こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

キャプティビティ

Captivity
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー , ドラマ , SF
公開: 2007/09/15
製作国: アメリカ
配給: CKエンタテインメント

    キャプティビティ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0 ハラハラ

      SAWテイストのサイコスプラッタもの。
      関係のない部分での残酷な描写が多い割にヒロインへの責めがあまいので、なんだコリャと思ってたらストーカーテイストも入ってたんですね。
      ヤレるところまで(極限状態のさ中のそういう関係になるのもオカシイんだが)行けたらOKなんだろうけど、好きな人には目玉や肉片+血液のミックスジュースを飲ませて、その映像を録画したい..というファン心理?
      なんだそれw


      (~allcinema)
      「24 TWENTY FOUR」のエリシャ・カスバートが、何者かに誘拐され理由も分からぬまま密室に監禁されるヒロインを演じるホラー・サスペンス。
      監督は「キリング・フィールド」のローランド・ジョフィ。アメリカのトップモデル、ジェニファーは、ある時、窓一つない見知らぬ部屋で目を覚ます。
      薄暗いその部屋は完全な密室で、自分が拉致監禁されたことを悟るジェニファー。
      脱出を試みるが、姿なき犯人はそれを逐一監視しており、様々な罠で迎え撃ち彼女を絶望の底へと追い詰めていく。
      そんな中、偶然にもジェニファーは隣の部屋で自分と同じように監禁されている青年ゲリーの存在を知り、互いに励まし合うのだったが…。
      >> 続きを読む

      2018/09/12 by motti

      「キャプティビティ」のレビュー

    • 3.0

      意図不明の拉致監禁もの。
      3、5くらいかな。なかなか楽しめました。

      よくある突然拉致されて監禁されて
      怖がる様を楽しむように色々される、てな展開なんですが
      その怖がらせ方がなかなか秀逸。
      バラエティに富んでいて「こりゃひどい」という
      拷問(主人公は直接的にはされない)がえぐい。

      個人的に閉所恐怖症なところがあるので
      箱に詰められて上からどんどこ砂が降ってくる奴が特に怖かったw
      私だったら失神しています。

      途中「おっ」と思う展開があるものの
      なんか強引に終わらせた感もある。
      一番ラストは好きな感じですが。
      >> 続きを読む

      2018/05/28 by chimokko

      「キャプティビティ」のレビュー

    • 3.0

      感想川柳「前半と 後半のギャップに 倒れそう」

      レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

      人気モデルのジェニファーはクラブで薬を盛られて誘拐されてしまう。監禁され様々な拷問にあうも、隣の部屋に同じく誘拐されたビリーと脱出を試みる…というお話。

      エリシャ・カスバートのセクシーさに惹かれましたが、「前半」は割と面白かったです。( ̄ー ̄)拷問にしても監禁にしてもなんか意図が感じられなくて、途中でからくりに気付いてそれがズバピタでしたな。(。-∀-)後半はやっつけ仕事みたいでなんかイマイチでした。(;・∀・)あれだけ前半綿密だったのに後半の崩れ方のギャップに堪えられない。

      でもエンディングはまぁまぁかな。世界では日本だけのエンディングらしいです。( ̄ー ̄)特典で別エンディングが2つあるけど日本のが良いと思います。

      見所は砂の箱とエリシャのピンボケヌードかな。(^^;
      >> 続きを読む

      2016/08/10 by Jinyuuto

      「キャプティビティ」のレビュー

    この映画を最近、ラックに追加した会員

    キャプティビティ
    キャプティビティ

    映画 「キャプティビティ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画