こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女

The Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and the Wardrobe
ジャンル: 外国映画 , SF , ファンタジー , アドベンチャー
公開: 2006/03/04
製作国: アメリカ
配給: ブエナ ビスタ

    ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全12件
    • 4.0 ハラハラ クール

      キリスト教児童文学として有名な「ナルニア国物語」の映画化第一弾。作者のC.S.ルイスは英国の神学者。
      男の子を「アダムの息子」、女の子を「イブの娘」と呼んでいるあたりにキリスト教色の一端がうかがえますが、宗教色はそれほど強いわけではない。
      アスランがイエス・キリストを現していることも、ひょっとしたらこの作品からは伝わらないかもしれない。原作でも、かなり読み進んでから、ああそうなのかと気がついたぐらいだから。
      でもサンタクロースがあそこで登場するのは、やっぱりキリスト教の聖者のひとりであるからで、そうでなかったら、かなり場違いに思えたかもしれません。

      白い魔女役のティルダ・スウィントンは、キアヌ・リーブス主演の「コンスタンティン」(今になってみるとマトリックスよりもこちらの方が印象が深い。かなりカルトな好映画だ)で天使ガブリエル役をやっていた人ですね。美しいけど人間ばなれしたところのある容貌なので、この役柄にぴったり。

      かわいそうなのは四人兄弟の三番目のエドマンド君で、戦争のために田舎に疎開中なんだからろくな食べ物を食べていないはずです(イギリスだからなおさら)。そんな子供が通りがかったゴージャスで気前の良さそうなオバサンから素敵なお菓子をもらったからといって誰が非難できるだろう。食べるついでに自分には直接関係ないし、よく分かってもいない事情について聞かれるまま適当にしゃべったからといって、彼を責めることができるだろうか。

      ところがそのことによって引き起こされる事態は目もあてられないほど深刻なもので、妹の知り合いは彼の目の前で石像にされるわ(あの苦悶の表情!)、縛られて野原を引きずり回されるわ、みんなの目の前で裏切り者呼ばわりされるわ、身替わりとなった人物を死に至らしめるわで、普通の子供だったらまず間違いなくPTSD(心的外傷後ストレス障害)になるくらいのダメージを受けるはずだけど、エドマンド君は幸いそれくらいではへこたれずに、最後は戦士となって一軍を率いて戦うのだからイギリスの子供はたくましいというか鈍感というか。

      キリスト教道徳に基づいて、子供たちに向かって「貪欲」さを戒めるためにこのようなストーリーにしたのだと思われるけれども、エドマンドの犯した罪に対して、罰がいくらなんでも重すぎる。子供がお菓子をこっそり食べたら、その貪欲さの故にイエス様は亡くなられたんだ、イエス様という方はそういうふうにわれわれの罪を背負って、罪なくして亡くなられた方なんだ、そういう教えがこの背景にあるわけですが、キリスト教の教義としてはそうだとしても、こうやってあからさまに見せられると、そりゃあんまりじゃないかと思ってしまいます。こういう例え話でむやみに子供達をおびえさせて躾をしようとしていた昔のヨーロッパの家庭教育なんかが想像されてくる。

      原作は子供向けの本(岩波書店によれば小学生4、5年以上対象)なので、本で読んでいるときには全然気にならないのですが(おとぎ話ですからね)、実写版でこれをやられると、さすがに違和感があります。クリスチャンであるなしに関わらず、あんまりだと思うのではないでしょうか。大人が見ても無理のない映画にするためには、もう少し物語のバランスを取る必要があると思います。

      映画の最後に成長した四人の王と王女が馬に乗って森の中を走ってくる場面があります。例の街灯に出くわし、ここはなんだか見覚えのある場所だといって、馬から降りてきて、そしてエンディングに至るのですが、ここは見事なシーンだと思います。

      ナルニア国で長い時を過ごす間、こちら側の世界の彼等はどうなってしまうのだろうという心配に見事に答えてくれます。そして戻ってくる彼等を見てなぜだかちょっと胸が痛くなってくるのは、王や女王となって長い間国を統治するという物語よりも、もういちど子供時代に戻ることができることの方がもっと痛切な夢であることを観客に思い起こさせるからだと思います。それをこの映画が大人向けに発している数少ない痛切なメッセージとして受け取ってしまうのは、過ぎ去った年月を惜しみはじめた者の単なる感傷なのかもしれません。
      >> 続きを読む

      2018/12/25 by Raven

      「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」のレビュー

    • 3.0 ハラハラ

      当時、ファンタジー映画のブームの火付け役ロード・オブ・ザ・リングのヒットで鳴り物入りで公開された感がありました。アチラのほうが完成度が上でしたね。ナルニアは子供むきなんだよね。

      末っ子のルーシー役のジョージー・ヘンリーちゃんがかわいいですよ

      2018/08/03 by motti

      「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」のレビュー

    • 3.0

       戦乱を避け田舎に疎開したペベンシー家の4人きょうだいは、疎開先の古い屋敷の空き部屋にあった衣装ダンスから別世界の国・ナルニアに引き込まれる。そこは魔法が生き、けものたちがしゃべり、神話的生き物や妖精の住む世界であった。子供たちは不思議なライオン、アスランに導かれてナルニアを支配する白い魔女から住人たちを解放しようと奮闘する。

       ヘルニア発症記念、地獄のナルニア国物語シリーズ鑑賞、略してヘルニア鑑賞5作品目。BBC製作のドラマ版からは一変、潤沢な予算とCG技術によりほとんど別物となっている。
       ややCG臭さが気になるが、BBCの着ぐるみのもっさり感から離れ、物語全体がダイナミック且つファンタジックな印象が強くなる。2001年から2003年まで公開されたロード・オブ・ザ・リングを髣髴とさせる合戦シーンなどはその最たる例だろう。テレビシリーズのアニメーションを組み合わせた表現技法も興味深かったものの、世界観を描き出すうえでCGと相性の良い原作だということが比べてみると分かる。
       また、脚本部分もかなりの改善がみられており、ルーシーとタムナスの再開シーンや魔女に挑むエドマンドなどは非常に抒情的に描けている。
       ただし、カット割りが下手。画面の切れ目が多すぎてスピード感が無い。ただでさえ大振りで見応えの薄いアクションシーンが余計に没入しにくくなっている。
      >> 続きを読む

      2018/05/13 by answer42

      「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      おもしろかったー。アスランかっこよくて目とかめちゃくちゃ感情がよくでてた。

      2018/03/24 by acha

      「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」のレビュー

    • 3.0

      動物たちのフサフサ感がたまらなかった(笑)
      ストーリーはさくさく進みすぎてあまり面白くはなかったけれどイケメンなピーターが戦う姿がかっこよかったです。

      2017/05/19 by まるの

      「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」のレビュー

    もっとみる

    ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
    ナルニアコクモノガタリダイイッショウライオントマジョ

    映画 「ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック