こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

マルホランド・ドライブ

Mulholland Drive
ジャンル: ミステリー・サスペンス , ドラマ
公開: 2002/02/16
製作国: アメリカ , フランス
配給: コムストック

    マルホランド・ドライブ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 4.0 クール

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      "デヴィッド・リンチ監督が仕掛けた、不思議な不条理世界 「マルホランド・ドライブ」"

      たとえ理解しきれなくても、理屈を超えたところで魅惑する映画があるものだ。デヴィッド・リンチ監督の映画は、まさにその代表と言えるだろう。

      この映画「マルホランド・ドライブ」は、リンチ監督らしく不思議な不条理な世界を追求し、彼の"本領"が発揮された作品だと思う。

      女優を夢見てハリウッドへやって来たベティ(ナオミ・ワッツ)が、自動車事故で記憶をなくしたリタ(ローラ・エレナ・ハリング)の身の上に同情し、彼女の過去を取り戻す手助けを始める。

      二人がリタの記憶の断片をたどって見つけたのは、女性の腐乱死体。そして行動をともにするうちに、二人の間に友情を超えた感情が芽生える。

      だが物語はこの後、思いもよらない次元へと導かれていく。それは時間や個人のアイデンティティーを超えて、"愛と憎しみ"、"幸せと悲劇"、"夢と現実"といった相反する要素が無限につながっているような、独特の世界なのだ。

      そして、それらを媒介するのが、変な笑い方をする老夫婦だったり、場末のクラブで行なわれるショーだったりする。この"奇妙な仕掛け"が、いかにもリンチ監督らしいのだ。

      この映画のタイトルは、ハリウッドの街を見下ろす山中の道路の名称。そして、物語の中で、二人の女の関係をかき乱すのは、ある映画監督の存在だ。

      現実のアメリカ映画界に巣食う虚栄が、リンチ監督を不条理な世界の創作にかき立てているのかも知れない。

      このように作り手の深層心理を探ってみたくなるのは、ほかでもない、我々凡人の想像力を超越した"リンチ・ワールド"が、この映画の中で確立されているからだ。

      尚、この映画は2001年のカンヌ国際映画祭で最優秀監督賞、NY映画批評家協会賞の最優秀作品賞、全米映画批評家協会賞の最優秀作品賞、最優秀主演女優賞(ナオミ・ワッツ)、LA映画批評家協会賞の最優秀監督賞をそれぞれ受賞しています。
      >> 続きを読む

      2017/02/01 by dreamer

      「マルホランド・ドライブ」のレビュー

    • 4.0 切ない クール

      前半はきらびやかな世界で明るく機転のきくナオミ・ワッツ。
      後半はきらびやかな世界に適応できなくてどんどん悪循環の罠にはまっていくナオミ・ワッツ。デヴィッド・リンチの映画は白黒はっきりしないのが多いので、なんとなくそういう映画かなと思ったんですが。

      2015/09/09 by u16

      「マルホランド・ドライブ」のレビュー

    • 3.0

      なるほど、わからない。いや、なんとなくわかるが細かい部分まではわからなかった。
      どこか違和感を感じる雰囲気が見事。気づいたら一体何が起きているのかわからなくなる。悪夢的迷宮映画。

      2015/07/31 by きりゅう

      「マルホランド・ドライブ」のレビュー

    • 3.0

      とにかく難解であり、終盤は頭の中に?が渦巻いた。

      一度観たが全てを把握できず、2度目を観てもまあなんとなく自分の中で理解した。

      物語なんてものは余計だといわんばかりのリンチ世界。
      はまる人がいるのは充分に分かる。

      個人的には青い箱を開けた辺りから話がこんがらがっていき、最後がどこだったのかもわからず。
      ある意味いくらでも続けられそうな作りではあるから、明確なラストがないのも分かりますけけどね。

      結局どこからかが現実で、どこからかが夢なのか。
      解釈は見る側に委ねるというわけか。
      ナオミ・ワッツよりは相手役の女優の妖しい魅力満載で引き込まれた。

      意味ありげな人物も多々出てくる。
      空港で別れた老夫婦がいきなり出てきたのにはびびった。
      >> 続きを読む

      2015/05/18 by オーウェン

      「マルホランド・ドライブ」のレビュー

    • ストーリーの進行がわかりにくいだけで、話はまとまってるんですかね...?
      支離滅裂じゃなければ観たいです!
      >> 続きを読む

      2015/05/18 by komorikomo

    • 難解な映画好きです!
      が、レビューを見てついていける気がしません(笑)

      2015/05/18 by 地味変

    • 2.0

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      真夜中のマルホランド・ドライブを走っていた車が事故に遭い、中から辛うじて女性が脱出。彼女は記憶を無くし、逃げ込んだ場所は閑静な集合住宅。そしてその住宅にやって来たのは、家の持ち主の姪で女優を目指しているベティ。
      誰も居ない筈の家にあがり込んでいた彼女に、大した警戒心も抱かず同情を持って接するベティ。
      女の所持品から素性を探ろうとするけど、持っていたバッグに入っていたのは大金と一本の鍵。
      少しずつ蘇る記憶を頼りに、彼女の正体に近づきつつある2人。そしていつしか友達に・・・

      しかも彼女がある場所を思い出してまた奇妙な事になります。
      で、彼女は誰?


      や~久しぶりに訳が分からなかったww
      もう一度観直そうとも思えない訳のわからなさ・・。

      この映画のキャッチコピーが「わたしのあたまはどうかしている」
      だから、もうそういう映画なのかもしれない。

      彼女の正体を暴く映画なのだろうと観ていたら、途中でえー!!みたいなのが登場してしまうし・・。

      誰か私に説明してって言いたくなる映画でした。
      何が言いたかったの?
      これ彼女の夢の話?
      >> 続きを読む

      2014/05/02 by ♪玉音♪

      「マルホランド・ドライブ」のレビュー

    • > 誰か私に説明してって言いたくなる映画でした。

      コレ系の作品は苦手でございます... >> 続きを読む

      2014/05/02 by ice

    • >iceさん

      私大抵こういうの観ても自分なりの解釈とか考えたりできるんですけど
      コレは解釈云々の前に本当訳分からな過ぎて・・・
      ナオミ目当てで観たですが、キングコングの時の方が美しかったし・・
      ちょっと苦手部類に入るかもですw
      >> 続きを読む

      2014/05/02 by ♪玉音♪

    マルホランド・ドライブ
    マルホランドドライブ

    映画 「マルホランド・ドライブ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画