫する微妙な狂気みたいなもの。
      この映画、2009当時、邦画映画賞レース一人勝ち絶賛の嵐でしたね。
      鶴瓶さんもいいけど作品目線で納得です!
      >> 続きを読む

      2018/07/23 by motti

      「ディア・ドクター」のレビュー

    • 5.0 切ない

      田舎の村に滞在する医者伊野。
      村民の信頼も厚く傍目には良き医者に見えるが、実は医師免許がなく患者に治療を施していた。

      医者がなぜ失踪したのかという謎と、そこに行きつくまでの村民との間によるたった一つの約束。
      これが重要な鍵になる。

      倫理と誠意の垣根を軽々と破る西川監督の構成力には脱帽する。
      筋書きだけ見れば恐ろしく地味であり、医者とはいえ手に汗握る手術シーンなど皆無。
      それでも役者と噛み合えばきっちりしたものに仕上がることを西川監督は証明している。

      この映画は主演の鶴瓶に尽きるのだが、いかにもいそうな人付き合いの良さそうなおじさんというポジションがいつの間にか板に着いている。

      真摯な面倒見と、適切な医療。
      切っても切り離せない事柄を僻地という田舎でこそ実現できる矛盾を上手く捉えている。
      西川監督の次作も見逃せないテーマであることは間違いない。
      >> 続きを読む

      2017/11/18 by オーウェン

      「ディア・ドクター」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない

      西川美和監督さすがです
      ストーリー、キャスティング、人物描写全てが素晴らしいです
      多くのことを考えさせられます
      必見です!

      2016/02/20 by YSL

      「ディア・ドクター」のレビュー

    • 3.0

      DVD

      2015/11/19 by NANA

      「ディア・ドクター」のレビュー

    もっとみる

    ディア・ドクター
    ディアドクター

    映画 「ディア・ドクター」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画