こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

チャイナタウン

Chinatown
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 1975/04/12
製作国: アメリカ
配給: パラマウント映画=CIC

    チャイナタウン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 ハラハラ

      ハラハラしながら見させていただきました。

      2018/04/17 by taku

      「チャイナタウン」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "レイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルドへのオマージュを込めたハードボイルド探偵映画の傑作"

      この映画「チャイナタウン」の舞台となっている1930年代のロサンゼルスは、アメリカ社会が東海岸から西海岸へと発展の波を広げて行った時期に、太平洋岸最大の近代都市を形成しつつありました。

      だが、そうした急速な膨張の反面には、かなりの無理がまかり通って来るもので、当然の事ながら、そこには不当な利権や醜い政治的な裏取引が蔓延して来ます。

      この映画はそのような時代背景の中に、それぞれの数奇で不条理な宿命とでも言うべき運命を背負って、哀しみの中で生きる人間たちの苦悩、葛藤をスリリングに、尚且つドラマティックに描いています。

      レイモンド・チャンドラー、ロス・マクドナルドという二人のハードボイルド・ミステリー作家へのオマージュを込めて、しかも、ロバート・タウンのオリジナル脚本によって、それまでのどの映画よりも1930年代のロサンゼルスのハードボイルド探偵映画らしく映画化されていて、複雑で錯綜する話の内容をハードボイルド的なサスペンスでたたきこんでゆくので、一時たりとも画面から目が離せません。

      ストーリーや当時の風俗やしぐさが、それらしいだけではなく、この映画製作に携わった人々は、"ハードボイルド的世界の精神"をきちんとつかんでいるし、主役の過去を秘めた虚無的な私立探偵ギテスを演じるジャック・ニコルソンの"シニシズムと人間臭さ"がまた映画好き、探偵小説好きにはたまらない魅力があります。

      そしてロバート・タウンは、ジャック・ニコルソンとは長年の親友で、彼を念頭に置いてこの脚本を書いたと言われるだけに、ジャック・ニコルソンの魅力を十二分に引き出していると思います。

      この映画は、1930年代のロサンゼルスの陽光きらめく太陽の底に淀む、退廃的なムードと虚無感に満ちた、陰湿な世界が展開されていますが、脚本のロバート・タウンは、そのレイモンド・チャンドラー的ハードボイルドの世界を見事に再構築していると思います。

      監督は「戦場のピアニスト」、「ローズマリーの赤ちゃん」の名匠ロマン・ポランスキーで、彼は1933年生まれのポーランド系ユダヤ人で、第二次世界大戦中にその子供時代を過ごし、母親をナチスの強制収容所で失うという、悲惨で哀しいトラウマを抱えた過去を持っています。

      「私の最も辛かった時期は子供時代である。----ドイツ兵がゲットーを一掃した頃から、私は肉体的苦痛と恐怖のギリギリを味わって来たのだ。----そして私は人生の早い時期に、政治的思想を持ち行動にも参加した。だが私は信じられないような多くの失望を味わった」と語る彼の言葉は、この映画の持つ"戦慄と人間不信"の背景となっているような気がします。

      そして彼の妻は、彼の子を身籠ったまま、狂信的なヒッピーに惨殺されたあの女優のシャロン・テートであり、その恐ろしい事件の地、ハリウッドに再び戻ってこの映画を撮りました。彼はこの映画に冷酷な殺し屋の一人として特別出演していて、存在感のある演技も披露しています。

      この映画はラストの30分の思いがけない意表を衝く結末については、これは有名な話ですが、監督のポランスキーと脚本のロバート・タウンで意見が分かれ、ポランスキーの主張する不幸な結末でなければ、この映画のテーマが台無しになってしまうという意見が通り、この結末になったそうですが、やはりラストはこの結末以外には考えられません。

      警察も手が出せない政財界の大物であるクロス(ジョン・ヒューストン)が、「時と所を得れば人間は何でも出来るのだよ」という神をも恐れぬセリフは、ポランスキー監督の人間不信の言葉でもあるような気がします。このクロスを「マルタの鷹」等のハードボイルド映画の監督でもあるジョン・ヒューストンが、実に憎々しげでアクの強い人間像を演じて見事です。

      そして、クロスの娘であり、また女でもあるという"複雑で哀しい宿命を背負い、妖気と虚無的で退廃感の漂う"人妻イブリンを演じるのが、フェイ・ダナウェイで、彼女が十字架として背負う哀しい宿命は、彼女の左の緑の瞳の中の小さな黒点として象徴されています。

      彼女の瞳の中にその黒点を認めた時、共に暗く哀しい過去を持つギテスとイブリンは宿命の糸に結ばれます。しかし、その愛はほんの束の間で、急速に回転し出した運命の歯車は、一気にカタストロフィへ突き進んで行きます。車でロサンゼルスから逃れ去ろうとするイブリンを背後から撃った警官の銃弾が撃ち抜いたのは、彼女の左目である事を我々観客は見落としてはいけないと思います。

