こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

プラトーン

Platoon
ジャンル: ドラマ , アクション , 戦争
公開: 1987/04/29
製作国: アメリカ
配給: ワーナー・ブラザース映画

    プラトーン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全16件
    • 3.0

      やたら話題だった。でも違う気がした。ハンバーガーヒルの方が戦争を知らない世代には響いた。

      2019/06/23 by tokkun1002

      「プラトーン」のレビュー

    • 4.0

      アメリカって国を一人の人間だとするならば、これほどの多重人格者はほかに存在しない。彼、あるいは彼女は、絶対に結婚できないだろう。付き合ってらんないよ。遠くから、自分に害が及ばないくらい遠くから眺めるのならば、それは面白いけど。

      2018/09/24 by taku

      「プラトーン」のレビュー

    • ウィレム・デフォー、カッコ良かったですね♪

      2018/09/25 by ice

    • 4.0

      レンタル・配信)@ツタヤレンタル 2018/7 7本目(2018年通算68本目の鑑賞。)ベトナム戦争を舞台とした「戦争の過酷さ」を描いた作品。目の前で平気で人が死んでいく点や、戦わないと自分が死ぬという状況は良識がある人でも狂わせるという現実。作品を通じてまざまざと思い知らされた。俳優陣もトム・ベレンジャー、チャーリー・シーンの他に、フォレスト・ウィテカーやジョニー・デップらも出演しているのは驚いた。力作といってもいいと思う。感想はこんなところです。

      2018/07/21 by おにけん

      「プラトーン」のレビュー

    • 4.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      戦争で傷つくのは、いつも青春

      期待度★★★★★

      1兵士のリアルな視点から描いた戦争映画
      「誰と戦ってるのか分からない」というセリフがぐっと来た
      子供の頃1回見て内容は分からなかったがエリアスが両手を上げて死ぬシーンだけは覚えていた
      >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「プラトーン」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ クール

      鮮烈な映像と美しい音楽で戦争の狂気、虚しさ、やるせなさを物語る。
      良心をもったものが生き残るとは限らない残酷な世界であり、DVDなどのパッケージにもなっている、彼が手を天に掲げながら息絶える有名なシーンはそれを象徴しています。
      チャーリー・シーンの表情が実に綺麗で、男性の私でもうっとりしました。


      2018年9月22日に午前十時の映画祭で見直しました。劇場で見るのは初めてです。

      「僕はエリアスとバーンズの間の子かもしれない」という台詞は、エリアスが善、バーンズが悪を象徴しています。村人の足元に銃を乱射した挙げ句泣き出したのはその間で激しく揺さぶられたからではないでしょうか。そして上記にもあげた有名なシーンは、戦争によって善なるものが破壊されるやるせなさをもまた示していると思います。

      この映画は若い頃に見るべきだと思います。青春時代を戦争のために消費するテイラーの姿に、今の平和のありがたみを噛みしめる必要があると思います。楽しいシーンは一つもありませんが、これは「良薬口に苦し」という作品です。
      >> 続きを読む

      2018/02/14 by JSP

      「プラトーン」のレビュー

    もっとみる

    プラトーン
    プラトーン

    映画 「プラトーン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画