こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

キス・オブ・ザ・ドラゴン

Kiss of the Dragon
ジャンル: ドラマ , アクション
公開: 2001/08/25
製作国: アメリカ , フランス
配給: K2=日本ビクター(日本ビクター=TBS提供)

    キス・オブ・ザ・ドラゴン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全4件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「キス・オブ・ザ・ドラゴン」は、リュック・ベッソンが設立したヨーロッパ・コープの第一回製作の作品で、主演はジェット・リー。

      ジェット・リーは、ジャッキー・チェンと比べると中国出身の遅咲きのハリウッドスターという感じなのですが、映画デビューは早くて、かの有名な「少林寺」なのに、その後、出演映画を選り好みしすぎてしまい、なかなか目が出なかったと言われています。

      確かに、見るからに真面目そうな人ですから、そういう性格が影響したのかも知れませんね。

      この映画は、ジェット・リーがマーシャル・アーツの技と高度な中国鍼のテクニックを駆使する刑事を演じたアクション映画で、中国人ギャング逮捕のため、パリにやって来た刑事が悪徳警部の陰謀で、殺人犯に仕立て上げられます。

      そして、偶然知り合った娼婦も警部に愛娘を人質として取られ、無理やり言う事を聞かされていたのです------。

      麻薬捜査のために中国からパリにやって来た警察官のリュウ(ジェット・リー)は、リチャード警部(チェッキー・カリョ)のあくどい罠にかかって殺人犯に仕立てられてしまい、執拗な追跡から逃げながら悪徳警官たちと果敢に闘うというストーリーで、原案はジェット・リーで、脚本をリュック・ベッソンが書いていて、商売上手なリュック・ベッソン好みの映画になっていると思います。

      リチャード警部を演じているチェッキー・カリョは、リュック・ベッソン監督の傑作「ニキータ」で実に渋い味わいの名演を見せていましたが、彼はイスタンブール生まれのパリ育ちという経歴の持ち主で善人の役も悪役も実に軽々とこなしてしまう守備範囲の広さにあらためて驚かされます。

      このリチャード警部という男は、ほんとに悪魔のような悪いヤツで、ラストでは一体どういう風にリュウがやっつけてくれるのかと期待が膨らむばかりでしたが、期待通り、もの凄く風変わりで、もの凄く残酷な方法で殺されてスカっとしますね。

      この映画は、98分というコンパクトな時間の中に、激しいアクションシーンが、これでもか、これでもかとびっしり詰まっていて、どれも皆、見どころなので、途中でお腹いっぱいになってしまう感も否めないのですが、スピード感はたっぷりで、一気に最後までグイグイ観てしまいます。

      考えてみれば、"究極の逃避"である映画を観るという行為において、こういう無敵の主人公というのは、ストレス解消には最高です。まさに、娯楽アクション映画の王道をいっています。

      ストーリーは、かなり陳腐ですし、脚本もご都合主義で安易な感じがしますが、そういう不満な部分を完全に一掃してくれるのが、ジェット・リーの華麗なる武術なのです。

      小柄な彼が、まるで舞踊のように優雅に、そして華麗にクンフーを繰り出す姿は、まさに芸術的と言っていいかも知れません。
      >> 続きを読む

      2017/09/18 by dreamer

      「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のレビュー

    • 3.0

      初鑑賞。ジェット・リーのアクションは「無双」級の強さで見ていてスゴイなと思った。ただ、話的にはイマイチでブリジット・フォンダとの触れ合いの部分や悪役の沸点の低さ(へまをしたらすぐ殺す部分や、怒りに任せてジェット・リーを追いかけまわす)など短絡的な部分が多く、話としては面白くない。感動もしない。ジェット・リーの無双級の強さを堪能する映画。

      2016/01/31 by おにけん

      「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のレビュー

    • 3.0

      リュック・ベッソンが製作してるからかパリの街並みの映像には白眉。
      というよりも「レオン」のような映像を狙っているかのよう。

      ジェット・リーのアクションはいいんですが、唯一相手になるのがあの双子くらいであとはヘボ揃い(笑)

      ブリジット・フォンダも少々しつこい。彼女がいなくてもストーリーは展開できたはず。
      物語の弱さはこの頃のベッソン作品の特徴。

      リーはなぜか針麻酔を駆使し料理はお手の物。どうせなら別の職業に鞍替えしたほうが(笑)
      >> 続きを読む

      2015/05/12 by オーウェン

      「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のレビュー

    • 「レオン」は私も見ました!

      レビューから、この作品も軽く気合いを入れないと見れないかなぁという印象です.....笑 >> 続きを読む

      2015/05/12 by 地味変

    • 格闘系の映画なのでしょうか?
      なんかB級な匂いがして面白そうです笑

      2015/05/12 by npl

    • 5.0 ハラハラ

      ジェット・リー最高傑作と自信を持って言える映画。

      物語はハッキリ言ってありきたりだが、
      クールでストイック、そして強いジェットが主人公なら
      凝った脚本など必要ないということが良く分かる。
      可哀想なヒロインと倒される悪役がいればそれで充分である。

      2015/01/05 by UNI

      「キス・オブ・ザ・ドラゴン」のレビュー

    • >ジェット・リー最高傑作と自信を持って言える映画。

      これは観なくては♪

      2015/01/06 by ただひこ

    キス・オブ・ザ・ドラゴン
    キスオブザドラゴン

    映画 「キス・オブ・ザ・ドラゴン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画