こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

グローリー

Glory
ジャンル: ドラマ , 戦争
公開: 1990/04/20
製作国: アメリカ
配給: トライ・スター映画=コロムビア/トライ・スター映画

    グローリー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      南北戦争の初の黒人部隊を描いた映画でデンゼル・ワシントンやモーガン・フリーマンが出演。監督は『ラストサムライ』『ブラッド・ダイヤモンド』のエドワード・ズウィック。この時点でいろいろ凄いし、すでに名作と評価されているけど、いまいちグッと来なかった。
      実際内容は良かったのだけど、団結の過程がざっくりしているような印象を受ける。給料や靴の件など一対大勢という構造で展開していてなんだかぼんやりして見える。
      トーマスも対話なく気づいたら察してたって感じだし、フォーブスとの喧嘩もその場限り。肝心のトリップにも(ネタバレかもしれないので細かく言わないけど)不満だ。
      あと黒人たちと喧嘩した別部隊の白人が突然「がんばれよ!」というシーンがあるけど理解に苦しむ。同じ軍だからなんだろうけど、急な仲間意識についていけない。戦いの場面もとくに面白味を感じないし、全体的に少し退屈だった。
      >> 続きを読む

      2018/03/17 by きりゅう

      「グローリー」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      エドワード・ズウィック監督だからか「ラストサムライ」で観たような風景がチラホラ。

      南北戦争で実際に起きた史実が基になっており、黒人のみで形成される隊に白人が隊長として就任。
      当然反発心や、差別意識が生まれている。
      対立がありながらも徐々にまとまっていくとこが感動的。

      主演のマシュー・ブロデリックが今いち隊長らしく見えないのが玉に瑕だが、脇のデンゼル・ワシントンやモーガン・フリーマンの二人がこの映画を支えている。
      特にデンゼルの露骨な反発。そこから来る過去のいきさつ。
      このキャラは部隊の中でもひとり異色。

      最後の戦いの意味をどのように捉えるかがポイント。
      誇りや名誉のためか。はたまた無謀なのか。
      >> 続きを読む

      2015/07/30 by オーウェン

      「グローリー」のレビュー

    • 南北戦争のことを勉強してから見た方が良さそうな映画ですね。学生の時もっと真面目に歴史を勉強しておけばよかった。。 >> 続きを読む

      2015/07/30 by sunflower

    • 黒人が北軍兵士として参戦し勝利を収める姿を描いた作品ですが黒人の地位はその後も人種差別が続き公民権運動の時代のうねりに・・・現在も続く根深い人種差別のアメリカ社会
      は昨今の旧南部国旗?議会前の掲揚の問題を見ても明らかだが・・・多国籍国家の宿命なのかな~?
      >> 続きを読む

      2015/07/30 by チャミー

    グローリー
    グローリー

    映画 「グローリー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画