こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔

The Lord of the Rings: The Two Towers
ジャンル: ドラマ , SF , ファンタジー , アクション , アドベンチャー
公開: 2003/02/22
製作国: アメリカ
配給: 日本ヘラルド映画=松竹(日本ヘラルド映画=松竹=角川書店=電通=フジテレビジョン=ポニーキャニオン=丸紅 提供)

    ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全14件
    • 5.0 ハラハラ

      新しい出会いと別れ――第一部は序章でしかなかった

      期待度★★★★★

      戦闘多めで迫力満載の映像。特にヘルム峡谷の決戦は見もの
      そして指輪に魅了されたフロドがどんどん無能になっていく
      ただ3時間は・・・長い >> 続きを読む

      2018/04/08 by もろやま

      「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      2作目も下馬評通りの作品。面白かった。
      フロドとサムは二人だけで指輪を葬る旅路に出てるのでそこまで焦点は当たらない。
      >> 続きを読む

      2017/02/08 by Ryu-0929

      「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のレビュー

    • 4.0 ハラハラ

      相変わらずの娯楽超大作、って感じでしたね。

      登場人物のそれぞれの話だけでも、独立して映画にできそうな濃さなのに、
      それがいっぺんにこうして観れちゃうというのも贅沢な話しで。

      その分、濃さが増しているので、ついていけない人も多そう。

      なんにしても復活は本当に嬉しかった!

      サムの貢献度も凄かったけど。
      >> 続きを読む

      2016/08/25 by 備忘録

      「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のレビュー

    • 4.0

      ガンダルフの復活が嬉しい2作目。
      それぞれの戦いが始まる。人種関係なく立ち上がりひとつになって立ち向かっていく姿が良い。
      やっぱりサム良い子すぎるー!

      2016/08/07 by よっしー

      「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のレビュー

    • 5.0 ハラハラ 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "J・R・R・トールキンの冒険ファンタジーの古典「指輪物語」全三部作の第二部 「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」"

      J・R・R・トールキンによる冒険ファンタジーの古典「指輪物語」を完全映画化した全三部作の第二部。三つに分かれた旅の仲間たちを待ち受ける、新たな出会いと壮絶な戦いを描いている心躍る作品です。

      「第一部は序章でしかなかった」という宣伝用のキャッチフレーズは伊達ではない程、第二部は第一部と比較しても素晴らしい作品に仕上がっていると思います。

      前作の第一部では、必要であったキャラクターや物語の背景に対する説明的な部分が、この第二部では必要がなくなり、上映時間の3時間をたっぷりとドラマに注ぎ込めているのです。

      しかも、その3時間の大部分が、戦闘につぐ戦闘になっているから、物凄い迫力になっています。まさしく、第二部にして、やっと真の戦いの火蓋が切って落とされたのです。

      第二部では、三つのグループに分かれて旅を続ける様子が、三つの物語として構成されていますが、これによって、映画的なシナリオの広がりだけでなく、"中つ国"という魅惑的な空間が圧倒的に、その広がりを増して、我々観る者をその隅々にまで誘ってくれるのです。これで、第一部で少し感じられた平板な印象が、完全に払拭されたと思います。

      そして、これら三つの物語には、それぞれに深みがあります。指輪を持ったフロド(イライジャ・ウッド)とサム(ショーン・アスティン)のチームには、ゴラムという新しいキャラクターが加わります。指輪に心を蝕まれ、醜悪な姿へと成り果てたゴラムを見て、フロドにもある変化が生じていくのです。

      想像を遥かにしのぐ指輪の邪悪な力。フロドの心には、いつか自分もああなってしまうのかもしれないという恐怖心が芽生え、そうした気持ちから、ゴラムに対しても同情を示すようになります。

      一方、フロドへの忠誠心が全てであるサムは、ゴラムを一切信用しようとしません。こうして、この三人に"微妙な緊張関係"が生まれてくるのです。これだけ大掛かりなスペクタクル映画にあって、このような"繊細な心理状態"まで描き出すとは、やはり、ピーター・ジャクソン監督はただ者ではありません。

