こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

キッズ・リターン

ジャンル: 日本映画 , 青春 , ドラマ
公開: 1996/07/27
監督:
製作国: 日本
配給: オフィス北野配給(配給協力*ユーロスペース)

    キッズ・リターン の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 4.0 切ない クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「キッズ・リターン」は、カンヌ国際映画祭の監督週間正式出品作品として上映され、絶賛を博したと言われている北野武監督の第6作目の作品。

      北野武監督は、どんなところでも物語を作ることが出来るが、現代においては全くリアリティを持たないことも痛切に感じていると思う。

      だからこそ、彼の作品では何か事が起ころうとしても、すぐ壊してしまう。むしろ起こることを拒否し、それが北野作品の強烈な個性にもなっているのだと思う。

      この作品でも、落ちこぼれ二人の青春物語を描いているのだが、そこから浮かび上がってくるのは、二人を取り巻く、一見優しく、仲間意識にとらわれた曖昧な社会なのだ。

      それがボクシング、ヤクザの世界である。だがボクシングはそれこそ強く、禁欲的で孤独な者しか生き残ることが出来ず、ダーティな先輩の酒などの誘惑に簡単に負けてしまう。

      またヤクザの世界は、一見すると部下を大事にしているようにも見えるが、肝心な時には平気で部下に犠牲を強いる。

      社会の優しさは、むしろ"堕落と敗者への道"というわけだ。だからこそ最後に、この二人が延々と校庭を回るシーンが、何か無性に心に残るシーンになったのかもしれない。
      >> 続きを読む

      2016/11/12 by dreamer

      「キッズ・リターン」のレビュー

    • そう言えば、(大韓航空)ナッツ・リターン事件なんてのもありましたねぇ...

      2016/11/13 by ice

    • 3.0 ハラハラ

      アウトレイジをたて続けに観た後だったので

      「この人たち全部死ぬのか?」などと・・・・

      『安心してください!死にませんよ』もう古い?

      2016/07/31 by いわさかり

      「キッズ・リターン」のレビュー

    • 5.0 笑える 切ない

      北野武監督作品としては各キャラの個性が明確に出ており、最もメッセージ性の強い作品ではないかと思う。

      金子賢も良いが安藤政信が完全に役にハマっている。
      この頃は新人だったとは思えぬ存在感が見事だ。

      二人の若者がやりたい事もなしに気ままに生きる。
      ボクシングもはまったのではなく、たまたまそれと出会ったと解釈する心情が若さゆえを実感させる。

      この先何が起こるかじゃなく、今どうしたいのか。
      だからこそのラストにつながっていくわけだ。
      漫才師だとか、次々職を変える平凡な男など脇も印象に残る。
      >> 続きを読む

      2015/06/28 by オーウェン

      「キッズ・リターン」のレビュー

    • 5.0 切ない ハラハラ

      大人の世界に憧れ背伸びをして大人の世界に染まろうとする少年達・・・
      それまで見えなかった大人の世界の醜さに不条理・・・子供は背伸びをすれば大人ぶる事は出来るが大人になるとその逆は出来ない!!
      子供から大人絵の過渡期の揺れる心模様とその後を描いた作品ですね。
      ラストシーンの二人の交わす会話が最高です!!
      本当の自分を懸ける人生はまだまだこれからです。北野監督の素敵な作品です。 評価は星五つです。

      2014/10/24 by チャミー

      「キッズ・リターン」のレビュー

    • >子供は背伸びをすれば大人ぶる事は出来るが大人になるとその逆は出来ない
      当たり前ですが、そうなんですよねー。
      たまーに戻りたいと思ってしまいます…!
      >> 続きを読む

      2014/10/24 by coji

    • >キッズリターン

      赤ちゃん返り?w

      2014/10/24 by makoto

    • 4.0

      落ちこぼれの高校生、マサル(金子賢)とシンジ(安藤政信)はいつも一緒にイタズラやカツアゲをしていた。

      シンジはマサルの金魚のフンだったが、ボクシングを始めたことをきっかけに、2人は別の道を歩きはじめる。

      たけしの映画だからさわやかな青春映画は期待していなかったけど、
      主人公が高校生だし人が次々死ぬわけでもないし、
      挫折やドロップアウトを経験しても前を向いて生きていくという良い話だったと思う。 >> 続きを読む

      2014/10/13 by lilli

      「キッズ・リターン」のレビュー

    • 北野映画、暴力的なイメージが強いですが、昔の映画は爽やかな映画も多いのですね。あまり観たことがないので、観てみたいな~☆ >> 続きを読む

      2014/10/14 by ことこ

    • 北野映画で主人公が高校生っていうのは珍しいですね!

      >挫折やドロップアウトを経験しても前を向いて生きていくという良い話だったと思う。

      メッセージ性のあるお話なんですね。
      くじけそうになった時、観たいです。
      >> 続きを読む

      2014/10/14 by RAY-ROCK

    もっとみる

    キッズ・リターン
    キッズリターン

    映画 「キッズ・リターン」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画