こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ドクトル・ジバゴ

Doctor Zhivago
ジャンル: ドラマ
公開: 1966/06/18
製作国: アメリカ , イギリス
配給: MGM

    ドクトル・ジバゴ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 5.0 切ない ハラハラ 元気が出る クール

      こらー面白かった。
      前半のいかがわしさあってこそ、か。
      ロッド・スタイガーもよかったが、予想を裏切る展開たくさんあり。
      歴史背景については、ある程度知っておくといいのだろう。

      2020/01/19 by 水陸宙適C

      「ドクトル・ジバゴ」のレビュー

    • 5.0

      このデヴィッド・リーン監督の「ドクトル・ジバゴ」では、ロシア革命という激動の時代を背景として、多様な人生が交錯しながら描かれている。

      だが、その中で観ている私の心に一番強烈に迫ってくるのは、主人公のジバゴ(オマー・シャリフ)ではなく、むしろ数奇な運命を情熱的に生きるラーラ(ジュリー・クリスティ)の人生だ。

      ジバゴがたどる人生も厳しいが、ラーラのそれは、もっと激しく、波瀾に満ちている。
      母の情人である中年男コマロフスキー(ロッド・スタイガー)に処女を奪われ、彼を嫌い、憎みながらも理性が情熱を制御しきれない女。

      その情熱が、ジバゴの豊かな感情に出会った時、初めて人生の至福とも言うべき結実をとげる。
      ラーラは、精一杯生き、命のある限り生きた女だといっていいだろう。

      だが、それならば、ラーラと対照的な女トーニャ(ジェラルディン・チャップリン)は、精一杯生きなかったか?
      彼女の命のかぎり生き抜かなかったか?-----その答えは否だ。

      トーニャもまた、ロシア革命の激動期を精一杯生きた女だ。
      ただ、ラーラの情熱が外に向かって激しく迸るのに対して、トーニャの情熱は内に深くたたえられる。

      ラーラは激しく、トーニャは強い。ラーラは「恋」に生きる女性。トーニャは「愛」に生きる女性だ。

      二人の女性が対照的であるように、この二人の女性を愛するジバゴとパーシャ(トム・コートネイ)の生き方もまた対照的だ。

      ジバゴは、急激に移り変わる時代の流れの中で、あくまでも自己を守り、自分の内部を見つめ続けようとする、内省的な思索型の人間だ。
      パーシャは、革命の渦中に飛び込んでいき、行動することにすべてを傾ける人間だ。

      しかし、この二人は、ともに理想主義者であるという点では共通したものを持っていると言えるだろう。
      ただ、ジバゴは人間的な理想主義者であり、パーシャは政治的な理想主義者なのだ。

      そして、この二人に対比される存在として、名優ロッド・スタイガーの演じるコマロフスキーが、時には大きく、時には卑屈に立ち現われる。
      コマロフスキーは、明らかに現実主義者の典型だ。

      時代は、歴史の巨大な転換期。
      その滔々たる流れの中で、それぞれ典型的な人物たちが、それぞれの正しいと信じた人生を貫く、まさにこれは、人生の大河を見る思いの豊かな叙事詩だと言えるだろう。
      >> 続きを読む

      2019/03/13 by dreamer

      「ドクトル・ジバゴ」のレビュー

    • 2.0

      観る前に愛がどうのこうのと書かれているのを見てなんか素敵そう!って思ってたけど、蓋をあけたら中心人物が恋愛にだらしなくて上手く物語に乗れなかった。ただデヴィッド・リーンの自然描写は相変わらず素晴らしい。窓の霜、雪原、ひまわりなどグッときた。

      ロシア革命という時代背景も良かった。平等!公平!と叫んでいたけどそこに愛がないと暴力だなぁと思った。

      2016/12/22 by きりゅう

      「ドクトル・ジバゴ」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

       ロシア革命の余波により、時代の運命に翻弄された男女の物語を描いた大河ドラマです。

       撮影監督のフレディ・ヤングとニコラス・ローグによる雄大な景色、ブルジョア調に彩られた美術、そしてモーリス・ジャールによる挿入歌「ラーラのテーマ」によって3時間超に及ぶ今作に深みを与えています。デヴィッド・リーン監督は「アラビアのロレンス」や「戦場にかける橋」で有名な監督です。今作に比べると両作品は人間ドラマとしての深みが感じられないように思いました。「アラビアのロレンス」と「戦場にかける橋」を好きになれない人にはオススメかもしれません。 >> 続きを読む

      2015/12/31 by w.s

      「ドクトル・ジバゴ」のレビュー

    • 3.0

      93、4年に観賞。

      2015/11/06 by ssu7809

      「ドクトル・ジバゴ」のレビュー

    ドクトル・ジバゴ
    ドクトルジバゴ

    映画 「ドクトル・ジバゴ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画