こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

新・男はつらいよ

Tora-san's Grand Scheme
ジャンル: ドラマ , コメディ
公開: 1970/02/27
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    新・男はつらいよ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全6件
    • 評価なし

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      大真田祭りが終わったのでまた寅さん見るよ。
      ハワイ旅行に浮かれるおいちゃんとおばちゃん
      電話口「おいちゃんかい?熱出して寝てるよぅ」

      この時代はまだSLなんだね。
      当たり前だけどスマホないし、シートベルトしなくていいし、煙草吸っていいし。
      しなきゃいけないことが少なくていいなぁと思う。
      相変わらずのドタバタ恋模様だけど、最後の方でおいちゃんが触れてたやっぱり面の問題かなぁほんとにそうかなぁ…。
      四作目でこの展開が、あーやっぱりかーってなるのによくその後もシリーズが続いたよね。
      >> 続きを読む

      2019/07/29 by shiduka

      「新・男はつらいよ」のレビュー

    • 4.0 笑える

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この映画「新・男はつらいよ」は、シリーズ第4作目の作品で、脚本は山田洋次であるが、監督はTV版の「男はつらいよ」を演出した小林俊一がフジテレビから迎えられて、これ1作だけ担当している。この段階では、まだ長期シリーズの構えは整っていない。

      しかし、特に映画の前半、お話はやたらと面白い。寅さんが競馬で大儲けして、その金でおいちゃんとおばちゃんをハワイに旅行にやることにする。

      ところが、その金を旅行社の社長が持ち逃げしてしまったから、さあ大変。彼らがハワイに行くという話はすでに近所で評判になっているので、今さらやめてはみっともないと、三、四日ほど、人知れずとらやに閉じこもって、旅行に行ってきたフリをすることになったのだった------。

      こうして家に閉じこもっているところに、留守だという噂を聞いた泥棒が入ってくる。泥棒は捕まえたが、警察に突き出したら自分たちの滑稽な立場が分かってしまう。

      そこで、泥棒にしばらく一緒に居てもらって、逃がしてやることにするが、そうなると泥棒の立場が強くなる。逆に泥棒に大声を出されそうになり、いろいろ品物を与えてお引き取り願うが、外に出た泥棒は警官と出合うと、本能的に走り出してしまって捕まり、持っている品物は盗んだのではなくて貰ったものだと証明するために、とらやに隠れていた三人のたくらみは明るみに出ることになる。落語もどきのバカバカしいお話なのだ。

      そして、後半は、とらやに下宿することになった幼稚園の先生(栗原小巻)に、またいつものように寅さんが惚れて、毎日、幼稚園通いをするようになるというお話だ。

      今回の寅さんは、ひょっとしたら本当にどこかにいそうな隣人というリアリティが薄かったような気がしますね。
      >> 続きを読む

      2018/02/15 by dreamer

      「新・男はつらいよ」のレビュー

    • 3.0

      シリーズ四作目。
      前半は大いに面白かった。寅さんの仕草一つ一つにニヤついてしまう。けれど後半はとって付けたような恋愛で盛り上がりに欠けていた。なんとか上手く前半と絡めれば内容にも深みが出ただろうに。

      「続」ぶりに登も登場していて真面目に働いている姿が良かった。

      2018/02/06 by きりゅう

      「新・男はつらいよ」のレビュー

    • 4.0

      シリーズ第四作。

      山田洋次脚本だが、めずらしくも小林俊一監督作。

      まあ、それもわかる気がする。何しろ、今作の1970年及び翌年はシリーズ年間三作ペースでつくられている!

      競馬で百万円をあてた寅さんが名古屋からタクシーで帰ってくる(なお、タクシー料金は三万弱)。おいちゃん夫妻をハワイへ連れていくと豪語するが…が前半。

      後半はとらやに下宿したマドンナ帝釈天付属幼稚園の先生・栗原小巻へ思いをかけるが。

      今作、寅さんの恋の秒殺ぶりがすさまじい。

      当たり前ながら渥美清、倍賞千恵子、前田吟はてはおばちゃん役三崎千恵子まで皆さん若い若い。旅路の列車の中でバカ話でまわりの客果ては検札の車掌もわかせている寅さんがラストシーンなのだが、これが蒸気機関車なのにも驚いた。

      山田脚本、黄金パターンを作り出し、きちんとそれにはめていくのはさすが。

      2006年、MOVIX亀有の開館特別企画で観る。それからもう10年か!
      >> 続きを読む

      2016/09/08 by ジェイ

      「新・男はつらいよ」のレビュー

    • 3.0

      男はつらいよ第4作。マドンナ栗原小巻。とってもかわいい。全盛期は吉永小百合と人気を二分したそうな。しかし最近の画像をネットで検索すると・・・。年相応なんだろうけどね。逆に言うと吉永小百合が今でも美しいのは凄いことですね。財津一郎が泥棒役で使われているが後半で話しに絡むのかと思ったら出てこない。贅沢な使い方といえば贅沢。栗原小巻に恋人がいてふられるのはいいがちょっとひねりが足りないような気もする。

      2015/02/21 by seablue

      「新・男はつらいよ」のレビュー

    もっとみる

    新・男はつらいよ
    シンオトコハツライヨ

    映画 「新・男はつらいよ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画