こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

グッバイガール

The Goodbye Girl
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス , コメディ
公開: 1978/10/28
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    グッバイガール の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 3.0

      大したアイディアはない。
      あの可愛らしい女の子がいなければ2点でも良い。

      2019/02/21 by taku

      「グッバイガール」のレビュー

    • 5.0 笑える 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      このハーバート・ロス監督の「グッバイガール」は、観終わった後、実に爽やかな気分にさせてくれる、"ニール・サイモン喜劇"の真骨頂を見せてくれる、そんな素敵な、素敵な映画なのです。

      チョッピリ哀しくて、チョッピリ甘くて、チョッピリおかしい----。そう、メチャクチャにおかしいのではなく、チョッピリおかしいところがいいんですねえ。

      ドタバタではなく、人情の機微をついたおかしさだから、大笑いではなく、クスッとくるおかしさなのです。

      だが、そのクスッは心の奥底に分け入ったものなので、"爽やかな余韻"といったものが残るのです。

      "人生はお芝居だ"と、なぜか役者ばっかり愛してしまう女。そして男は役者として成功すると同時に出ていってしまう。愛する事と傷つく事がいつもワンセット----。

      そんな気は強いが愛らしい女性ポーラを、マーシャ・メイスンが素敵に好演。それにリチャード・ドレイファスが演じるおかしな男を通して、時代の空気を生き生きと再現していて、実に見応えのあるウェルメイドな素晴らしいドラマになっていると思います。

      いつも男にグッバイされてばかりいる子連れの女性が、遂に逃げない恋人を獲得するまでのハッピーエンド・コメディ----。

      脚本のニール・サイモンは、気のいい女性の悲哀と売れない役者の軽妙なやりとりを、マーシャ・メイスンとリチャード・ドレイファスの出演を念頭に置いて書いたと言われるだけあって、彼らの名演を引き出す事に成功した、よく練り込まれた素晴らしい脚本だと唸らされます。

      そして、リチャード・ドレイファスが主演するシェークスピア劇の「リチャード三世」がゲイであったという新解釈や、演出家が極度のマザコンであったというような描写がありますが、それはニール・サイモンの当時流行っていた、"アングラ文化"への嫌味なのかも知れません。

      なお、この映画は1977年度の第50回アカデミー賞の最優秀主演男優賞(リチャード・ドレイファス)、同年のゴールデン・グローブ賞でコメディ/ミュージカル部門の最優秀作品賞・主演男優賞・主演女優賞(マーシャ・メイスン)、最優秀監督賞(ハーバート・ロス)・脚本賞、LA映画批評家協会賞の最優秀主演男優賞、1978年度の英国アカデミー賞の最優秀主演男優賞を、それぞれ受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/10/13 by dreamer

      「グッバイガール」のレビュー

    グッバイガール
    グッバイガール

    映画 「グッバイガール」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画