こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ワールド・ウォー Z

World War Z
公開: 2013/08/10
製作国: アメリカ
配給: 東宝東和

    ワールド・ウォー Z の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全35件
    • 3.0

      エキストラの参加人数ギネス級(*CGです)。とりあえず、ブラピがすさまじく幸運の持ち主だという映画。吹き替えのキャストがアニヲタにはたまらない陣営www

      2020/02/16 by THE沙鳩

      「ワールド・ウォー Z」のレビュー

    • 4.0

      ・走るゾンビ

      2019/05/05 by tomo_log

      「ワールド・ウォー Z」のレビュー

    • 3.0

      とにかく群衆表現が凄い。
      ホラー映画というより、戦争映画だなと。

      2019/05/05 by HAGANELLIC

      「ワールド・ウォー Z」のレビュー

    • 2.0 ハラハラ

      パニック映画、久しぶりだな、と思って見ました。

      タイトルから、勝手に二国間戦争が世界規模に広がる映画かと思っていたので、戦いの相手に関しては意表を突かれました。
      あと、主人公の所属が国連ってとこも。(笑)

      でも、それ以外は、最初から最後まで、「どっかで見たことあるなぁ」っていう、デジャブ感だらけの映画でした。
      ドラマや映画やゲームでこういうのを見過ぎちゃってるせいで。

      てことで、消化試合を見ているような気分で画面を見ていたのですが、ウィルス学者が登場したシーンだけ、やけに鮮やかでカラフルに記憶に残っています。このキャラクター、なかなか良かった。この映画を方向づける大事な部分。

      演じたのは、ドラマ「SCORPION/スコーピオン」で天才役を演じているエリエス・ガベルで、この人の風貌が、ここ10年くらいのアメリカでの「IQの高いタイプ、頭のいいタイプ」の典型のイメージなんだろうなぁと思った。
      つまり、肌の色が浅黒くて(インド系をほうふつとさせて)、くしゃくしゃの巻き毛で、目が大きくて印象的で、っていうタイプ。
      (この人自身はアイリッシュみたいですが・・・)

      昨今、ニュースでも景気のいい話はIT系ばっかりで、頭を使って成功していく彼らのイメージも加算されているんだと思う。
      流行りの顔の移り変わりを見ていくのも、映画の楽しみの一つですよね。
      >> 続きを読む

      2017/10/10 by みけ猫

      「ワールド・ウォー Z」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      最初から、突如現れたゾンビに襲われるブラッド・ピット演じる主人公ファミリー。町全体がパニックに陥る中、脱出を試みる家族。最初から息をつく暇もない、アクセル全開の逃避行。これはなかなかの展開。
      その後、家族を残し、各地を転戦するブラッド・ピット。韓国、エルサレムとここでも緊迫の展開が続く。携帯の電源を切らないドジさはご愛嬌か。
      そして、物語は終盤に。ここでのラストは悪くはないが、前半の展開に比べ地味。ラストがもっと派手だと5点満点だったのになぁ。惜しい!でも楽しませてくれる作品だった。

      2017/10/01 by 123

      「ワールド・ウォー Z」のレビュー

    もっとみる

    ワールド・ウォー Z
    ワールドウォーゼット

    映画 「ワールド・ウォー Z」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画