      映画の題名である"チャイナタウン"が、この映画の舞台になるのは、この最後の10分程の短いラスト・シークェンスにすぎませんが、なぜ、このチャイナタウンを映画の題名にしたのかという事を考えると、"チャイナタウン"は、アメリカの街の中の異境であり、迷路のようなこの街の中に、ポランスキー監督は、ポーランドでのゲットーと同じ安らぎを見出し、併せて、自分の妻のおぞましい惨劇を引き起こしたアメリカへの批判をしているとしか思えてなりません。

      紙屑が舞い、野次馬が去って行く薄汚いチャイナタウンの夜のシーンは、哀しさと怒りを込めた、静かな中にも深く、優しさに溢れた名ラストシーンだと思います。

      なおこの映画は、1974年度の第47回アカデミー賞の最優秀オリジナル脚本賞を受賞し、同年の第32回ゴールデン・グローブ賞の最優秀作品賞、最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀脚本賞を受賞し、同年の英国アカデミー賞の最優秀監督賞、最優秀主演男優賞、最優秀脚本賞を受賞し、同年のニューヨーク映画批評家協会及び全米批評家協会の最優秀主演男優賞を受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/02/17 by dreamer

      「チャイナタウン」のレビュー

    • モノ凄く、鼻が致そうだったのが記憶に残っています。

      2016/02/18 by ice

    • 4.0 切ない ハラハラ

      ジャック・ニコルソンがすご腕探偵を演じるというハードボイルドもの。
      単なる浮気解明のための依頼が、実は大きな事件へとつながっていく。

      まるで異国のようなアメリカを匂わすポランスキー作品。
      細かい人間関係からニコルソンのコミカルな探偵像。
      フェイ・ダナウェイのシリアス演技。

      ポランスキーに鼻を切られたり、水浸しになるなどニコルソンが動きまくるが、一転してラストの物悲しい雰囲気が印象的。

      すべてをあらわすのが「これがチャイナタウンだ」の言葉。
      >> 続きを読む

      2015/03/13 by オーウェン

      「チャイナタウン」のレビュー

    • > ポランスキーに鼻を切られたり、

      切られるシーンもそうですが、その後、包帯?が中々取れないのも痛々しかったですね... >> 続きを読む

      2015/03/13 by ice

    • 4.0 ハラハラ クール

      ロサンゼルスの私立探偵ギテス。そこに舞い込んだ依頼は町を巻き込む黒い疑惑に繋がるものだった。

      年齢を重ね、ブルドッグみたいになってからのジャック・ニコルソンしか知らなかったので、若かりし頃の勇姿にインパクトが有った。

      ストーリーに触れる前にまず2点。

      これまで名優として、ジャック・ニコルソンの存在は知っていたものの、ブルドッグのような随分汚い顔の俳優のイメージが有った。
      本作品では、若かりし頃の颯爽とした姿での登場に違和感を感じつつも、昔はみんな美しいことを実感した。

      もうひとつは相手役のフェイ・ダナウェイ。

      昔、岡村靖幸が歌っていたシティハンターのテーマ曲に「SUPER GIRL」という歌が有り、その冒頭の歌詞がコレ。

      > DARLING 呼び出せど いつもオーディションの日
      > まるで 順位だけ競う フェイダナウェイ
      > 夕食も食べずに ダイエットフード

      このフェイ・ダナウェイが長年謎のままで有った。

      この作品を観て、これが女優さんの名前で、しかもこの作品でアカデミー主演女優賞にノミネート。
      後年、別の作品で同賞を受賞された名女優で有ることを知った。

      本題だが、さすがに映像の古さは感じるものの、それが逆にオシャレに感じるような仕上がりになっている。

      そこまで徹底されたものではないが、いわゆるハードボイルドな探偵モノと言って良いのではなかろうか。

      ミステリ要素も良く出来ていて、当時としては相当センセーショナルだったのではないかと思われる謎も刺激的だった。

      でも、やっぱりチャイナタウンと聞けばYAZAWAの曲を思い出してしまう。これを機会に動画を観たがメッチャイイ!!
      >> 続きを読む

      2014/03/28 by ice

      「チャイナタウン」のレビュー

    • ジャックニコルソン好きなのですが、これ観てないです。
      観ないと♪

      2014/03/28 by chao

    • よく考えれば気付けるんですけど、チャイナタウンって聞くと中国が舞台だと思っちゃいます・・・ >> 続きを読む

      2014/03/28 by makoto

    • 4.0 ハラハラ クール

      名優ジャックニコルソンの代表作品ですね。

      鼻のくだりとか、怖ーいシーンも有りますが、現代から見るとセピア色の世界がなかなかイカしていると思います。

      ジャケットのデザインも秀逸です!

      こういう名作が今後も残っていくといいなぁ。 >> 続きを読む

      2013/10/07 by きくいち

      「チャイナタウン」のレビュー

    • ジャケットおしゃれですね!!
      ポスターにして部屋に飾りたいくらい好みです♪

      2013/10/08 by milktea

    チャイナタウン
    チャイナタウン

    映画 「チャイナタウン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画