こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

おくりびと

Departures
ジャンル: ドラマ
公開: 2008/09/13
製作国: 日本
配給: 松竹

    おくりびと の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全18件
    • 5.0 笑える 元気が出る

      はなちゃんのみそ汁に続き広末涼子の映画を鑑賞。たまたまですが。広末涼子やりますね。てゆーか、もっくん。この作品の映画化のために自ら尽力したようで、笑いあり涙ありの素敵な映画じゃないでしょうか。カッコイイのに、笑いも取れる。素晴らしいです本木さん。

      作法というか、丁寧に、形式を大切に、仕事をする姿は素敵でした。何をしているかより、本気で向き合い、極めようとしているか。そーゆーの大事ですよね、きっと!

      2017/10/26 by メッシイ

      「おくりびと」のレビュー

    • 5.0 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      チェロ奏者として上手くいかず田舎に帰り、そこでたまたま見つけた職業である納棺士となる主人公。仕事の魅力を徐々に知っていくが、周りからの偏見に合う。
      最終的には仕事を通して周りの偏見を解消し、昔愛人を作り消えた父親も送り出す綺麗なシナリオだった。
      >> 続きを読む

      2017/02/08 by Ryu-0929

      「おくりびと」のレビュー

    • 3.0 切ない

      死んだらどうでもいいんですよと死ぬ前には人間は思ったりもす。
      おやってね。

      2016/11/11 by アスハ

      「おくりびと」のレビュー

    • 2.0 切ない

      オーケストラの一員でチェロを担当するという何とも素敵な職業から納棺士へと転職した人の話。
      納棺士?
      そういう仕事があることを、私はこの映画で初めて知りました。
      そういう仕事もあるのね。
      いわゆる亡くなってしまった方を棺に納めるお仕事。
      ただボーンと棺に納めるわけでは無くて、その前に綺麗にしてあげたりするのも納棺士のお仕事。
      それだけだと何とも神聖なお仕事のように思えるけれども、実際はご遺体は色々な状態なわけだからかなりキツイお仕事・・・。
      でもね、この映画で思ったのは。
      実際に私がそういうことをお願いしなくちゃいけない場面になったら、多少お金が高くてもきちんとしたところにお願いしたい。
      だってご遺体を雑に扱われたくないじゃないですか。
      ご遺体にとっては最後にやってもらえることみたいな状況なのに、変な所に頼みたくないな。
      >> 続きを読む

      2016/03/05 by elfintown

      「おくりびと」のレビュー

    • 4.0 泣ける 切ない

      「おくりびと」納棺師という仕事を選んだ男の人生とは…。本木雅弘主演。

      レビューの続きはこちらへ↓

      http://youyou-bookmovie.blog.so-net.ne.jp/2016-01-02

      2016/01/29 by youmisa

      「おくりびと」のレビュー

    もっとみる

    おくりびと
    オクリビト

    映画 「おくりびと」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画