こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ユー・ガット・メール

You've Got Mail
ジャンル: ドラマ , ラブロマンス
公開: 1999/02/11
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    ユー・ガット・メール の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 4.0 元気が出る

      面白い。

      2018/01/29 by taku

      「ユー・ガット・メール」のレビュー

    • 4.0

      なんだか懐かしい感じのパソコン
      メールのやり取りからの出会い
      顔も名前も知らない相手
      だからこそ素直になんでも話せる
      良き相談相手となる
      時には恋もしてしまう
      メグ・ライアン演じるキャスリーンは可愛らしい
      キャスリーンは街角の書店屋さん
      児童書を売るお店のオーナーだが近くに大型のブックストアができることとなる
      そこのオーナーはフォックス一族
      ジョーはある日、決してスパイや偵察ではなく、キャスリーンが経営する書店屋さんへ行くこととなった
      一目惚れしたかのようなジョーの反応
      しかし、この書店屋さんはライバルであり潰れるであろうお店
      この時点ではまだ2人は実は知り合っていることに気づいていない
      相変わらずメールのやり取りは続いているものの、お互いに恋人はいるしメールのやり取りのみ
      ある日ジョーからの会う?の誘いに乗ることに
      しかし、指定された場所に現れない
      でも現れなかったのではなく、ジョーはわかってしまったのだ
      キャスリーンがメールのやり取りの相手だったことが
      この辺りまでは割と楽しく見てました
      でもラストへの展開が…
      お店まで潰された相手に、例えメールのやり取りだった相手で、好意をもっていたとしても、あんなにアッサリと笑って終わらせられるかな⁈
      それに、ジョーが気付いた後の自分を好きになってもらう為のあの行動
      知ってしまうとなかなか腹立つこともあると思うんだけど
      >> 続きを読む

      2017/12/26 by tomi

      「ユー・ガット・メール」のレビュー

    • 4.0 元気が出る

      1998年/アメリカ映画
      DVD鑑賞

      2017/11/18 by Chappy

      「ユー・ガット・メール」のレビュー

    • 4.0

      時代に左右されない感情の機微と、それ以上にシナリオが素晴らしい。キャストそれぞれのキャラクターなども全てを引き立てているが、最後のクライマックスに向けてゆったりと自然な流れで向かう心地よさがある。記憶に残る素晴らしい映画でした。

      2017/05/26 by kubojun

      「ユー・ガット・メール」のレビュー

    • 評価なし

      スゴク、幼稚な映画だった♪ 脚本家はド素人ではと思うくらい構成がイマイチ、カメラの回し方、ダサい☆/メールのやり取りを楽しみに観たが、ちょこっとしかナイ、実際に二人で会って喋る会話は、取るに足らず、シラケた。★この映画が好きな人っているのだろうか…。トムハンクスの台詞に、ビビット来る頭の良さを全く感じない。褒めれる点は、ただ、メグの笑顔がチャーミング。だけど、★トムハンクスのブサ顔の方がインパクトが強くて、トムが脳裏に残ってて困る。クリスマスだから、ロマンチックになりたかったんだけど、時間の無駄だった。 >> 続きを読む

      2016/12/15 by ふみえ

      「ユー・ガット・メール」のレビュー

    • >クリスマスだから、ロマンチックになりたかったんだけど、

      そんなときはジュードロウの「ホリデイ」なんかいかがでしょうか? >> 続きを読む

      2016/12/15 by メッシイ

    • 過去に観ました。メッシイさん、ありがとうです。

      2016/12/17 by ふみえ

    もっとみる

    ユー・ガット・メール
    ユーガットメイル

    映画 「ユー・ガット・メール」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画