こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

ジャンル: 日本映画 , ドラマ , コメディ
公開: 1974/08/03
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    男はつらいよ 寅次郎恋やつれ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全3件
    • 4.0 笑える 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」は、シリーズ第13作目の作品。

      例によって、テキヤ稼業の車寅次郎は、旅の空だ。
      ある温泉地で寅さんは、夫に蒸発されて一人で働いているという健気な女の絹代(高田敏江)と知り合う。

      葛飾柴又のとらやに舞い戻った寅さんは、自分にもようやく結婚の相手が見つかったと言い、相手の女性を見て欲しいからと、妹のさくらと裏の印刷屋のタコ社長に付き添ってもらって、彼女のところへまた訪ねていく。

      ところが、再会を喜んだ絹代は、弾んだ声で、蒸発した夫が家に帰って来てくれたと言うのだった。
      またもや寅さんの失恋である。

      再び旅に出た寅さんは、山陰の津和野で、シリーズ第9作目の「男はつらいよ 柴又慕情」の時の片想いの相手だった歌子(吉永小百合)に再会するのだった。
      彼女は、陶芸家の夫と死別して図書館に勤めているのだが、幸福ではないようなのだ。

      寅さんは、彼女が東京にやって来て、とらやを訪ねてくれることを希望した。
      歌子は、東京に父親(宮口精二)がいるのだが、親子の間がうまくいっておらず、東京へやって来ると、とらやを訪ねるのだった。

      とらやの人々は、彼女を歓迎し、彼女に二階の部屋を貸したのだ。
      寅さんは、歌子のために彼女の父親を訪ねていく。

      「男はつらいよ 柴又慕情」の時にそうだったように、この父親・高見修吉は、純文学一筋の清貧の小説家で、世事には全くうとく、たった一人の娘にも、ただ苦労させっぱなしで、親子らしい言葉を交わし合うこともほとんどなかったのだ。

      毎度のことながら、愛情のコミュニケーションを男の沽券にかかわるとでも思って来たらしい男の見本だ。

      寅さんは、例によって、おかしな論法で修吉の態度を批判するのだ。
      修吉は、寅さんのぶつ文学論にはあっけにとられたが、その人情論がそれなりに親身で的を射ていることには、認めないわけにはいかなかった。

      そして、修吉はある日、ふらりと、とらやを訪ねて、娘にわびる言葉を残して去って行った。
      その言葉を何よりもの餞別として、歌子は伊豆の心身障害児施設に就職して去って行ったのだ-------。

      こうして、寅さんはまた一人、ひっそりと旅に出るよりないのだ。

      このシリーズは、笑わせ方もホロリとさせるツボも全く決まってしまっているが、登場人物一同の一分の隙もない、息の合ったやり取りの間合いの良さは、もう無類であり、落語の名人芸に似た語り口の域にまで達していると思う。
      >> 続きを読む

      2018/11/25 by dreamer

      「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」のレビュー

    • 3.0

      テレビ

      2015/11/19 by NANA

      「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」のレビュー

    • 3.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      男はつらいよ第13作。マドンナは吉永小百合(2回目)やはりめちゃくちゃかわいい&美しいです。あとサブマドンナというか映画のはじめで絹代さん(高田敏江)という女性に即効失恋しちゃうんですね。一作品に2度失恋、寅さん大忙し。

      2018年7月7日再鑑賞。
      お父さん(宮口精二)がとらやを訪ねてきて娘に謝罪するシーンで不覚にも涙。
      >> 続きを読む

      2015/04/19 by seablue

      「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」のレビュー

    • 寅さんシリーズは見たことないのですが、寅さんは恋多き男性なのですね。勝手に一途な男性のイメージでした…! >> 続きを読む

      2015/04/19 by sunflower

    男はつらいよ 寅次郎恋やつれ
    オトコハツライヨトラジロウコイヤツレ

    映画 「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画