こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

コラテラル

Collateral
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ , アクション
公開: 2004/10/30
製作国: アメリカ
配給: UIP

    コラテラル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 3.0

      感想川柳「恐怖より 愛の力が 上回る」

      TVでやってたので観てみました。_φ(゚Д゚ )

      彼は一晩で5人の標的を抹殺するため、たまたま乗ったタクシー運転手マックスを脅迫、彼のタクシーで夜のロサンゼルスを廻る。ビンセントの目的を知った運転手マックスは、なんとかビンセントの企てを阻止しようとするのだが…というお話。



      トム・クルーズが悪役という珍しい作品( ´・ω・)シ

      主人公はジェイミー・フォックス(´・(ェ)・`)
      でもどうしてもトム・クルーズ中心に見てしまう(笑)

      なんか理由があって殺してるんだろうとか
      最後はどんでん返しが…と勝手に補正してしてしまうんですよね( 。゚Д゚。)


      最初に出てきた女性が明らかに関わってくるだろうなと予想はつきますね(。-人-。)


      見所はビンセントのアクションより
      マックスがフェリックスと交渉するとこですかね( ゚A゚ )

      マックスは有能だけど人生に活かせてないのがもどかしい(‘ε ’)


      最後はどうなるかと思いましたが
      割とあっさりしてましたね(* ゚∀゚)



      脇役もめっちゃ豪華なんですよね( ・ω・)
      マーク・ラファロ、ハビエル・バルデム、ジェイソン・ステイサムってヤバいです(*゚Д゚*)

      最初ジェイソン・ステイサムは一瞬過ぎて見間違えかと思いましたもん(笑)(^o^;)

      んでまず( ´∀`)/~~
      >> 続きを読む

      2021/02/10 by Jinyuuto

      「コラテラル」のレビュー

    • 評価なし

      タクシー運転手のマックス(フォックス)はある晩、紳士風の男を乗せる。彼は多額の報酬と引き換えに一晩、タクシーの貸切を頼んでくる。

      2020/04/12 by Silencer

      「コラテラル」のレビュー

    • 3.0

      あのいもがよくここまでがんばった

      2019/05/02 by taku

      「コラテラル」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      トム・クルーズが凄腕の殺し屋。撃つ姿勢が安定していてホントに銃撃が上手そう。連射するのもリアルっぽい。胸に二発、額に一発で必ず絶命させる。カッコイイ~!主人公はタクシードライバーに友情を感じていたんだと思う。
      カバン捨てられても、車ひっくり返されても許しちゃう。「リムジンの手付金払えばどうだ。」と罵倒しながら本当は応援してる。ラストシーンが少し拍子抜け。
      >> 続きを読む

      2019/01/15 by seablue

      「コラテラル」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ クール

      コラテラルとは
      間違った時に、間違った場所に偶然居合わせてしまうこと=巻きぞえ(公式サイト)

      コラテラルってあんまり聞き慣れない言葉なので、辞書を引いてみました。

      Collateral is money or property which is used as guarantee that someone will repay a loan.
      (Collins Cobuild English Dictionary 2001)

      あれれ、意味が違うんじゃないかな。
      repayって返すでしょ。
      loanて住宅ローンのローンでしょ。
      garanteeって、gooの辞書で見ると、担保、保証とある。
      「Collateralとは、ローンを返そうとする時の担保として使われるお金とか財産のことである」
      つまり担保物件というような意味ではないかな。
      ここでgooでcollateralを引いてみると、やっぱり「担保物件」だった。
      ふーむ。

      でも、 その下に続けてcollateral damageというのがあって「付随的被害」とあるので、実はこれなのかな。
      試しに、Cobuildの辞書に戻ると、

      Collateral Damege is accidental injury to non-militaly people or damage to non-military building which occurs during a military operation.

      「Collateral Damageというのは、軍事行動において、たまたま誤って民間人にケガを負わせたり、非軍事用の建物に損傷を与えることをいう」という意味ですかね。

      例文として、こんな恐ろしげな文章が。

      To minimize collateral damage maximum precision in bombing was required.

      「爆撃の際の付随的被害を最小限に押しとどめるために、最大限の正確さが要求された」

      うーん。これは明らかに軍事用語だな。
      被害をうけた側からすると、巻き添えをくらうという意味になるんでしょうね。
      映画の中で一回だけ出てきたとき、そいういう字幕が出たと思います。

      でもなんとなく使われ方が違うなあ。辞書に書いてあるのは軍事用語ですが、映画の中での使われ方は、日常会話っぽかったように思います。

      もしかすると辞書にあるように、2001年頃はもっぱら軍事用語として使われていたんですが、こういうふうに記事の中で頻繁に使われてきた結果、日常用語化したのかもしれません。そしてcollateral damegeではなくて、collateralだけで巻き添えとかとばっちりとか言う意味を表すようになったのかも。そうだとしたらひどい話だなあ(ただし根拠はないですけどね)。
      とすると、トムクルーズの冷徹な殺し屋は、中近東における米軍の暴虐ぶりを暗示しているのかもしれないし、ジェイミー・フォックス演ずるお人好しの運転手は、戦争で巻き添えをくらっているイラクの一般市民を、ジェイダ・ビンケット=スミスは、それに心を痛めるアメリカの良心を指しているのかもしれない。そして運転手が心の平和のためにバックミラーの裏側にいつも置いて眺めているモルジブ島(だったかな)の写真はイスラムの聖地メッカを象徴するとともに、それを彼女に渡すという行為は、故なき被害を被っているイスラムの人々から病んだアメリカの心への橋渡しとして、来るべき将来の慰謝と和解を意味しているのではないか、そういうふうにして、この映画はブッシュのイラク政策を批判しているのだと深読みすることができるかもしれない……なんてことは120%ありえなくて、私がいま思いついた勝手なタワ事です。

      余計なことをダラダラ書いているのは、実はこの映画、知り合いと一緒に見に行ったのですが、知り合いが疲れていたせいでぐっすり眠ってしまって、連れてきたのが申し訳なくて、集中して見てませんでした。
      冒頭のジェイダ・ビンケット=スミスとジェイミー・フォックスの夜のタクシーの場面、落ち着いた優れた場面だったと思うんですが、疲れた人には静か過ぎたようです。
      >> 続きを読む

      2018/12/17 by Raven

      「コラテラル」のレビュー

    もっとみる

    コラテラル
    コラテラル

    映画 「コラテラル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画