こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ウォーリー

WALL・E
ジャンル: キッズアニメ・映画 , ファミリー
公開: 2008/12/05
製作国: アメリカ
配給: ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン

    ウォーリー の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 3.0

      飛行機の中で視聴。音が聞き取りにくい機内だけに、言葉なく進んでいくのがよかった。

      2018/08/19 by 桃猫バラ

      「ウォーリー」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない 元気が出る クール

      笑!未来人ごろんごろん ((( ○

      700年間独りぼっちになってもゴミを片付けているなんてロマン溢れる萌えシチュエーションで観るまえから期待しまくりでした。
      最近テレビで見たシュミレーションでは無人となった街も200年くらいで建物も倒壊して原生林になるらしいのですが、こういうのは大好きです。
      前半はセリフがほとんどない。
      コレってすごいことですよね。お馴染みのピクサークオリティは当り前にしても本当にアニメのおもしろさだけで勝負してるわけですから。


      もともとある程度環境問題などのテーマを扱ってるのは見え見えだったわけだけど主人公ウォーリーの健気さが最高で説教臭さはなかった。
      しかしながらファミリーで単純に観れる作りにしておいてしっかりと考えさせられる部分があるところはさすが。
      人類が地球に住めなくなってしまうお話というのはホントはかなり深刻なテーマなんだけど、そうなる前に僕たちは地球のことをもっと考えましょう。


      (~allcinema)
      人類に見捨てられた地球で700年もの間コツコツと働き続ける孤独なゴミ処理ロボット“WALL・E(ウォーリー)”の健気で純粋な姿を綴るディズニー/ピクサー製作の感動ファンタジー・アニメ。ある時目の前に現われ恋をしたロボットの危機を救うため宇宙へ旅立つウォーリーの壮大な冒険を描く。
      監督は「ファインディング・ニモ」のアンドリュー・スタントン。

      人類が新たな入植地を求め宇宙へと去ってから長い年月が経つ29世紀の地球。
      そこでは700年間、一体のゴミ処理ロボットが人間たちの残したゴミを独り黙々と片付けている。
      そのロボットの名はウォーリー。長い年月の中で、次第に感情が芽生えていった彼は、ゴミの中から宝物を見つけてはコレクションすることをささやかな楽しみにしていた。
      そんなウォーリーの前にある日、ピカピカのロボット“イヴ”が現われる。
      彼女の気を惹こうとコレクションの1つ“ヒョロっとした植物”を見せるウォーリー。
      だがその瞬間、イヴは動かなくなり、宇宙船にさらわれてしまう。
      実は、彼女には地球の運命を左右する重大な秘密が隠されていた。
      ウォーリーはイヴを救うため、未知なる宇宙へ旅立つのだが…。
      >> 続きを読む

      2018/08/13 by motti

      「ウォーリー」のレビュー

    • 5.0

      ただただ素晴らしい。

      2018/05/23 by taku

      「ウォーリー」のレビュー

    • 4.0 笑える 切ない 元気が出る

      ウォーリーのピュアでひたむきな姿に、2度ほどウルッきました。
      わかりやすいストーリー展開で、リアル感増すCG技術はさすがPixar拍手
      環境破壊が進み地球に住めなくなった人類が、
      新しい惑星に拠点をおき、オートマティックな環境下で一括管理され
      自ら歩くこともなくすべてロボットにお世話してもらうという世界。
      平和で贅沢で楽だけど、足が退化して歩けないなど、
      自分のことが自分で出来なくなるんて怖い。
      サラッと楽しめるファミリー映画ではあるけれど、
      進む環境破壊への警鐘メッセージが含まれていて、
      考えさせるものがありました。
      >> 続きを読む

      2017/03/26 by aqualuna

      「ウォーリー」のレビュー

    • 5.0 笑える 切ない 元気が出る

      中盤までは人間が登場しないので、ほとんど台詞なし。
      中盤の人間登場から一気にテンポが増しておもしろさが増していった。
      男の子みたいなウォーリー、女の子みたいなイブ、やり取りがすごく可愛らしかった。
      ロボットだけど、人間の愛情や嬉しい、楽しい、恋しい、寂しい、悲しいってすごく大切な感情なんだなって伝わってくる。
      やっぱりみんな一人で生きていけないんだなって大切なことを教えてくれるような映画でした。

      2017/03/18 by よっしー

      「ウォーリー」のレビュー

    もっとみる

    ウォーリー
    ウォーリー

    映画 「ウォーリー」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画