こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

プレステージ

The Prestige
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2007/06/09
製作国: アメリカ
配給: ギャガ・コミュニケーションズ

    プレステージ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全25件
    • 5.0 ハラハラ

      映画として完璧な作品。

      2021/03/13 by STALIN

      「プレステージ」のレビュー

    • 3.0

      2006年公開のクリストファー・ノーラン監督作品。この監督の作品の高評価に対しては、どうしても距離を置きたくなる小生。

      映像と音楽の雰囲気に呑まれるところがありますからね、やはり観ながら差し引き勘定する自分を止められないんですけど、それでも今作は「面白かった」が勝ちました。『インターステラ』とこの作品を、ノーラン作品としては勧めることになりそうです。

      それにしても、この監督、女性を魅力的に撮れていない、という欠点は少なからず指摘されてるんじゃないでしょうか。

      折角のスカーレット・ヨハンソンもはっきりいっていいところなし、クリスチャン・ベールの奥さん役も、旦那の愛の囁きに触れるたびに、今日のあなたは本音を言っている言ってないと確認せずにはおれず、たとえそれがオチの伏線になっているとはいえ、性格設定としてのうざうざしさには変わりなく、神経質そうな顔と相まって、自死されても感情移入がしにくい。残された子どもを不憫に思いたくても、この少女がまたそこそこに醜いんで、観る者の同情を容易には寄せ付けないんですね。

      で、そうした配役なり演出なり、男たちの物語から観客の関心が逸れないようにするための計算なんだろうと、あざとさが見えるだけに、やはり鼻白まざるを得ないんですね。人の感情を足し算と引き算だけで導き出している感じがする。これは 未見の TENET を除くすべての作品につきまとう瑕瑾といっていいかもしれない。そこに気が付いてしまうと、意味深長な音楽と生真面目な映像とが、ちょっと滑稽に感じられてしまうんですね。「バットマンはほかならぬ私だ」と記者会見で告白する市長にしかり、ダンケルクに集結した英国軍を救うべく出帆する魚船団の勇姿にしかり、あんまり仰々しく迫られると、真顔で観ている自分も含め、「ばっかじゃねぇの…」と呆れることにもなりかねない。

      ただ今回はニコラ・テスラ、実在の人物が出てきて、物語に華を添える。ちなみにニコラ・テスラはかのデビッド・ボウイが演じています。歳をとってお顔が丸くなりました。

      でもね…やはり脚本に無理がありますよね…。オチもあれで観客は納得するのか…。『インセプション』や『インターステラ』に感じた理屈っぽさも健在。まぁ、エンターテイメントとして割り切ればいいんですが。
      >> 続きを読む

      2020/11/03 by Foufou

      「プレステージ」のレビュー

    • 以下ネタバレ。
      自分が複製されるなら、それを活用する手もあったはず。自分を自分で射殺して始末をつける、というのはいかにも苦しいし、その度に更新される罪悪感なんて、まったく意味がない。二人のマジシャンが果てもないチキンレースを繰り広げるわけだが、なんか、マジックの会場でおのれのマジックで鼻をあかそうとこだわり続けるなんかも、いい加減にしたら、と。ところで二人とも中国人の金魚鉢のマジックのタネは明かせたのか? あらゆるマジックのタネを明かしていくなど、両者のマジシャンとしての特異性のわかるエピソードは本編にぜひ必要だし、キャリアを積み上げていく過程をですね、もっと丁寧に撮ってほしかった。で、なんだかんだで生まれている相互の敬意とかね。心理のひだにかけ算わり算があって然るべきかと。 >> 続きを読む

      2020/11/03 by Foufou

    • ただ、そういうスポ根的なものがないのが、マジシャンのマジシャンたる所以ともいえる。タネなんか他愛もなく、いかがわしいからこそのエンターテイメント。それならそれで、どうしようもなく軽薄ならざるを得ない実情を撮るべきで、だからこそのマジシャンの悲哀が語られれば、傑作になったんじゃないかなーなどと、妄想する次第です。 >> 続きを読む

      2020/11/03 by Foufou

    • 3.0

      2人のマジシャンを描いたサスペンス(ミステリー?)映画です。

      少しゆったりめの話の進み方と細かい伏線の描写からの、フラッシュバックを多様したスピーディーな回収は、緩急が激しくて引き込まれるラストでした。伏線がわりとハッキリしていて、ラストの伏線回収が分かりやすい内容になっています。

      伏線がハッキリしている分、2度目の観賞で伏線を見直す楽しみが薄めでした。初見の興奮が貴重な映画です。

      2020/09/21 by jun88

      「プレステージ」のレビュー

    • 4.0

      クリストファーノーランにしては分かり易かったなぁと思ったら、原作ありと聞いてなるほどな、と。
      それは禁じ手よね、というドンデン返しですが、話は面白かった。

      2019/05/19 by apricot_88

      「プレステージ」のレビュー

    • 4.0 クール

      敵対する2人のマジシャンが禁断のマジックに手を染めるミステリサスペンス。
      クリストファー・ノーラン監督・脚本。
      ファンタジー(SF?)すぎるトリックは賛否あるみたいだけど、そこさえ受け入れられたらとても良質なミステリサスペンスだと思う。
      陰鬱とした演出で描かれる破滅に向かう主人公たちの狂気も、散りばめられた伏線の数々が一気に回収される気持ち良さも、とてもノーランらしい面白さでした。

      2018/12/02 by ででん

      「プレステージ」のレビュー

    もっとみる

    プレステージ
    プレステージ

    映画 「プレステージ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画