こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

NANA

ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2005/09/03
製作国: 日本
配給: 東宝

    NANA の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全9件
    • 4.0 泣ける 切ない 元気が出る

      日本製のロック映画といえば、これはもう薄っぺらなものしかにしかならないだろうということは、見る前から想像がつく(石井聰互の「爆裂都市」という例外はあるけれども)。

      加えてマンガ作品の映画化ということになれば、アニメ以外では、底の浅いものしかで期待できないというのは常識といっていい(「ピンポン」という例外はありますが)。

      NANAはこの2つに挑戦するわけで、そのハードルは非常に高い。
      映画として評価に値するものとするためには、監督によほどの力量が必要だろう。

      結論から言うと、この映画ではその点では及第点だと思う。
      見に行って損はない映画です。

      2つのクライマックス(ファミレスの外で2人で待っている場面から始まり、ショッキングな出来事に遭遇して歩いて帰り、そっと添い寝をするまでのシーン、また、ラスト近くのトラネスのコンサート最前列のシ-ン)には思わず泣きそうになりました。
      見終わった後の印象も清々しい。

      たしかに最初は、登場人物がカッコばかりつけて、セリフも棒読みで、どうなることかと思いました。

      バンドの代表曲となる曲をテープで初めて聴いて、「今夜は眠れない夜にしてやる」と携帯相手のバンドリーダーに宣言して机の上で歌い始めるシーンなんかは、原作では背筋がゾクゾクするほどカッコいい場面なんだろうと思うけど、映画では現実離れした学芸会風の芝居になってしまって、観ているこっちが恥ずかしい(その意味ではたしかに背筋がゾクゾクしましたが)。

      歌に合わせてバンドのギタリストが演奏を始めるけど、アレレ、それってどっから音が出てるんだろう、アンプあったっけとか、あの大音響で演奏したら即刻周囲から苦情が来るんじゃないだろうかとか、ツッコミどころ満載です(あ、エレベーターなしの7階なのでほとんど人住んでいないのかも。周囲に他の建物もなさそうだったし。でも、そこらへんのことをもうちょっと説明しておいてくれればいいのに。余計な心配をしてしまう)。

      話が進むにつれて、登場人物のボクトツな演技に馴れてきたせいか、物語の持っている魅力のせいか、映画に引き込まれ、それは気にならなくなってきます。

      大きいのは、もう一人のナナの存在で、彼女のナレーションで物語を進めていくという、バンド以外の視点を保つことによって、物語に客観性というか、奥行きとバランスが生まれてきていると思う。

      彼女がいなくて、単なるロックバンドの物語だけだったら、鼻持ちならない独善マイナー映画にしかならなかったと思う。そういう映画ってよくありますよね。

      ここらへんは映画の演出の優れている点だろうけども、原作の構成そのものがとても良くできているんでしょうね。

      ただし、この映画で決定的に欠けているものがある。
      それは音楽の量だと思う。

      ボクシング映画でファイトシーンがお粗末だったり、野球映画でプレーがヘタクソだったりすると非常にシラケルものだけど、それ以前の話として、試合の場面がほとんどないボクシング映画や野球映画とかいうのはありえないだろう。

      この映画の実質的な主人公はボーカルのナナで、彼女の愛の喪失と獲得とがこの映画の重要なテーマになっているけれども、彼女がその真価を発揮するはずの歌の場面や、彼女の属するロックバンド・ブラストの演奏場面が非常に少ない。

      というか、ブラストは実力あるバンドとして、これからどんどんノシていくんだろうけど、持ち歌が一曲しかないというのはいったいどうしたことなんだ。

      かれらが演奏するのは、冒頭の北海道のライブハウスのシーン(それもほんのちょっとだけ)と、横浜進出の場面で、ここでは1曲フルに歌うけれども、その2箇所しかないのは淋しすぎる。

      横浜のコンサートの場面にしても、1曲で会場総立ちになってしまったりして、この曲がそれだけスゴイ曲なんだと言いたいのかも知れないけれども、観ているこっちとしては、たぶん他の曲を作るのが面倒なので、映画のタイトル曲でもあるこの曲ですべて済ませてしまおうという魂胆ミエミエだなあとしか受け取れない。

      バンドに新たなベーシストを迎える際でも、ボロロンと弾いただけでスゴいベーシストだ、なんていっているけれども、こういうところはこの種の映画の見せ場の一つのはず。どれだけスゴイか、実際に見せるのが常道。

      それを観て、観客はオオッと単純にビックリする、そういうのがお決まりのパターンのはずなんだけどなあ。本人が実際に弾いてみせなくても、合成でもなんでもいいから映像で実際に見せてくれればいいのに。
      このへんで手抜きされるとがっかりしまう。

      野球映画で言えば、山なりのボールを見せておいて、160キロが出た、キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!といって騒いでいるみたいなもので、こういうところをきちんとやらない映画は、観客を甘くみているとしか思えない。

