こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ミッドナイト イーグル

ジャンル: ミステリー・サスペンス , アクション
公開: 2007/11/23
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    ミッドナイト イーグル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 2.0 ハラハラ

      いつもこの手のものをみると思うんですが、邦画アクションに限界があるなぁって思いました。
      ハリウッドものみたいにタフガイあってこそだと思うのに、主人公が銃を撃たない(終盤は素人っぽく手にとりますが)で雪山で生き延びるのとかおかしい。
      けっきょく幾度となく使い古されたネタである起爆装置の解除がヤマ場でアクションとしての華がない。
      サスペンス的要素は根底にあるものの、ドラマを見せることにすり替えてしまう和製アクションのガッカリ加減。
      「未曾有の脅威」「国家の存亡危機」
      ...大袈裟ですw
      まぁ、こんなもんかなってところでした。


      (~allcinema)
      未曾有の脅威が日本全土を揺るがすサスペンス・アクション。高嶋哲夫の同名小説を映画化。
      日本の山中で消息不明となった特殊爆弾搭載の米軍機をめぐり、国の存亡危機を救うべく立ち上がる男たちを壮大なスケールで描く。
      監督は「油断大敵」「フライ,ダディ,フライ」の成島出。主演は大沢たかお。共演に竹内結子。
       
      かつて世界中の戦場で生と死の現実を写真に収めてきたカメラマンの西崎。
      人生を見失ってしまった彼は独り厳冬の北アルプスに登り、星空を撮り続ける日々を送っていた。
      そんなある時、赤い光が西崎の上空を飛来する。やがて間もなく、米軍の戦略爆撃機“ミッドナイトイーグル”が北アルプス上空で消息を絶った、との極秘情報が政府に入り、ただちに自衛隊を現場へ向かわせるのだった。
      一方、東京では、週刊誌記者で西崎の亡き妻の妹・慶子が姉の息子を引き取り育てていた。
      また、仕事で家庭を顧みず妻の病に気付かなかった西崎を憎しみ続けている。
      そんな彼女はある日、一人の工作員と接触し、北アルプスで起こりつつある、恐るべき事態の真相を聞き出すが…。
      >> 続きを読む

      2018/09/21 by motti

      「ミッドナイト イーグル」のレビュー

    • 1.0

      山岳ものは小説では面白いものが多い。
      しかしこと映像化されるとがっかりな作品が目立つ。

      この作品もその部類に入ることになる。
      何より説明不足が目に付く。国の存亡危機なんて大風呂敷を広げた割りに、描かれるのは雪山の基地内と作戦本部室の二つのみという安上がり。

      そもそもなぜ二人が雪山に登っている理由が明かされないのは致命的。
      命を掛ける割にその目的が不明なんて、単なる山好きにしか感じ取れない。

      ここに無理やり感動を押し付けてくるのだから堪らない。
      軽すぎるおっさんな首相に、日本とは思えない銃が飛び交う世界観。
      奇想天外もいいとこな内容にどう共感しろといえばいいのか。
      >> 続きを読む

      2018/07/23 by オーウェン

      「ミッドナイト イーグル」のレビュー

    • 評価なし

      出演者が豪華なのに内容はご都合主義。何も考えないで見る分にはいいと思うけどね。

      2016/08/03 by ななこ

      「ミッドナイト イーグル」のレビュー

    • 3.0

      設定がかなり強引だしアルマゲドンのパクりだわな

      2015/11/01 by kaiteru

      「ミッドナイト イーグル」のレビュー

    • 5.0 泣ける 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      心を病んだ戦場カメラマンに訪れた壮絶な運命。

      号泣した。

      練りこまれた設定に、張り巡らされた伏線。
      日本映画とは思えないほどのスケール。
      結局一度も顔を合わせないながら全編を通して横たわる父と子の愛情。
      どれを取っても良い意味で予想を裏切られ、本当に何度も泣かされた。

      主役(級)の大沢たかお、竹内結子、玉木宏は、もちろん素晴らしいが、総理大臣役の藤竜也には何度も泣かされた。

      雪山や都内で工作員との銃撃戦などを潜り抜けた他のキャラクターに対し、ほとんどを同じ場所で過ごしながらも、最も厳しい選択を迫られる首相は、非常に難しい役柄だと思われる。

      超非常事態に臨みながらも決して取り乱さない冷静さと、要所で垣間見える責任感/正義感と滲み出るような優しさを見事に表現しきった名演だった。

      また、芸能界から干されてしまったのではないかと言うくらい、極端に露出が減った吉田栄作が出演。
      正直、熱くてウザイ大根役者というようなひどいイメージだったが、本作では無口な自衛官がハマリ役で、こちらも非常に良い味を出していた。

      ハッピーエンドの作品が好きなつもりだったが、この作品からハッピーエンドに勝る幕切れが存在することを教わった。

      こんな素敵な映画を生み出すことの出来る邦画の実力に改めて興味を持った。

      好きな映画を問われた時に必ず名前を上げてる作品になっている。

      ◆原作本レビュー
      http://www.dokusho-log.com/b/4167656604/
      >> 続きを読む

      2014/01/16 by ice

      「ミッドナイト イーグル」のレビュー

    • たしかに吉田栄作最近見ませんね…

      吉田栄作といえば平子理沙!
      可愛いですよね~ >> 続きを読む

      2014/01/16 by ただひこ

    • 3/13までGyao!で無料配信しているみたいです。
      是非~♪

      2015/02/20 by ice

    もっとみる

    ミッドナイト イーグル
    ミッドナイトイーグル

    映画 「ミッドナイト イーグル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画