こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

奇蹟 ミラクル

Miracle 奇蹟
ジャンル: アクション , コメディ
公開: 1989/08/12
製作国: 香港
配給: 東宝東和

    奇蹟 ミラクル の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全2件
    • 4.0 笑える ハラハラ 元気が出る

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      このジャッキー・チェン監督・主演の映画「奇蹟 ミラクル」のストーリーは、1930年代の香港で、ひょんなことからヤクザのボスにさせられてしまうジャッキーが、幸運を呼ぶバラ売りの一人娘の結婚を成功させるために、大芝居を打つというお話だ。

      もちろん、この内容からわかるように、この映画は往年のフランク・キャプラ監督の「ポケット一杯の幸福」のリメイクだ。

      ジャッキー・チェン(成龍)の映画をほとんど観てきましたが、彼のアクション・シーンには、ブルース・リー(李小龍)のアクションにあったような悲壮感が、全くないんですね。

      そのアクション・シーンを支えるのが、ジャッキーの宇宙的な身体だと思う。飛び上がり、地上高くぶら下がり、砲弾を避けると思えば、もんどりうって転倒し、もはやこれまでと思いきや、つま先だけで跳躍し、敵の背後に降り立って見せる。

      この身体能力の凄さ、華麗さではジャッキーの右に出る者はいないと思う。

      もうひとつは、様々な事物が、次々とその記号を変化させていくことだ。これは古くは中国の「椅子芸」などの伝統芸能に多く見られますが、例えば、この作品では人力車なのです。

      商店街でジャッキーとタイガー一味が格闘する。最初、人力車は敵の砲弾の弾よけになっているが、直後に、その車輪の反動で反転し、敵から姿をくらませたかと思うと、今度はジャッキーを乗せたまま野菜の中を滑り降りる滑車になるのです。

      このように、人力車ばかりでなく、ロープ工場でも、ロープやそのロールが、襲い掛かったり、砲弾から守ったり、人を縛り付けたりと、様々に使われているのです。

      その他、机、椅子、帽子、お皿、ナイフと様々な事物が様々に変容していくのです。

      これらが、ジャッキー・チェンの類まれな、天性の明るさとともに描かれる時、そのアクション・シーンは、アクション・シーンとして祝祭性を獲得し、それだけで独立した見世物になるのだと思う。

      彼の作品では、初期のいわゆるカンフー物でも、中期の大掛かりなカンフー・アクション物でも、結局はこのアクション映画であったと思う。しかし、この作品では、狙いが少し異なっているようだ。ドラマの部分をメインにしようと試みているのだ。

      出演俳優陣では、ユン・ピョウはじめ、脇役陣も充実しているが、この作品での最大の目玉は、人気歌手のアニタ・ムイが登場していることだ。

      全体として観れば、アクション・シーンが強いだけに、ドラマの部分がやはり弱いが、許されない程度ではない。

      ただ、ジャッキーとアニタの絡みをサブ・プロットにして、もっと強く打ち出せば、ドラマに深みが出ただろうと思う。せっかくのアニタ・ムイを完全に生かし切ることができなかったのは残念だ。
      >> 続きを読む

      2017/09/25 by dreamer

      「奇蹟 ミラクル」のレビュー

    • 4.0 笑える 元気が出る

      ドラマの面では香港ならではのドタバタ劇なのが微笑ましい。
      何かのリメイクだとかは気にせず、ジャッキー映画としてみたほうが好印象だと思います。

      アクションではやはり最後の天井装置を使った部分が見所。
      ローはしごに丸太などあらゆるアイデアが詰め込まれており、笑いを絡めたアクションの本気度を堪能。

      キャストもアニタ・ムイやトン・ピョウにユン・ピョウなど、印象に残るキャストが勢ぞろい。
      奇蹟の部分が緩いように感じるのは香港ならでは(笑)
      >> 続きを読む

      2015/02/18 by オーウェン

      「奇蹟 ミラクル」のレビュー

    • 良い意味で、香港っぽさに溢れている作品のようですね。

      レビューにも香港愛が溢れていて、香港好きとしてはとても嬉しいです♪ >> 続きを読む

      2015/02/18 by ice

    奇蹟 ミラクル
    ミラクル

    映画 「奇蹟 ミラクル」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画