こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

チャーリーとチョコレート工場

Charlie and the Chocolate Factory
ジャンル: 外国映画 , ドラマ , SF , ファンタジー , アドベンチャー
公開: 2005/09/10
製作国: アメリカ
配給: ワーナー

    チャーリーとチョコレート工場 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全25件
    • 3.0

      何か子供たちが悪い意味でマンガみたいなキャラで感情移入できない。

      2018/09/19 by kinako

      「チャーリーとチョコレート工場」のレビュー

    • 3.0 切ない 元気が出る

      「夢のチョコレート工場」(71)に続いて2度目の映画化。もはやリメイク自体ハリウッドのネタ困窮状態を体現し仕方ないと思うけど、「何をリメイクするか」でセンスを問うとしたらバートンらしいと思わざるを得ない。

      2018/07/08 by motti

      「チャーリーとチョコレート工場」のレビュー

    • 4.0 笑える クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      当時、小学生だった次女(今は成人)は
      私とではなく
      私の母と観に行ってたので
      感想を思わず改めて聞いてしまった程、
      子どもはこれをどう見るのかなと思ってしまった

      子どもの見る映画だと思っていたが
      これは
      大人のファンタジーやな

      音楽映画
      …と紹介されていて
      へー知らなかった
      それなら見よう
      と思ったら
      ウンパルンパ(ディープ・ロイ)の部分が
      ほぼミュージカル的で楽しかった

      当時小学生だった次女は
      もう少し大きくなってから
      ディープ・ロイを調べて、
      彼が本当に低身長だと分かったと
      今教えてくれた

      なんと、CGじゃなかったんや、
      すんばらや

      オープニングに
      クリストファー・リーの名前が読めたが
      あれ、どこに出てたかなと見落としたのだが
      ああ、ジョニー・デップの歯科医師おとんか

      確かに、
      クリストファー・リーやったわ

      ややこしい子供たちの保護者の中で
      パソコン得意ボーイ(ジョーダン・フライ)の
      おとん(アダム・ゴドリー)が
      いちばん常識的やった

      ジョニー・デップのウォンカさん
      子どもみたいで可愛かったなあ
      >> 続きを読む

      2018/06/01 by 紫指導官

      「チャーリーとチョコレート工場」のレビュー

    • 3.0

      結構ダークな作品で楽しめて観られた。
      ダメな親子がどんどん罠にかかってひどい目にあっていくのは痛快。
      しかも、基本子供の強欲から招いているので、例えば「子供は元々純真なのだが、親のしつけのせい」とか免罪符を用意していない。
      ダメなヤツはダメなんだという世界の真理を突きつけている。
      ただ、その代わりに良い子と評されるチャーリーは、どうも21世紀の価値観からすると古くみえてしまう。
      いや、狡猾な子供が良い子と言われても困るけれども。

      2017/04/08 by みのくま

      「チャーリーとチョコレート工場」のレビュー

    • 3.0

      素敵な映画。何度も見ました。
      かわいらしい世界に毒気と最高なキャラのウォンカ!
      こういう映画は童心に戻れていい。

      2016/04/14 by Kelly

      「チャーリーとチョコレート工場」のレビュー

    • ほんと、まさに童心に戻れる!!!
      元気が出る映画です。

      2016/09/27 by ミンティア

    もっとみる

    チャーリーとチョコレート工場
    チャーリートチョコレートコウジョウ

    映画 「チャーリーとチョコレート工場」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画