こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

オーケストラ!

Le concert
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2010/04/17
製作国: フランス
配給: ギャガ

    オーケストラ! の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全19件
    • 5.0 泣ける ハラハラ

      久々に感動し、涙した映画でした。
      ハラハラどきどきで、どうなるやらどきどきものでした。

      最後ににせものがばれて、ジエンドになるかと思っていると
      コンサートが始まり、…、その感動よりも

      コンサートの最後に、両親のことが分かるかも?
      の問いかけに涙しました。

      アンヌ=マリーがいとしいです。
      >> 続きを読む

      2018/07/08 by PONT

      「オーケストラ!」のレビュー

    • 4.0

      感想川柳「音楽が 記憶とカンを 呼び覚ます」

      U-NEXTにあったので観てみました。φ(..)

      1980年、ロシア・ボリショイ交響楽団から多くのユダヤ人が連行され、それに反対した天才指揮者のアンドレイも楽団を解雇されてしまう。アンドレイはいつか復職する日を夢見て、30年にもわたり劇場清掃員として働いていたが、ある日パリのシャトレ座から送られてきた出演依頼を見つけ、偽のオーケストラを結成することを思いつく…というお話。

      メラニー・ロランが出てるので観てみました。(。-∀-)右側の口角だけ上げて微笑む顔が好きです(ノ´∀`*)

      アンドレイとアンナ=マリーの関係(厳密に言えばサーシャとギレーヌも?)は意外だったな〜(-。-;)ありがちなやつだと思ってた。

      音楽のことは分からないけど感動的だったのは間違いない(*´ー`*)のだめとか見てる時と同じ感じ。

      トランスポーターの警部出てましたね( ̄ー ̄)ラストのアレはウケた。

      んでまず(^_^)/~~
      >> 続きを読む

      2017/12/31 by Jinyuuto

      「オーケストラ!」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      ちょっとイメージしていたのとは違ったが、悪くはなかった。自分としては、過去の天才指揮者が、ひょんなことからその正体がバレ、受け身の体勢でオーケストラに戻ってくるようなものを想像していたのだが。
      また、女性バイオリニストの出世の秘密にも騙されたなぁ。

      2017/09/17 by 123

      「オーケストラ!」のレビュー

    • 4.0

      チャイコフスキーのバイオリン協奏曲。私も大好きでよく聞いていた。
      最後の演奏シーンの感動、盛り上がりはチャイコフスキーの音楽の力、借りすぎてるような気がするが。

      2017/07/06 by ugoku-P

      「オーケストラ!」のレビュー

    • 3.0

      劇場で観ようと思って観そびれていたものです。2010年日本公開の映画なんですね。もうそんなに前なのか…
      フランス映画ですが半分以上ロシア語だったような。でもフランス語が出てきても、母語がフランス語でない人の話すフランス語が多いので聞き取りやすかったです。"n'est-ce pas?(でしょう?)"が多用されていてなんだか可愛かった。
      原題は"Le Concert"、協奏曲(Concerte)ではなくコンサート(Concert)です。

      ロシアの元天才指揮者、今はボリショイ劇場の清掃員が、再起を図ってボリショイ交響楽団に成りすまし、パリでの公演を乗っ取る話です。演目はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲。ヴァイオリンのソリストに指名した若手ヴァイオリニストと元楽団員たちの関係が明らかになるのが映画のキモです。

      もともとチャイコフスキーは好きなのですが、映画観終わって俄然協奏曲が聴きたくなって音源を漁ったのに目当てのものはなかったのが痛恨の極み。入手しておかないと。

      指名されたヴァイオリニストは何者なのか?というのは、割とわかりやすく明らかになっていくので、「まさか!」というようなどんでん返しはあまり期待しないほうがいいです。そういう話じゃないです。
      ホールに立つ、という昂揚感と、オーケストラっていいよね、という音楽好きの血を湧き立たせる映画だと思います。ストーリーは、まぁ、二の次ですわ。
      最近すっかり涙もろくなって、ラストはなんともなかったんですが、指揮者が楽団になりすますために昔の楽団員を訪ねて回っているシーンで視界が曇りました。過去は高名な楽団の一員だったのに、とある事件で楽団が解散し、マルシェの商人や引っ越し業者など、今は音楽と全く関係ない労働で糊口をしのぐ日々。そんな彼らに会いに行くシーンがあるのですが、マルシェや道端でヴァイオリン弾いたりクラリネット弾いたりして、たまらない!私は街中に楽器があるのがすごく好きで、楽しんでノリノリで演奏しているのがたまらないのです。音楽っていいですよ。あの場面が一番好きだ。普通の人が楽器弾くと途端に格好よく見える魔法。

      指揮者の右腕のチェリスト、サーシャがいい味を出していました。あと昔の敵のイワンと楽団員のユダヤ人親子がコメディ要員でよかった。
      若きソリスト役はメラニー・ロラン、美しかった。


      しかし、しかし、言っておくべきことがあります。
      リハーサルは、やれ。
      30年のブランクと、高名なソリストを迎えて、リハなしのぶっつけ本番で見事な演奏できるほどコンサートってのは甘くないんですよ。ストーリー上の演出とはいえリハなしで拍手喝采得られると思うなよ!冒頭バラバラだったじゃないか!そりゃそうだよ!
      なんかいい話風にまとめているけど、あなたたちはもともと演奏する気なんかなかったかもしれないけど、過去にプロとしてコンサートをこなしたことのある人たちが本番に臨んですることじゃないわ。それが、ほんと、何考えてんのって思って気になって仕方なかった。いくらフィクションでも!リハーサルと練習を軽んじる音楽家なんぞ信用ならん。そういうプロ意識含めて、街中での演奏にも箔がつくんですよ!


      しかしまぁ、それを差し引いて★3つですが、チャイコフスキーはやっぱり巨匠です。ロシアに行きたくなりました。
      あと不勉強でロシアでもユダヤ人迫害が行われていたことは知らなかったので、その辺もうちょい調べたいですね。ブレジネフ政権のみならず、ロシアの歴史は何も知らないと言っていい状態なので…。
      >> 続きを読む

      2016/11/06 by ワルツ

      「オーケストラ!」のレビュー

    もっとみる

    オーケストラ!
    オーケストラ

    映画 「オーケストラ!」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画