こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

心の旅

Regarding Henry
ジャンル: ドラマ
公開: 1991/11/02
製作国: アメリカ
配給: UIP

    心の旅 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0

      リハビリの黒人の若い先生
      (この俳優さん亡くなってるのね😢)と
      ワンコが最優秀演技賞だけど

      ハリソンもアネットベニングさんも
      安定して突飛なことしてなくて
      よかった。
      しみじみするものがたり。

      お医者さんでセントオブウーマンの傲慢校長がでてきて、この方がワンシーンでも出ると
      しまるなあ。
      そしてカリートの道でもボーダーでも
      アルパチーノを殺したり苦しめたりするあの俳優さんが
      ハリソンを撃っちゃう強盗で
      またそういうときにあなたか!
      ほんとにそういう役にピッタリ!
      となんか自分の見たい映画のなかでたびたびお会いすることに
      うれしくなる(笑)

      そしてなんと美しいひとか!とびっくりした昔の不倫相手の女優さんは
      なんとアーサーミラーの娘さんなのね。

      とてもゆったりしみじみみることができました。
      >> 続きを読む

      2017/04/21 by 自由じゃん

      「心の旅」のレビュー

    • 3.0

      思った以上に心に響く作品でした。

      ベタな展開ではあるけど,それぞれが抱える苦悩が
      真に迫って来るようで、最後まで集中して
      見ていられました。

      やっぱりハリソンさんがよかったのかなぁ。
      彼には画面に惹き付ける存在感があります。

      アネット・ベニングもよかった!
      >> 続きを読む

      2015/10/17 by noe

      「心の旅」のレビュー

    • 3.0

      敏腕弁護士で仕事が第一。家族はおざなり。
      そんなヘンリーがある夜強盗に遭い銃で撃たれてこん睡状態に。
      足に障害麻痺と記憶喪失に陥る。

      リハビリで何とか歩けるようになるが、元の生活に戻ったときに今までどおりやっていけるのかどうか。

      家族を気にかけなかったとき。弁護士での善と悪の部分。
      同僚との秘密など、記憶を失ったことによってわかっていく真実。
      この心の変化が丁寧に描かれる。

      とはいえ家族と仕事両方最高のものは無理だ。
      どちらかをある程度犠牲にしなくてはならない。
      その意味でラストを巧くまとめているが、今後のことを考えると疑問符が付かないわけでもない。

      ハリソン・フォードは至って普通の男を。
      アネット・ベニングも苦悩の妻を。

      とはいえ光っていたのはリハビリを一緒に手伝う黒人。
      彼とハリソンの友情が感慨深い。
      もっとリハビリに時間を割いたほうが感動に近づけたのは間違いない。
      >> 続きを読む

      2015/04/09 by オーウェン

      「心の旅」のレビュー

    • 知らなかった映画ですが、感動できそうな気が、、、いつか観てみます!

      2015/04/09 by メッシイ

    • > 心の旅

      吉田栄作を思い出したら結構オサーンだと思います...

      2015/04/09 by ice

    心の旅
    ココロノタビ

    映画 「心の旅」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画