こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アップサイドダウン 重力の恋人

Upside Down
アップサイドダウン 重力の恋人
© 2011 / UPSIDE DOWN FILMS- LES FILMS UPSIDEDOWN INC -ONXY FILMS -TRANSFILM INTL -STUDIO37 – KINOLOGIC – FILMS – (UD)-JOUROR PRODUCTIONS -FRANCE 2 CINEMA
9月7日(土)角川シネマ有楽町 ヒューマントラスト渋谷ほか全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
公開: 2013/09/07
配給: 角川映画
誰も見たことがない「二重引力」の世界を斬新な映像美で描く―
真逆の重力に引き裂かれる恋人たちのラブ・ファンタジー

重力が真反対に作用する “双子惑星”に住む、運命の恋人たち―。これまで誰も見たことがない、革新的なコンセプトをベースに、新たなラブ・ストーリーの名作が誕生!主人公アダム役は『アクロス・ザ・ユニバース』から『クラウド アトラス』まで、幅広い活躍を見せるジム・スタージェス。アダムの運命の女性、エデン役には『スパイダーマン』シリーズのヒロインとして広く知られ、『メランコリア』でカンヌ映画祭主演女優賞を受賞したキルスティン・ダンスト。スクリーン上で魔法のような化学反応を見せる2人が、純愛を貫く恋人たちの優しさと強さを繊細に体現。監督と脚本を手がけたのは、アルゼンチンの巨匠フェルナンド・E・ソラナスの息子、フアン・ソラナス。二重引力が働く、驚くべきアシンメトリーの世界を見事に映像化しました。ディストピア的SFの設定と、「ロミオとジュリエット」のようなドラマチックな愛の物語を見事に融合したラブ・ファンタジー。 >> 続きを読む

    出演: キルスティン・ダンスト(『スパイダーマン』シリーズ 『マリー・アントワネット』)、ジム・スタージェス(『クラウド アトラス』『ワン・デイ 23年のラブ・ストーリー』)、ティモシー・スポール(『ハリー・ポッター』シリーズ 『英国王のスピーチ』) 監督: フアン・ソラナス 2012年/カナダ、フランス/108分/シネマスコープ/

    アップサイドダウン 重力の恋人 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全11件
    • 4.0

      設定面白い、映像綺麗なセンス、アダムとイブ的な始まりの話、って事で良かった。ただ、筋が通ってないとか、わからないところもあるが、いいやそんなのと思えたSF映画。

      2019/02/06 by HAGANELLIC

      「アップサイドダウン 重力の恋人」のレビュー

    • 3.0 クール

      テーマも映像(綺麗)もめちゃくちゃ自分好み!だったけど何かが足りない感。惜しい。

      2018/09/18 by なつき

      「アップサイドダウン 重力の恋人」のレビュー

    • 2.0

      上の世界の裕福な住人と
      下の世界の貧しい住人が
      恋に落ちる物語
      上の世界と下の世界をひとつの画面でCGを使って描かれているのは
      とても綺麗でした
      キラキラしてました
      SF映画だし、突っ込み出したらキリがないけれど
      重力の設定がよくわからなかった
      あ、そこは重力関係ないんや!とか
      そんな簡単に行き来できるんやった最初からすれば良かったのに!とか
      一番よくわからなかったのは、ラストで妊娠するところ
      体質が変わる⁈
      ピンクパウダー恐ろしい…
      >> 続きを読む

      2017/03/26 by tomi

      「アップサイドダウン 重力の恋人」のレビュー

    • 2.0 切ない

      三日間くらいかけて何とか鑑賞することが出来た。多分自分には合わない作品だったのだろう。何度見ても、繰り返し寝落ちしてしまい、全然先に進めない。
      二つの星にそれぞれ逆の重力があるという設定は面白いと思うが、ストーリーがチープ。キルスティン・ダンストは、前触れもなく記憶喪失から回復するし、ジム・スタージェスの顔はいつも笑っているように見えて、シリアスなシーンが馴染まないし。
      何とも言えない微妙な作品。

      2017/02/12 by 123

      「アップサイドダウン 重力の恋人」のレビュー

    • 4.0

      男女のラブストーリー自体は至って普通。
      だがこの映画は空がない。
      具体的に言えば上と下の世界に分かれている。

      重力の影響で出来た二つの惑星が合体した星。
      上の世界には富める者が住み、下の世界は貧しい者が住むというはっきりとした境界線。
      そんな世界でアダムとエデンは出会い恋に落ちる。だが二人の住む世界は違う。

      小説やSFではよく出てくる上下逆転の世界という設定。
      だがこれが映像化された例はほとんどないが、実際に見ると驚いてしまう。

      映像以上にどのように撮っているのかが気になるが、重力を関わらせた細かい設定も恋愛を盛り上げるキーポイントになっている。

      ただ惜しいのは細かい疑問点がいくつか浮かぶことで、ラストにはいそうかと納得できる過程にまではいかないことだ。
      ヴィジュアルイメージが完璧なまでに美しいだけに、実に勿体ない。

      それとこういう作品世界にこそ3Dが相応しいはずだ。
      >> 続きを読む

      2016/12/08 by オーウェン

      「アップサイドダウン 重力の恋人」のレビュー

    • これ気になってたやつです!チェックします!

      2016/12/09 by とらとらこ

    もっとみる

    アップサイドダウン 重力の恋人
    アップサイドダウン ジュウリョクノコイビト

    映画 「アップサイドダウン 重力の恋人」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画