こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

クライマーズ・ハイ

Climber's High
ジャンル: 日本映画 , ドラマ
公開: 2008/07/05
監督:
キャスト: , , , ,
製作国: 日本
配給: 東映=ギャガ・コミュニケーションズ

    クライマーズ・ハイ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0

      感想川柳「勢いに 任せて決断 するべからず」

      TVでやってたので観てみました。(。_。)φ

      1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える…というお話。

      日航機墜落事故を基にしたフィクション小説の映画化ですね。( ̄ー ̄)

      事故云々よりも関東ローカルの新聞社ならではの、社員同士のぶつかり合いがメインかな?(;・∀・)

      『広告を外して写真載せろ!』とか、『上司二人を通さず記事を載せる』とか、ほぼケンカばっかり。(´д`|||)

      悠木と等々力のぶつかり合いは見物です。( ☆∀☆)

      他にも『滝藤賢一』『でんでん』『マギー』『田口トモロヲ』『皆川猿時』など魅力的な脇役が沢山。(*´ω`*)『堺雅人』や『尾野真千子』もいいんですけどね。


      新聞はただ取材して真実を載せればいい、というもんでもないんだなと思った。(-。-;)警察もそうだけど、『中央』に美味しいところを持っていかれてしまうんだな。

      一番驚いたのは『自衛隊の記事を一面には使えない』という上の決断かな(*_*;あの時代は左寄りだったからな〜。記者は良い記事を載せたいけど、上は売上や世間への配慮、そして『嫉妬』も込みで決断する。

      後半で『クライマーズ・ハイ』の意味が分かるところは『ウホッ』( ; ゜Д゜)と痺れた。


      というか墜落の原因ってまだ確定はしてないんですね。(゜_゜)陰謀説やら諸説あるらしい。


      気になるセリフ
      『チェック、ダブルチェックだ』『俺たちは負けたことを徹底的に話し合うべきだったんだ、下の奴には負けない方法を教えなきゃならなかったんだ。』『俺は"新聞"を作りたいんだ。"新聞紙"を作るのはもうまっぴらだ』『ひょんなことでそのクライマーズハイが解けた時が恐ろしい。心の中に溜め込んだ恐怖心が一気に吹き出しますからね』


      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2018/10/22 by Jinyuuto

      「クライマーズ・ハイ」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      期待してた山岳モノと違って地元新聞社のビジネスモノ。

      悲惨な現場を目の当たりにした若手記者のセリフ。
      セリフだけで片付けないで映画なんだから同じ内容でもあれをもっと映像化すれば価値ある映画になったかもしれません。
      やっぱりそういうのって邦画の弱い部分だと思います。

      日航機のこの事故は当時僕もテレビに夜通しかじりついて見てました。
      ショッキングな出来事で、当時地元新聞社がこのように色めき立ったりある種の使命感など様々な葛藤やドタバタがあったのは想像できます。
      やはりこの映画のような感じだったのでしょう。

      劇中に同監督の「突入せよ!「あさま山荘」事件」も観てねと宣伝してるかのようなセリフがありましたねw


      (~allcinema)
      当時、地元紙記者として御巣鷹山日航機墜落事故を取材した作家・横山秀夫が、自らの体験を基に“世界最大の航空機事故”を最前線で扱うことになった地方新聞社が異常な昂奮状態に置かれ、社内外で壮絶な軋轢と葛藤を繰り広げていく狂騒の一週間を極限の臨場感で描き出した傑作群像小説を映画化。
      遊軍記者でありながら事故取材の全権デスクを命じられた主人公を中心に、未曾有の大惨事をめぐる様々な人間模様を緊迫感と情感あふれるタッチで描く。
      主演は「ALWAYS 三丁目の夕日」の堤真一。監督は「突入せよ!「あさま山荘」事件」の原田眞人。
       
      1985年8月12日。群馬、北関東新聞の記者・悠木和雅は、出世街道から外れ一匹狼として行動する遊軍記者。
      社内の登山サークル“登ろう会”の仲間で販売局所属の親友・安西と共に、翌日谷川岳の衝立岩登頂に挑もうと準備を進めていた。
      そのさなか、乗員乗客524人を乗せた羽田発大阪行きの日航機123便が群馬と長野の県境に墜落した模様、との一報が入る。
      こうして悠木たちは、前代未聞の大事故をめぐる熾烈な報道合戦に身を投じていくのだった。
      さらに悠木は全権デスクを命じられ、社内外での駆け引きや軋轢に苦しみながらも使命を全うしようと奔走し続ける。
      だがそんな中、独り谷川岳へ向かったと思われた安西がクモ膜下出血で倒れたとの報せを受ける…。
      >> 続きを読む

      2018/10/08 by motti

      「クライマーズ・ハイ」のレビュー

    • 3.0

      日航ジャンボ機墜落事故が主体ではないよ。新聞報道の社内と現場での過酷さとその中での人心。本当の信頼と狡猾さ。そして報道の持つ使命と倫理。それらを、悠木(堤真一)のプライバシーと記者(事故の全権を担った)としての真摯な態度と熱さで語られてゆく。事故の真実を描く暗く悲しい作品ではなく、新聞報道の魂を描く、熱い作品どした。でも、再鑑賞だわ!最初に気づかなかった事が、1.この時の尾野真千子の演技は良いが、この後の作品は自信過剰か下手になった。2.悠木はなぜ妻子と別居したのか?3.倒れた友はどうなった?他、疑問多・ >> 続きを読む

      2018/08/24 by とく たま

      「クライマーズ・ハイ」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      何度見ても、物語のなかにのめり込んでしまう
      最後に読まれる実際の記録(遺書)は、(ありきたりな表現になってしまうが、)今の自分の在り方について考えさせられる。

      2018/06/26 by sobo

      「クライマーズ・ハイ」のレビュー

    • 3.0 切ない ハラハラ

      2008年/日本映画
      DVD鑑賞

      2017/11/09 by Chappy

      「クライマーズ・ハイ」のレビュー

    もっとみる

    クライマーズ・ハイ
    クライマーズハイ

    映画 「クライマーズ・ハイ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画