こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

Sweet Rain 死神の精度

ジャンル: ドラマ , ファンタジー
公開: 2008/03/22
監督:
製作国: 日本
配給: ワーナー・ブラザース映画

    Sweet Rain 死神の精度 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 2.0

      調査対象の人間を一週間観察し、八日目にその命に裁定(実行、見送り)を下す死神。
      対象者はあくまで不慮の事故の相手で、自殺者や病気の人間は含まれないらしい。
      また裁定に明確な定義はなく、死神の采配と判断が優先される。
      本作は3編の物語を焦点に当てている。

      テイストは大分異なりますが、死神くん、デスパレード、死役所に通じるものがあると感じました。

      2021/05/09 by ヒデト

      「Sweet Rain 死神の精度」のレビュー

    • 3.0 元気が出る クール

      2008年/日本映画
      DVD鑑賞

      2020/09/01 by Chappy

      「Sweet Rain 死神の精度」のレビュー

    • 3.0

      伊坂幸太郎が作り出したユニークな死神。
      その死神が生きるか死ぬかを判定する裁きとして、各人に接近する物語。
      原作は章仕立てになっており、映画もそれと同じで原作から3つの章を取り出して描く。

      特にこれといって印象に残るエピソードはないが、不思議と最後まで見れる妙な違和感がある。
      それがこの映画の魅力なのかは分からないが、金城武の日本語が怪しいのは確かだ(笑)

      つながりはそれぞれあるが、明確に関わっているわけではない。
      原作よりも味わいはないが、これぐらいの軽いテイストのほうが受けやすいのだろう。

      あと小西真奈美の歌が意外に上手くてビックリした。
      >> 続きを読む

      2020/02/24 by オーウェン

      「Sweet Rain 死神の精度」のレビュー

    • 4.0

      伊坂幸太郎が好きで、その中でも死神の千葉ちゃんはとても好き。
      僕の中では金城武のイメージではなかったなー。といっても、具体的な配役のイメージを持って読んだわけではなかったけど。

      ミュージックを愛していることとか、素手で人に触るとまずい、とか、小説を読んでいないと分かりにくいのでは?という気がしたがどうでしょう。

      これを見た人が小説を読んで、改めて千葉ちゃんの魅力を味わってくれると良いと思う。

      2020/01/14 by masa_26

      「Sweet Rain 死神の精度」のレビュー

    • 3.0

      随分前に原作を読んでその面白さに大好きになったけども、映画はいくら話を知っているといっても原作の面白さが半減している。千葉はつかみどころがないけども、映画ではアホっぽすぎる。もう少ししっかりとした間の抜けた演技をしてほしかった。でもビジュアルはそこそこいけてたけど。(アマゾンプライム)

      2019/11/02 by 桃猫バラ

      「Sweet Rain 死神の精度」のレビュー

    もっとみる

    Sweet Rain 死神の精度
    スウィートレインシニガミノセイド

    映画 「Sweet Rain 死神の精度」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画