こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船

THE THREE MUSKETEERS
ジャンル: アクション , アドベンチャー
公開: 2011/10/28
製作国: アメリカ , イギリス , ドイツ , フランス
配給: ギャガ=テレビ朝日

    三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 3.0 ハラハラ

      2011年/アメリカ・ドイツ・フランス・イギリス映画
      DVD鑑賞

      2017/11/11 by Chappy

      「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のレビュー

    • 2.0

      もう何度目の映画化か分からない三銃士だが、古典を今の時代に作るのだから何か新味が必要なのは明らか。
      その意味で副題にある飛行船が鍵になる。

      ダルタニアンと三銃士の出会いなど、物語的にはなぞっている場面が多々ある。
      リシュリュー枢機卿が道化役になったり、バッキンガム公爵も大分動く。

      ただ飛行船の戦いとなると一番思うのは、パイカリを意識しているのではないかという構図。

      ミラは悪女の設定だが、一人だけ別世界の人間じゃないかと思うほどやたらゴージャスに撮られている。
      だが悲しいかな。こういう悪女は彼女には似合わない。

      そして気付く。対する敵たちを有名スターでキャスティングして、三銃士の配役には金を回せなかったと(笑)
      続編も作る気なのだろうが、ヒットしなかったので恐らく無理だろう。
      >> 続きを読む

      2017/05/01 by オーウェン

      「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ 元気が出る

      アクション映画はこうあるべき。
      娯楽要素がこれでもかと詰まった作品でした。
      時代を完全に無視した乗り物や仕掛け、
      漫画チックで分かりやすいキャラクター。
      ダルタニアンのバカがつくほどの熱血っぷりも
      良かったけど、一番目立ってたのは
      ミラ・ジョボビッチが演じるミレディ。
      峰不二子を思わせる悪女っぷりで
      主人公を食いかねない大活躍でした。
      いくら監督の嫁だからってなあ……。
      面白かったからいいけど。
      続編を思わせるラストだったので
      是非『2』が見たいです。
      >> 続きを読む

      2017/02/05 by UNI

      「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のレビュー

    • 4.0

      マッツ目当ての視聴。
      まずミラ・ジョヴォヴィッチのイメージが未だにバイオハザードから拭えない自分にとって凄く新鮮なキャラだった。
      そして贔屓目になるのだけど、ロシュフォールが完璧すぎて正直受付け無かった「三銃士」に夢中に。悪者だけど、なんだか憎めない真っ直ぐさのあるキャラで凄く好感が持てる。
      ビジュアル面、衣装や小道具等も素敵で楽しめた。

      2016/07/25 by Kelly

      「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のレビュー

    • 4.0

      コンスタンス綺麗だわ〜( ´ ▽ ` )ダルタニアンとくっついてくれて嬉しいっ‼
      王様の衣装チェンジ見てて楽しいね。バッキンガム公爵=オーランドが一番かっこいい〜( ^ω^ )三銃士の話も気になってたけど、オーランドが観たくて借りたんだよね。続きがありそう‼ ​

      2016/07/13 by hisanocchi

      「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」のレビュー

    もっとみる

    三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船
    サンジュウシオウヒノクビカザリトダビンチノヒコウセン

    映画 「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック