こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

モナリザ・スマイル

Mona Lisa Smile
ジャンル: 青春 , ドラマ
公開: 2004/08/07
製作国: アメリカ
配給: UIP

    モナリザ・スマイル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0

      モナリザの笑顔は本当に幸せだからか
      笑ってると幸せそうに見える
      ただそれだけ
      この言葉は深く感じました
      良妻賢母が良しとされてた時代
      大学に通う女子学生は、勉学というより花嫁修行のような授業を受けている
      そこへ新しく赴任してきた教師、キャサリンは
      「結婚がゴール、旦那さんに尽くし、旦那さんをいい男にすることが全て」だという考え方に噛み付く
      実際、キャサリンは結婚していないし、プロポーズされても断るくらいだ
      結婚がゴールじゃないという考え方は有りだと思う
      女性が結婚すれば全ての幸せを手に入れるわけではないし、キャリアを積むことが好きな人もいる
      しかし、このキャサリンは逃げているようにも見えるし、そもそもその考え方を押し付けてるような気もする
      頭のいい女子学生が、希望していた大学の法学部に合格した
      しかし進学はせずに嫁ぐことに決める
      進学と結婚生活は両立できるとキャサリンは言うが
      その女子学生は両立できないと言う
      私は私の考えで嫁ぐことを決めた
      それは大学を諦めて泣く泣くというわけではなく
      自分の意思で決めたこと
      つまり、結婚がゴール、幸せ
      せっかく受かった大学へ行けないことは残念なこと
      ではなく
      自分で決めることの大事さ
      自分で決めたことが幸せへの一歩だと感じさせられる
      キルスティンダンストが少し嫌な女役なのだが、それもその時代の生き方の仕方なさなのだと思う
      >> 続きを読む

      2017/12/24 by tomi

      「モナリザ・スマイル」のレビュー

    • 2.0

      全編通してみれば"いい映画"風に思いますが、心に響いてはきません。

      保守的な壁を壊した云々と言ってますがどこがと思う。
      違う道へと向かうため背中を押してあげたという方が正しくあり、女性版「いまを生きる」なんてのは配給会社の単なる宣伝文句です(笑)

      ジュリア・ロバーツが保守的な感じに見えて、生徒たちが現代的に思うのは気のせいではない。
      いつの間にやらジュリアが生徒たちに受け入れてもらっているのもおかしい。

      学園ものの大事な部分を蹴飛ばして、まるで20年まえのTVドラマで見るようなラスト。
      目新しい部分が無く、作品自体も保守的にしては意味がない。
      >> 続きを読む

      2017/04/02 by オーウェン

      「モナリザ・スマイル」のレビュー

    モナリザ・スマイル
    モナリザスマイル

    映画 「モナリザ・スマイル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画