こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ハンニバル

Hannibal
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ホラー
公開: 2001/04/07
製作国: アメリカ
配給: ギャガ=ヒューマックス

    ハンニバル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全19件
    • 5.0

      1作目のビルのダンスに続き、脳食われたひとの真似もできる

      2021/09/17 by のすけ

      「ハンニバル」のレビュー

    • 評価なし

      第2作。バッファロー・ビル事件から10年、行方をくらましイタリアに潜伏中のレクター博士(ホプキンス)は、名前を変え優雅な生活を満喫していたが、彼の元患者で恨みを抱く大富豪が、博士への報復を狙っていた。

      2021/06/04 by Silencer

      「ハンニバル」のレビュー

    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
       サスペンスホラー史に残る名作の続編。
       前作から10年後。クラリスの麻薬捜査での失態したことで動き出すストーリー。再びレクター博士を追うことになるクラリス→レクター博士をフィレンツェで見つけ捕まえんとするパッツィ刑事→メイスンにさらに追い込まれるクラリスとそれを助けに向かうレクター博士、という構成で、前作同様濃密な内容。サスペンス感は前作よりも薄いものの、特にレクター博士の独擅場でといった感じでレクター博士のファンなら楽しめる内容。(方向性にちょっと不満が出るかもしれないけれど)
       ただ映画全体を通して、クラリスがFBI上層部やメイスンに翻弄されている印象が強く、また前作から10年後と言う事で捜査官として立派に成長している分、魅力の一つだった未熟さは完全に失われてしまっているのも寂しい。クラリスとレクター博士の奇妙な関係は、クラリスが心を開いてこそのものなのだと改めて感じられた。
       見所はやはりレクター博士。紳士的なのは相変わらず、また前作とは違った形で教養や知的さも見られて〇。クラリスとの交流も実に感慨深いもので、博士のクラリスへの愛情(でいいんだよね)?も感じられる。けれど、確かにレクター博士は魅力的なのだけれど、人物単体でのホラーさでいうと前作ほどではないのは残念。グロいシーンも前作よりも質も数も強化されているけれど、一番衝撃的なのは早々に移されるメイスンのご尊顔かもしれない。カットされがちなあのシーンは、個人的にはグロというよりも狂気を感じる方が強かったかな。
       他にも気になるところはあったけど、個人的には見てよかった作品。
      >> 続きを読む

      2019/12/31 by 僕川獺

      「ハンニバル」のレビュー

    • 3.0

      こわいけど、引き込まれてしまう。

      殺人鬼がなんであんなに美しいのさ。

      2019/03/18 by mapuu

      「ハンニバル」のレビュー

    • 3.0 クール

      前作を見ずに見たので、最初はよくわからなかった。しかし、見ていけばアクション、グロい、キチガイの三拍子がそろった狂気作。最初の皮剥ぎ自慰プレイに始まり、ユダ様ゴッコ、猪ご飯、キチガイの晩餐、最後の純粋少年脳みそソテーとまさにグロのオンパレード。ハンニバル氏のキチガイぶりに脱帽

      2018/09/20 by 無月斎

      「ハンニバル」のレビュー

    もっとみる

    ハンニバル
    ハンニバル

    映画 「ハンニバル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画