こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

スーパー・チューズデー 正義を売った日

The Ides of March
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2012/03/31
製作国: アメリカ
配給: 松竹

    スーパー・チューズデー 正義を売った日 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 3.0

      選挙が大好きだ.候補者が当選するために死に物狂いで頑張る姿を見ると自然と笑みが溢れる.当選したら権力者,落選したらただの人,そりゃ必死にもなるわな.美辞麗句耳に優しい言葉を並べ立て有権者を騙そうとする姿がホント好きである.
      そしてアメリカ大統領選挙.世界最注目の選挙であると同時に最高のエンターテイメント.その裏側なんて面白いに決まっている.なのに本作がちょっと食い足りない気分になるのは,選挙コーディネーターや参謀が蠢くんだけど肝心要の大統領候補が(大筋で)汚れを是としない人だったから,だろう.作中で言及されるように共和党の予備選だったらもっと激しい権力抗争が楽しめたんだろう(よ~知らんけど).というかハウス・オブ・カードの登場で並の政治劇じゃ物足りなくなったって話かもしれんが.
      あとエヴァン・レイチェル・ウッドが20歳ってのはどー見ても無理じゃろ(盛ってる前提なお話かしらね).
      >> 続きを読む

      2018/03/05 by 叡福寺清子

      「スーパー・チューズデー 正義を売った日」のレビュー

    • 4.0

      民主党予備選の有力候補になっているマイク・モリス。
      若手ながら辣腕ぶりを発揮する広報官のスティーヴンは、ライバル陣営から極秘に会合の連絡が来て悩む。

      リベラル派のクルーニーらしく監督作はまたしても政治色の強い一作になった。
      選挙戦ながらも描くのは陣営の葛藤と裏切り。
      そして駆け引きというものを覚える若者である。

      前半戦は戸惑い。そして後半戦は反撃と、ライアン・ゴズリングは暗黒の世界を体現する。
      表沙汰にならない世界を垣間見せるホフマンとジアマッティなど、配役も曲者揃いでいかにも何かしでかす雰囲気をプンプンさせる。

      玄人好みの感が強いが、現実もこういったことが裏で行われているのだろう。
      >> 続きを読む

      2016/02/27 by オーウェン

      「スーパー・チューズデー 正義を売った日」のレビュー

    • 4.0

      ジョージ・クルーニーという映画人は、相変わらずプライベートはフラフラしているくせに、それに反するかのように、地に足着いた骨太な映画を生み出しやがるな。と、思った。
      アメリカの大統領選の「裏側」で確実に巻き起こっているだろう“現実”を、真正面から切り取った佳作だった。

      自らの政治に対しての「理想」が、甘く幼稚な「幻想」に過ぎないということを目の当たりにして、打ちひしがれる主人公。
      絶望的な現実に対して、彼がついに“売った”正義とは何だったのか。
      安直なヒロイズムに走らず、物語の結論そのものが、政治における現実に対しての痛烈な皮肉である着地点が面白い。

      すべてを悟った主人公が、黒い瞳でテレビカメラに向かう印象的なラストカットは、彼の心情における闇と、この先も歩み続けるだろう過酷な運命を如実に表しているようで、意味深長だ。

      舞台劇を礎にしているだけに、焦点が絞られた登場人物のそれぞれのキャスティングが素晴らしかった。
      若き選挙参謀を演じるライアン・ゴズリングは、自身が売り出し中の俳優としてノリに乗っているということもあり、心揺れ動く理想主義で野心的な主人公を見事に演じ切っていた。
      主人公の上司役でベテランのキャンペーン・マネージャーを演じるフィリップ・シーモア・ホフマンも、本音と建前を巧みに使い分ける役柄を抜群の説得力をもって表現していた。
      そして、カリスマ性を備えた大統領候補の政治家を演じたジョージ・クルーニーは、決してオイシくはない役柄において、絶対的な存在感をもって体現し、まさに実在しそうな政治家像を自らの演出によって巧みに導き出していた。

      過剰な派手さがないことが、現実社会におけるリアルな不穏さに直結している。
      いまアメリカでは、今年11月の大統領選を目の前にして、まったく同じようなことが水面下で繰り広げられていることだろう。
      この作品はもちろん娯楽だが、それがそのまま現実に起きているということを想像すると、禍々しいおぞましさに包まれる。
      >> 続きを読む

      2014/08/06 by tkl

      「スーパー・チューズデー 正義を売った日」のレビュー

    スーパー・チューズデー 正義を売った日
    スーパーチューズデーセイギヲウッタヒ

    映画 「スーパー・チューズデー 正義を売った日」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック