こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

新少林寺/SHAOLIN

SHAOLIN
ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 2011/11/19
製作国: 香港
配給: ブロードメディア・スタジオ=カルチュア・パブリッシャーズ

    新少林寺/SHAOLIN の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全7件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      全世界で少林寺ブームを巻き起こしたジェット・リー(当時はリー・リンチェイ)の「少林寺」から約30年。

      舞台を隋代末期から近代兵器が猛威を振るう1900年代初頭に移した、オールスター映画「新少林寺」は、とてつもなく面白い。

      全土で大混乱が続いていた中華民国成立直後の中国。
      各地で軍閥が跋扈し、弱い者は虐げられ、軍閥の長たちは、私利私欲のために略奪の限りを尽くしていた。

      そして候杰(アンディ・ラウ)は、各地で貧民を支援する少林寺の僧らを愚弄し、悪行の限りを尽くしながら成長した軍閥の長。
      しかし、腹心の曹蛮(ニコラス・ツェー)の裏切りによって、候杰は家族と全ての財産を奪われ、お尋ね者として追放されてしまう。

      そして、候杰が流れ着いた先は、因縁の少林寺だった。
      少林寺の料理係である悟道(ジャッキー・チェン)によって導かれて出家した候杰は、己の過ちを悟り、戦火に追われる貧民を救うために立ち上がるのだった-------。

      アンディ・ラウ、ニコラス・ツェー、ジャッキー・チェンという夢のような顔合わせ。
      他にウー・ジン、ホン・ヤンヤンといった実力派、しかも、これまでジャッキー映画とは縁のなかった面々が総登場していて、実に嬉しくなってくる。

      クライマックスでの榴弾が雨あられと降りしきる中、少林寺を守るために戦い続ける少林寺の僧たちの勇姿に胸が熱くなる。

      そして、遂に立ち上がるアンディ・ラウと、カンフーが出来ないという役柄ながら、おいしいところできちっと仕事をするジャッキーが最高だ。

      全編にわたって少林寺スピリッツ(特に修行シーン)に溢れた傑作カンフー映画だ。
      >> 続きを読む

      2018/10/08 by dreamer

      「新少林寺/SHAOLIN」のレビュー

    • 3.0 泣ける 切ない

      最後の歌を聴くための映画。ジャッキーチェンは余計だった。

      2018/02/18 by Da2L

      「新少林寺/SHAOLIN」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      少林寺といえばリー・リンチェイが門戸を開いたイメージだが、実際の少林寺が監修したというこの映画は雰囲気が明らかに違う。
      確かに激しいカンフーはあるのだが、それ以上に重視しているのは犠牲や献身などの心の部分。

      物語は単純明快。
      部下の裏切りで全てを失った男がたどり着いたのが少林寺。
      その教えを身にまとって変わっていく。

      基本的にはアンディ・ラウが主役なのでシリアス場面を担当。
      意外にも笑いは少林寺の僧たちが担当と面白い分担だ。
      その少林寺にはゲスト的扱いでジャッキー・チェンも顔を出し、格闘もしっかり見せる。

      これはあくまで21世紀版の少林寺であり、功夫だけを求めてはいけないだろう。
      >> 続きを読む

      2017/01/22 by オーウェン

      「新少林寺/SHAOLIN」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      ジェット・リーの『少林寺』のリメイクというCATVのプレビューであったが、少林寺が舞台という以外は、「扶清滅洋」の話が絡んだ全くの別物である。

      2016/09/01 by asian

      「新少林寺/SHAOLIN」のレビュー

    • 3.0

      こちらのレビューを読んで無性に観たくなり、光TVにて再鑑賞です^^;

      内容は所々忘れていたせいもあり、かなりのめり込みました!!

      少林寺拳法のアクションそのものはそんなに目立たないけど、アンディ・ラウの心情の変化と、彼を取巻く登場人物たちの心情や関わり方の変化が、丁寧に分かり易く描かれていて感情移入しまくりです^_^;

      終盤の少林寺へ曹蛮が攻め込んでからラストまでのシーンは迫力満点で、銃や大砲、ガトリング砲を相手に最早拳法や棒のような武器など何の役にも立たない中での、僧侶達の行動には信念があり心を打たれます。

      再鑑賞でしたが本当に良い作品でした!(^^)!
      >> 続きを読む

      2016/08/27 by モリモリ

      「新少林寺/SHAOLIN」のレビュー

    もっとみる

    新少林寺/SHAOLIN
    シンショウリンジショウリン

    映画 「新少林寺/SHAOLIN」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画