こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

レミーのおいしいレストラン

Ratatouille
ジャンル: キッズアニメ・映画 , コメディ , ファミリー
公開: 2007/07/28
製作国: アメリカ
配給: ブエナ ビスタ

    レミーのおいしいレストラン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 3.0

      さすが、ディズニー!!ねずみは救世主です★
      とにかく映像のよさ、料理の香りまでもが本当にただようなおいしさがあります。
      が、どこまでいっても、ヨーロッパではその昔、この主人公が原因で人口が激減したことは忘れようwww
      嗚呼、あのおネーちゃんはなんで彼のことが好きになったのかな??
      なぞすぐる。。キスがうまかったのかな?

      2018/09/08 by 沙鳩さん

      「レミーのおいしいレストラン」のレビュー

    • 評価なし

      面白いよ、と言われて観たが、昔厨房に立ってたからか身の毛がよだつよだつ。レミー単体ならまだ大丈夫だけど、大量の…大移動!流れるような群の動きにヒィ!

      なんとユニークな題材か…!ダジャレから発生したのか!?看板がラタトゥイユになってなかった!?原題もラタトゥイユだし、すべてがラタトゥイユの中に詰め込まれてるのか!?ん?もしかしてDAIGOが吹き替えしてる!?え違う?

      エンドロールは流石。最後まで手を抜かない。ネズミ目線で逃げる画はすごかった。
      【鑑賞メーターより移行】

      2018/09/03 by いちころ

      「レミーのおいしいレストラン」のレビュー

    • 3.0 元気が出る

      ピクサーとディズニーが一緒になって質が落ちなかったことを証明した「カーズ」でしたが、今回もCGに関してはいつもながら奇麗で楽しい動きをし、嫌みのない絵柄で最高です!

      パイルダーオン(マジンガーZ)ですが、レミーが髪の毛を引っ張ってリングイニを操縦するのはありえないんだけどアニメならではの楽しいギャグ。

      レミー1匹はゆるせるのだけどあんだけネズミだらけのキッチンをみたら全くおいしそうに見えませんが!

      不満なのはラスト、リングイニは料理の腕があがるに違いないと思って観ていたのに努力をしない主人公なのがガッカリだった。

      料理評論家のイーゴの新聞(?)の批評に思ったのは、映画の批評をするオイラたち自身のことだった(笑)
      ん?そう思うように仕向けてこの映画を批評されないように仕組んだか...ってのは深読みw


      (~allcinema)

      「トイ・ストーリー」「ファインディング・ニモ」のディズニー/ピクサーが贈るコメディ・アニメ。
      グルメの都パリを舞台に、シェフを夢見るドブネズミと料理の苦手な見習いシェフが巻き起こす奇跡をハートウォーミングに描く。
      監督は「Mr.インクレディブル」のブラッド・バード。
       天才的な料理の才能を持ち、いつか一流レストランのシェフになるという叶わぬ夢を持つドブネズミのレミー。
      ある日、彼は嵐で家族とはぐれてしまい、パリのとある一軒のレストランに辿り着く。
      なんとそこは、レミーが尊敬する今は亡き名シェフ、グストーの店だった。
      一方その厨房内では、見習いシェフのリングイニがスープを台無しにする失態を演じてしまう。
      すると、レミーはこっそりとそのスープを作り直し、最高の味に仕上げるのだった。
      それを目撃していたリングイニは、自分に料理の才能がないことからレミーの力を借りることを提案。
      こうして彼らは秘かにコンビを組み、パリ一番のシェフを目指すことになるのだが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/31 by motti

      「レミーのおいしいレストラン」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "大人が観ても深く味わえる作品 「レミーのおいしいレストラン」"

      味に喚起されてよみがえる思い出は、生きた長さに比例して増えていくと思う。天才的な味覚と嗅覚を持つネズミと、料理人見習いの青年が夢を追う、ピクサーのアニメ映画「レミーのおいしいレストラン」は、経験豊かな大人が深く味わえる作品だ。

      有名料理人グストーの著作「誰でも名シェフ」を愛読するネズミのレミーは、一流シェフになる夢を持つ。そんなレミーは嵐で下水道を流され、グストーが残したパリの高級レストランにたどり着く。

      慌ただしい調理場で雑用係のリングイニがへまをして、仕込んであったスープを台無しにしてしまう。レミーが素早く作り直すが、料理人たちに捕まってしまう。

      処分するように命令されたリングイニは、レミーが人間の言葉を理解していると知り、力を合わせてパリ一番のシェフを目指すことになる-----。

      このコンビが生み出す料理は大好評で、レストランは活気づく。そんな中、地位を脅かされると感じた料理長スキナーが、料理の謎に疑惑を持ち始め、フランスで最も権威のある評論家のイーゴは、リングイニに評価を下すと宣告する。

      そのさなか、リングイニの言葉に傷ついたレミーは、ネズミの仲間のもとへと帰ってしまう-----。

      ファンタジーなのだから、リングイニだけは「ネズミ語」がわかるという設定も、あり得たと思う。だが敢えて、レミーのしぐさや動きからその気持ちをリングイニが察するように仕向けたブラッド・バードの演出が素晴らしいと思う。

      小さなネズミに操縦されるリングイニの姿は、まるで巨大ロボットのようで、情けなくもおかしみが漂うのだ。

      ペンの力でレストランの命運を握るイーゴは、いかにも陰湿な顔をした適役で、宣伝との区別があいまいなグルメ番組、雑誌が主流を占める日本とは事情が違い、イーゴの非情さがこのドラマを盛り上げていたと思う。
      >> 続きを読む

      2017/05/20 by dreamer

      「レミーのおいしいレストラン」のレビュー

    • 3.0

      天才シェフはネズミという発想がおもしろい。
      ネズミ総出で料理をするシーンはすごかった。
      ライフルをぶっ放す大人が出るシーンはさすがに子供向けにはいかがなものかなと思ったけど(笑)誰にでも夢は叶うというディズニーらしい映画でした。

      2017/05/08 by よっしー

      「レミーのおいしいレストラン」のレビュー

    もっとみる

    レミーのおいしいレストラン
    レミーノオイシイレストラン

    映画 「レミーのおいしいレストラン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画