こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

海底二万マイル

20,000 Leagues under the Sea
ジャンル: 外国映画 , SF , キッズアニメ・映画 , ドラマ , アドベンチャー
公開: 1955/12/23
製作国: アメリカ
配給: 大映洋画部

    海底二万マイル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "空前の規模を誇る大空想科学ドラマ! ディズニーのみが成し得た映画の新しい勝利"

      公開時のキャッチ・コピーにあるように、この映画「海底2万マイル」は、当時、ディズニーがRKOと組んでいた配給契約をやめ、自前で配給をするようにした記念すべき第1作目の作品で、SF映画史上初のシネマスコープとして有名だ。

      当初、長編アニメとして準備に入っていたものが、実写化へ変更され、映画用に30万ドルをかけて特別な水槽のステージが建造され、水中シーンの多くが撮影されたそうだ。

      そして、監督は、かつてディズニー・アニメのライバル的な存在だったマックス・フライシャーの息子のリチャード・フライシャーが起用され、主人公のネッドにカーク・ダグラスが扮している。

      1868年、軍艦が沈没するという事件が続発し、アメリカ海軍は、軍艦エイブラハム・リンカーンを南太平洋に派遣。パリからやって来たアロナスク博士、助手のコンセーユ、銛撃ちのネッドも同乗することになる。

      だが、この軍艦も攻撃され、海に落ちたアロナスクたちは、ネモ艦長率いる潜水艦ノーチラス号に収容されることになる-----。

      その後、彼らはネモとその忠実な部下とともに人食い人種、巨大イカと闘ったりする。そして、ノーチラス号は、やがて秘密の隠れ家であるヴァルカニア島に着くが、ノーチラス号の進んだ科学を奪おうと集結していた軍艦を見たネモは、軍艦と島を爆破してしまう。

      この作品は、もちろんジュール・ヴェルヌの小説の映画化だが、他のヴェルヌものの映画と大きく異なり、戦闘的な平和主義者ネモの人生観、戦争観が底辺にあり、ネモが問答無用とばかりに軍艦を沈没させるなど、冷血な人物として描かれているのは、恐らくこの作品だけだと思う。

      アクション、アドベンチャー、そしてユーモアが織り込まれ、海底でのファンタスティックな光景も大きなみどころの一つになっている。

      そして、何といっても、厭世的なネモ艦長に扮した名優のジェームズ・メイスンの演技が、ひと際光っていたと思う。
      >> 続きを読む

      2017/05/01 by dreamer

      「海底二万マイル」のレビュー

    • 評価なし

      初鑑賞。原作は世界的にも有名なジュール・ヴェルヌの小説。(原作は未読)。原作を読んでいないので細かいことは何も言えないが、この作品に関していうなら「ネモ船長」が主役のような気がする。カーク・ダグラス演じるネッドはどう考えても主役ではないような。原作も機会があれば手に取って読んでみたいと思う。 

      2016/02/08 by おにけん

      「海底二万マイル」のレビュー

    • 3.0

      特殊効果といえばのリチャード・フライシャー。
      「ミクロの決死圏」は映像的にも話的にもすごかった。

      同じように海の中を映像化したこの作品。
      ジュール・ヴェルヌ作品はネモ船長が主役のはずだが、この作品は違う。

      遭難してノーチラス号に救助されるのは同じ。
      ただキャスティングというのは、ネームバリューによって変わるものだと思わせてしまったこの作品(笑)

      後に救助される銛打ちネッドを演じるカーク・ダグラスが魅力あるキャラクターだ。
      粗野で反抗的だが、ギターを弾いたりアシカとの掛け合いなど面白い。

      ただし物語は随分退屈だった。
      ここが傑作だった「ミクロの決死圏」との違い。
      >> 続きを読む

      2015/03/23 by オーウェン

      「海底二万マイル」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      レンタルで視聴、見る人の年玲によって色々解釈が出来る映画と思えた。

      良い映画だ。

      2014/11/16 by されっく

      「海底二万マイル」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ

      好きな映画は沢山ありますが、その原点になる映画がいくつかあります。
      まさにこの映画はその中の1つです。

      ワクワクしながら、そして海の怖さを感じながら何度も観ました。

      子供の頃はあまり気付きませんでしたが、メッセージ性も強いです。
      ディズニーのアトラクションにもなっていますが、ただの楽しい映画ではありません。

      潜水艦ノーチラス号は海底を進んでゆきます・・・
      >> 続きを読む

      2013/12/10 by Sophie

      「海底二万マイル」のレビュー

    • みなさんにこの映画、興味を持っていただいたようでとっても嬉しいです♪

      makotoさんと月うさぎさんのやりとりが面白かったです(笑) >> 続きを読む

      2013/12/10 by Sophie

    • >メッセージ性も強いです。

      同感です、色々考えさせられる映画ですね。

      >> 続きを読む

      2014/11/16 by されっく

    海底二万マイル
    カイテイニマンマイル

    映画 「海底二万マイル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画