      ボーカルのナナに較べると、もう一人のナナが働いている場面のほうがよっぽど多くて、彼女の彼氏のバイトの場面とか、そういうところはきちんとリアリティあるんだけど。

      つまりロックバンドを正面から描いているところがあんまりないわけです。  
      結局ボーカルのナナで一番印象に残っているのが、2度の入浴シーンというのでは、映画としてはマズイだろう。

      曲数の少なさについては、トップグループであるトラネスの見事な舞台でちょっとは満足させてくれる。
      この場面では、歌と音楽そのものの力によって、観る者を感動させ、物語を説得的に進めることに成功している。
      日本の映画の中でこういうことに成功している場面は初めてみました。これはスゴイことだと思う。

      それでもやはり音楽が少なすぎると思うのは、実際に音楽が演奏されているシーンの時間的な少なさだけではなくて、全編に音楽が充ち満ちている、そういう感じがちっともしないことにもよる。

      音楽が重要な役割を持つ映画であるにもかかわらず、じつにもったいない話だ。
      たとえば「Beck」が映画化しようと思っても、この程度の音楽量だったら絶対に成り立たないだろう。

      ついでにいうなら、実際に使われている曲も、なんだかおとなしめのメロディアスな曲ばかりなので、トラネスやブラストの人たちって、格好は凄いけど、パンク系というよりもアイドルロック系を目指してるのかなと思ってしまう。原作の設定ってほんとにそうなのかなあ。

      しかし、まあ、みんなタバコ吸い過ぎだな。
      登場人物がこんなにタバコを吸う映画というのは、キアヌ・リーブスが肺ガン末期の主人公を演じた「コンスタンティン」以来だ。

      ロックする人=不良=タバコ吸う人という強いイメージでもあるのか、バンド関係の人物にはとことんタバコ吸わせてますね、この監督。吸わないベースのシンが逆に目立つぐらい。でも、それってかなり古くさいイメージではなかろうか。

      それに吸っている格好があんまり板についてないんですね。
      ことに主人公のナナは、いかにもとってつけたようでカッコ悪い。
      こんなに似合わないなら、最初から吸わない設定にしたほうがよかったと思う。

      最後の麻雀の場面も、室内であんなにタバコを吸ってたら、空気が紫色になって息もできないだろうに。仕事から帰ってきたもう一人のナナが、思わず鞄を落とし涙ぐんでしまうのは、ご褒美のせいというよりも、きっと室内の濛々とした煙でやられたのと、自分の可愛らしい部屋もヤニで汚れて黄色くなってしまうと思って悲嘆に暮れてたからに違いない。

      ラストシーンの白い窓と机は、だから、あんまり似合わないですね。むしろ机にタバコの焦げ痕がついていたりしたほうが、サマになっていたかもしれません。

      トラネスのギタリストが松田龍平だったとは、映画が見おわったあともしばらく気がつかなかった。
      なんだか顔がでかくなったような気が…
      元ロッカーズの陣内みたいになるのかなあ…

      それにしてもこの映画、中1の娘が学校で評判なので見に行きたいというので連れて行ったけど、あんまり親子連れで見に行く映画じゃなかったなあ。

      続編ができたら、こっそり一人で見に行こうと思います。
      >> 続きを読む

      2018/12/24 by Raven

      「NANA」のレビュー

    • 3.0 切ない クール

      熱狂的な支持を集める矢沢あいの同名コミックの映画化。
      僕はアニメ化よりは意義があったと思う。

      オッサンですが原作コミック読みましたモン。
      何巻かまで読んで、だんだん展開が飽きてきて読むのやめたんですが、映画を見たところ、楽しく読んでいけた巻数のうちの映画化でした。
      驚くくらい原作に忠実で、2時間の映画としての起承転結を無視した作りの物になってましたね。原作ファンに媚びた結果なんでしょう。
      そんなわけで原作ファンにも賛否両論あるらしいけれど僕としては、良かったのはキャスティング。
      当初、土屋アンナを予定していたとのことですが、見てしまうと中島美嘉しかありえないですね。
      2は小松奈々役が交代とのことですが、1で宮崎あおいの声がモノローグを語ってたのに違和感ありそう。

      中島美嘉の「GLAMOROUS SKY」は「~眠れないよ~」の歌詞でかすれるシャウトに痺れます♪
      >> 続きを読む

      2018/08/04 by motti

      「NANA」のレビュー

    • 3.0 切ない

      2005年/日本映画
      劇場鑑賞

      2017/11/09 by Chappy

      「NANA」のレビュー

    • 3.0

      クリスマスにメキシコとウクライナの友人と鑑賞。

      2017/05/21 by TX-01

      「NANA」のレビュー

    • 4.0

      意外と面白かったがところどころ演技は下手だ

      2015/10/25 by kaiteru

      「NANA」のレビュー

    もっとみる

    NANA
    ナナ

    映画 「NANA」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画