こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブレイド

Blade
ジャンル: ホラー , SF , アクション
公開: 1999/05/22
製作国: アメリカ
配給: 日本ヘラルド

    ブレイド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全15件
    • 4.0

      ヴァンパイアハンター。
      刀を使うアクションがカッコいい。
      ストーリーもわかりやすくて、あっという間。
      何も考えず、楽しめる。おもしろかったです。

      2019/08/25 by よっしー

      「ブレイド」のレビュー

    • 3.0

      この1ががいちばんよい。
      刀使うのがいいね
      。かっちょいい。

      2018/09/08 by THE沙鳩

      「ブレイド」のレビュー

    • 3.0 クール

      昔見た映画の見直し、バンパイヤハンターもののド定番。オーソドックスでわかりやすい内容だけど、キャラが立っていて、普通に見てて楽しい。

      脳味噌空っぽの方が夢詰め込める。


      引っ越し第一弾がこの映画とは。

      2018/08/27 by フカミ

      「ブレイド」のレビュー

    • 3.0

      カタナ!!

      2018/07/08 by motti

      「ブレイド」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「ブレイド」は、人間とヴァンパイアのハーフとして生まれたダーク・ヒーローが活躍する、アメリカの人気コミックを映画化したスタイリッシュなホラー・アクションだ。

      母親が臨月の時にヴァンパイアに襲われたため、その血をひくことになったブレイド(ウェズリー・スナイプス)は、逆にヴァンパイア・ハンターとして人間たちを救っていたのだ。

      そんな彼の前に、世界征服を企む若きヴァンパイア、フロスト(スティーヴン・ドーフ)が出現。古代の予言書を解読し、12人のヴァンパイアを生贄にして、全能の力を得ようとするフロストと、ブレイドの壮絶な闘いが始まるのだった----。

      話としては陳腐なストーリーを、これ程、魅力的な映画に出来るとは、ある意味、驚きだ。脚本と演出がいいと、面白い映画になるという典型的な例だと思う。

      SFXマン出身のスティーヴ・ノリントン監督が、得意のCGを駆使して、スピード感あふれるスタイリッシュな映像で、コミックの世界をビジュアル化してくれる。

      そして、日本刀やマシンガンを武器にして暴れ回る、過激なアクションもこの映画の大きな見どころの一つだ。

      ブレイドの仕事はヴァンパイア退治で、ウィスラー(クリス・クリストファーソン)という武器を作ってくれる相棒がいて、更に紅一点で加わるのが、血液が専門の医者のカレン(エヌ・ブッシュ・ライト)だ。

      これらの脇役たちの活躍ぶりもなかなか魅力的なのだ。なぜかというと、ブレイドは無敵のヒーローではないからなのだ。ハーフとはいえ、血がないと生きていけないブレイドのために、血清を注射したり、窮地に陥ったブレイドを救出したりと、目覚ましい活躍をするのだ。

      ただ、弱点があるとはいえ、ブレイドの闘いぶりは、とにかく凄いのひと言に尽きる。香港映画風のクンフーアクションではなく、我が日本のチャンバラ・アクションというのも、実に好感が持てる。恐らく、製作スタッフが日本びいきなのかも知れない。

      ブレイドはまるで忍者のように背中に剣を持って、その剣は日本刀そのものだ。銃ももちろん使うのだが、メインとなるのは、彼の背中から抜き放つ剣、華麗にダイナミックに舞うような殺陣なのだ。もうチャンバラ映画好きにはたまりません。

      そして、ラストの悪玉フロストとの闘いで、彼をやっつけるシーンは、最高にグロテスクでアクの強さもあり、なかなかの迫力だったと思う。
      >> 続きを読む

      2017/02/26 by dreamer

      「ブレイド」のレビュー

    もっとみる

    ブレイド
    ブレイド

    映画 「ブレイド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画