      メリー(ドミニク・モナハン)とピピン(ビリー・ボイド)のチームは、樹木の牧者エントを促し、サルマン(クリストファ・リー)の要塞オルサンクの塔を攻撃します。そもそも、私がこの作品に魅入られた最初の理由は、オルサンクの塔の威容なビジュアル・デザインであり、ここでの攻防を期待していたからであり、それが、この塔に到達するのがメリーとピピンのコンビだとは想像もしていませんでした。この作品におけるメリーとピピンの二人の著しい成長は微笑ましくもあり、頼もしくも感じました。

      それでも、やっぱり第二部屈指のクライマックスは、ヘルム峡谷の戦いである事は言うまでもありません。セデオン王(バーナート・ヒル)率いるローハンの人間たちが、アラゴルン(ヴィゴ・モーテンセン)、レゴラス(オーランド・ブルーム)、ギムリ(ジョン・リス・デイヴィス)らと共に、オークの大軍と死闘を繰り広げる、映画史に残り得るほどの迫力あるダイナミックな場面です。

      この戦闘における、かつてない"視覚体験"には、もう絶句してしまいました。倒しても倒しても、屍を乗り越えて、うじゃうじゃと現われるウルク=ハイに、もう私の目は釘付け状態----。

      いかにも、「闇の軍団」といった無機質な風情は、不気味で仕方がありません。そして、城塞戦における攻め口のディテールにも、物凄いリアリティが感じられ、その迫力を倍増していると思います。

      これらの場面は、間違いなく、それまでに観た数々の戦闘シーンでも五本の指に入るほどの、究極の激闘シーンであったと思います。

      そして、上映時間にして、1時間は経過したであろうか? とにかく永遠に続くのではないかと思わせる死闘に終止符を打つのが、ガンダルフ(イアン・マッケラン)が率いて来たエルフ軍の助勢----。光を背負って、天から降ってきたかのような威勢を目にした時は、感動で体全体が打ち震えました。

      荒々しさを誇示するヘルム峡谷の戦いに象徴される第二部は、悪の力の強大化を、これでもか、これでもかと言わんばかりに見せつける章であったと思います。

      この全編を覆い尽くす激しいトーンは、この果てしない旅の最も苦しい部分を見事に切り取って見せたと思います。前へ進む事の高揚感をあおった第一部のエンディングとは一変して、サスペンスと緊張感を残して終えたエンディングも非常に印象深く感じました。

      次回の最終章の「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」では必ずや実現するであろう旅の仲間たちとの再会が楽しみになって来ます。そこには、どんなカタルシスが待ち受けているのであろうかと、思い描いただけでもワクワクして来ます。

      なお、この映画は2002年度の第75回アカデミー賞で最優秀視覚効果賞・音響賞を、同年の英国アカデミー賞で特殊視覚効果賞・衣装デザイン賞を、2003年度のMTVムービー・アワードで最優秀作品賞・アクションシーン賞・ヴァーチャル演技賞をそれぞれ受賞しています。
      >> 続きを読む

      2016/08/03 by dreamer

      「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」のレビュー

    • 自分もこの作品好きでよく観ます♪
      小説も家にあるのですが10冊以上あり長いのと翻訳が下手のと回りくどい説明が延々と続くので原作は一度読めば読む気が起こりませんが映画は何回も観ても飽きません。 >> 続きを読む

      2016/08/04 by くじら

    • くじらさん

      確かに、この原作の小説は翻訳が下手なのと回りくどい説明が多くて、読むのにかなりの労力がいりますよね。

      やはり、このような壮大な冒険ファンタジーは、映画という表現媒体でこそ、よりその世界観を表現出来ると思いますね。

      いよいよ、この壮大な冒険ファンタジーの物語は、第三部の「ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還」で、遂に完結の時を迎える事になると思います。

      フロドは滅びの山に指輪を捨てる事が出来るのか? アラゴルンらは冥王サウロンの軍勢からゴンドール王国を守る事が出来るのか? 全てのドラマは結末に向かって、どのように完結していくのか?

      この感動と興奮の第三部のレビューは、いずれ詳しくしたいと思っています。
      >> 続きを読む

      2016/08/04 by dreamer

    もっとみる

    ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔
    ロードオブザリングフタツノトウ

    映画 「ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック