こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

アバウト・ア・ボーイ

About a Boy
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 2002/09/14
製作国: アメリカ
配給: UIP

    アバウト・ア・ボーイ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全13件
    • 3.0

      亡父の遺産で生活してる38歳の独身貴族のプレイボーイとシングルマザーの母と生活する変わり者の少年との交流を描いた作品。お互いがお互いに影響を受けて変わっていく。やっぱり人は一人では生きていけないね。

      2018/09/09 by kinako

      「アバウト・ア・ボーイ」のレビュー

    • 3.0 切ない 元気が出る

      ヒュー・グラントの暮しぶりは逆にムカつくが大人になりきれない男と、周囲に溶け込めない少年の二人の物語はいい感じ。映画の雰囲気がいい。コーヒー飲みたくなるw

      2018/09/03 by motti

      「アバウト・ア・ボーイ」のレビュー

    • 2.0 笑える

      ヒュー・グラント演じる独身貴族のところに、突如彼の子供だと名乗る少年が現れてのドタバタ、そして最後は絆を築くという感動的ストーリーじゃないかと勝手に想像していた。
      でも、実際はそのイメージとは随分なズレがあった。まず、ヒュー・グラントがいくらなんでも軽薄過ぎる。親の遺産で暮らし仕事をしない、後腐れない関係を持とうとシングルマザーと付き合おうとする等々、そのとんでもないダメ男の設定に感情移入する余地がない。全体的にちょっと合わなかったかな。
      この少年は、ニコラス・ホルトだったんだあ。当然だけど、今は随分成長したなぁ。 >> 続きを読む

      2017/03/11 by 123

      「アバウト・ア・ボーイ」のレビュー

    • 5.0 笑える 切ない 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "人と人が接する時に感じる内心の不安や自分の弱い部分を見透かされないだろうかという不安を、等身大の人間の姿で描いたライト・コメディの傑作 「アバウト・ア・ボーイ」"

      この映画「アバウト・ア・ボーイ」の主人公の38歳の独身男ウィル(ヒュー・グラント)は、亡くなった父親が一発ヒットさせたクリスマス・ソングの印税で優雅に暮らすリッチな身分。一度も働いた事がなく、TVのクイズ番組とネット・サーフインで暇をつぶし、適当に付き合える相手と恋愛を楽しむ、悠々自適の日々を送っています。

      ところが、情緒不安定な母親と暮らすマーカス少年(ニコラス・ホルト)との出会いが、彼の生活をかき乱していく----という、非常に興味深い設定でのドラマが展開していきます。

      まさに現代ならではのテーマをうまく消化して、ユーモラスで、なおかつ、ハートウォーミングにまとめ上げた脚本が本当にうまいなと唸らされます。

      30代後半の独身男の本音と12歳の少年の本音を、それぞれ一人称で描きながら、それを巧みに交錯させていくという構成になっていて、それが、二人の男性、ウィルとマーカスがいかにして心を通わせていくのかが、このドラマに説得力を持たせる上で重要になってくるのです。そして、これが実にうまくいっているから感心してしまいます。

      表面を取り繕う事に長けたウィルは、今時の小学生が歓迎すると思われる、クールなスタイルを本能的に知っています。マーカスはそんなウィルを慕っていきますが、それだけではなく、ウィルの人間的に未熟な部分が、結果として二人の年齢差を埋める事に繋がり、マーカスはウィルを自分の友達の延長戦上の存在として見る事が出来るようになるのです。

      マーカスは彼の持つ性格的な強引さの甲斐もあって、ウィルという良き兄貴を得る事が出来、一方のウィルは、自分だけの時間にズケズケと土足で踏み込んで来たマーカスを、最初こそ煙たがっていましたが、彼と深く接していく中で、次第に"自分の人生に欠けていたもの"に気付かされていくのです。

      この映画は、そんな二人の交流の進展に歩を合わせるように、"人間同士の絆や家族"といったテーマを浮き彫りにしていくのです。

      日本でも最近は、"シングルライフ"というものが、新しいライフスタイルでもあるかのように市民権を得つつありますが、確かに、お金さえ払えば、ありとあらゆる娯楽やサービスが手に入る時代になって来ました。個人が個人だけで、あたかも生きていけるというような錯覚に陥ってしまいがちな現代----。

      もっとも、この映画はそんな現代人に偉そうにお説教を垂れているのではなく、むしろ、大半の人間はそんな現代というものに、"不安と寂しさ"を感じ始めているのではないかと問いかけているのです。だからこそ、この映画は多くの人々が共感を覚え、ヒットしたのだと思います。

      そこにきて、ウィルを飄々と自然体で演じたヒュー・グラントという俳優の存在です。ウィルは、ある意味、"究極の軽薄な人間"として描かれていて、本来ならば、決して共感したくないようなキャラクターのはずなのですが、ヒュー・グラントが演じると、何の嫌悪感もなく見る事が出来るので、本当に不思議な気がします。

      ヒュー・グラントは、このような毒気のあるライト・コメディを演じさせれば、本当に天下一品で、彼の右に出る者などいません。余りにも自然で、演技をしているというのを忘れさせてしまう程の素晴らしさです。

      そして、困った時に見せる微妙にゆがんだ何ともいえない表情といったら、他に比べる俳優がいないくらいに、まさしくヒュー・グラントの独壇場で、もう最高としか言いようがありません。

      かつての"洗練された都会的なコメディ"の帝王と言われた、ケーリー・グラントの再来だと、ヒュー・グラントが騒がれた理由が良くわかります。

      この映画は、そんなヒュー・グラントの持ち味を最大限に活かして、誰もが表だっては認めたくないような人間らしさに踏み込んでみせるのです。そして、人と人が接する時に感じる内心の不安や自分の弱い部分を見透かされないだろうかという不安を、等身大の人間の姿を通して映し出す事に成功しているのだと思います。
      >> 続きを読む

      2016/06/19 by dreamer

      「アバウト・ア・ボーイ」のレビュー

    • 5.0

      音楽が良い。すごく良い。

      ヒューグラント、ちょっとダメな愛すべき男を演じさせたら本当にピカイチ。

      脚本が秀逸。笑いと涙と感動の絶妙なバランス。良い意味で押し付けがましくないところがイギリス映画っぽい。クリスマスシーズンにぴったりでした。

      2015/12/24 by TinkerBell

      「アバウト・ア・ボーイ」のレビュー

    • >ヒューグラント、ちょっとダメな愛すべき男を演じさせたら本当にピカイチ。

      同じく超同感です! >> 続きを読む

      2015/12/24 by メッシイ

    • コメントありがとうございます。

      演技なの?素なの?と思わせる自然な感じが映画に合っていました。あんな残念美男子が周りにいたら‥‥やっぱり放って置けないですねぇ。 >> 続きを読む

      2015/12/30 by TinkerBell

    もっとみる

    アバウト・ア・ボーイ
    アバウトアボーイ

    映画 「アバウト・ア・ボーイ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画