こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

そして父になる

そして父になる
(C)2013『そして父になる』製作委員会
2013年9月24日(火)~27日(金)全国先行公開 9月28日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー
amazon.co.jp で詳細を見る
1クリック登録
公開: 2013/09/28
監督:
製作国: 日本
配給: ギャガ
INTRODUCTION

6年間育てた息子は、他人の子でしたー。

STORY

学歴、仕事、家庭。自分の能力で全てを手にいれ、自分は人生の勝ち組だと信じて疑っていなかった良多。
ある日病院からの連絡で、6年間育てた息子は病院内で取り違えられた他人の夫婦の子供だったことが判明する。
血か、愛した時間か―突き付けられる究極の選択を迫られる二つの家族。
今この時代に、愛、絆、家族とは何かを問う、感動のドラマ。
>> 続きを読む

    そして父になる の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全47件
    • 4.0

      出生取り違え…。
      両親の気持ち、子どもの気持ち、どちらも入り雑じってぐちゃぐちゃで、もう、心の疲労感物凄い。辛い。
      色んな家族の形もあるんじゃないかな。簡単には口に出来無いけれど、心からそう思い、考えられた映画。

      2019/05/01 by chikako

      「そして父になる」のレビュー

    • 評価なし

      ラストへ直接つながるシーンの手前にもきっと「本当のつながり」に気付き始める「伏線」が沢山あったと思うのですが見落としてしまい、唐突に感じてしまいました…

      2019/01/06 by タカーシ

      「そして父になる」のレビュー

    • 4.0 泣ける

      なかなか難しい正解のないのが、辛い。正反対の家族の在り方。そんな二人の子供が実は反対と言うのは大変だ。子供との時間か血縁か、どちらを選んでも完璧はない。どちらかと言えば厳しい父親が子供と向き合う成長物語に思えた。父親が迎えに来た時に子供を追う場面がとても素敵で泣きそうになりました

      2018/09/19 by 無月斎

      「そして父になる」のレビュー

    • 4.0

      しんみりする映画でした。両親も大変だとは思いますが、急に違う環境に置かれた子供が本当に可哀想。琉晴くんは兄弟も沢山の賑やかな中で育ってきたから、いきなり一人っ子になるのは寂しいでしょうし。慶多くんも大好きなパパに捨てられたと思っていて切ない。私に子供がいないせいか、子供目線で観てしまいました。親になるということや家族の絆を考えさせられました。

      2018/09/17 by さくら餅

      「そして父になる」のレビュー

    • 3.0

      先にノベライズを読んでしまったが、小説っぽくなく映像的な説明を読んでる感じだった。映画はテンポが悪く、ダレテしまって観ていて疲れたが、内容は考えさせられるものがあった。見せ方がよければもっと深く心に届く題材だったと思う。

      2018/08/18 by 桃猫バラ

      「そして父になる」のレビュー

    もっとみる

    そして父になる
    ソシテチチニナル

    映画 「そして父になる」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画