こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ATOM

Astro Boy
ジャンル: 外国映画 , アニメ
公開: 2009/10/10
製作国: アメリカ , 香港
配給: 角川映画

    ATOM の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 評価なし

      手塚治虫的ニヒリズムを徹底的に脱色したアトムでした。個性を消して、無難を究めれば世界規模でアベレージを出せて、一部に喜ばれるよりはるかに儲かるだろうというのは賢明な戦略なのでしょうが、誰も喜ばず、何も生み出さない作品になったと思います。どれだけ売れたかは知りませんが、ピクサーが意欲的なテーマを扱って大ヒットさせていている今となっては、この無難さは日本産コンテンツの自殺に近いでしょう。

      2019/10/09 by fujisan

      「ATOM」のレビュー

    • 3.0 クール

      今さらながらのアトム、上質なCGアニメで見るという楽しみ


      連続もののテレビシリーズの漫画チックな楽しみよりも焦点がしぼって映画化されている感じがとても良いと思いました。
      「A.I.」とかと似た展開だなと感じたけど、むしろオリジナルはアトムのほうだと思いましたねw
      結局ふきかえで見たけど役所広司さんは良かったけれど上戸彩はアトム役に向いてないですよ。
      少年役というのは以前見た「ピアノの森」でも違和感があったのに、何度もアニメのアトムを見た経験のある立場ではもっと妙な感じなのだろうか...。



      (~allcinema)
      手塚治虫の大ヒット作『鉄腕アトム』を、「ミュータント・タートルズ -TMNT-」などを手掛けたイマジ・スタジオが映画化したフルCGアニメーション。主人公アトムの声を担当するフレディ・ハイモアはじめ、ニコラス・ケイジ、ビル・ナイなどハリウッドの豪華スターがボイスキャストを務める。また、日本語吹替え版はアトム役に上戸彩、テンマ博士役に役所広司。監督は「マウス・タウン ロディとリタの大冒険」のデヴィッド・バワーズ。
       
      ロボットが全ての世話をしてくれる空中都市メトロシティ。ある日、科学省長官テンマ博士の息子トビーは、科学省の実験施設に潜り込み、実験中の事故に巻き込まれて命を落とす。悲しみに暮れるテンマ博士は、息子の姿と記憶を宿したロボットを製作する。しかし、所詮はロボット。息子の代わりにはならないと実感したテンマ博士は、トビーを追い出してしまう。荒廃した地上に降りてきたトビーは、人間たちと出会い、自ら“アトム”と名乗り、ロボットであることを隠して彼らと暮らし始める。そんな中、メトロシティのストーン大統領は、支持率回復を狙って地上との戦争を画策、アトムに内蔵された未来型エネルギー“ブルーコア”の兵器転用を目論みアトムの捜索に乗り出すのだった。
      >> 続きを読む

      2018/11/23 by motti

      「ATOM」のレビュー

    • 2.0

      【★2】
      アトムってこうゆう話だったの?

      2017/09/13 by Marion

      「ATOM」のレビュー

    • 3.0

      初期のアトムでアトム感全然ないけど、おもしろかった。

      2016/11/09 by アスハ

      「ATOM」のレビュー

    • 3.0

      もちろん鉄腕アトムの名前は知っているし、お茶の水博士などある程度の知識は持っている。

      しかし父親とのアイデンティティに悩むなんて、そんなシリアスなドラマだったのか。
      CG映像は当然だろう。
      アニメで語るべきものはすべてやり尽くしたのだから。

      問題はまるで「ロボッツ」のような展開と、ロボット自体のアイデアに乏しいことだ。
      下手をすれば子供にでも考えられるようなおもちゃと、分かりやすい善悪キャラ。

      子供向きだから当然なのだが、もう少し間口を広げて欲しかった。
      >> 続きを読む

      2016/01/24 by オーウェン

      「ATOM」のレビュー

    もっとみる

    ATOM
    アトム

    映画 「ATOM」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画