こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ピアノの森

ジャンル: アニメ
公開: 2007/07/21
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    ピアノの森 の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全1件
    • 5.0

      子供向けと申しますか、子供に見せるに値する作品だと思いました。しっかりしたストーリーに、良く練られた台詞。平易な言葉を使いながらも、その選択が実に的確である印象を受けます。良い脚本だと思います。

      上戸彩さんに「ち○こ!」と叫ばせるなど、常に上品なお話でもありません。いわゆる「美しい」日本語とか、高度に「文学的」でも必ずしもありません。ちょっと臭いかな?という台詞も多少あります。でも、まず自分の伝えたいことを的確に表現するという点で、子供たちの教材とされても恥ずかしくないものであると思います。声優陣の発音がクリアなのも良いですよね。

      言葉選びだけでなく、個々のエピソードも優れていると思います。転校して来た少年が、転校生は目立ってはいけないと考えていて、その禁を破った為に早速不利益をこうむるくだりや、その不利益の中身が一種のイニシエーションである辺り、良い意味で有りがちな話だなと感じました。加えて、それが「森のピアノ」を弾ける唯一の少年との邂逅(かいこう)に直結する辺りも無駄がなくて好印象です。映画って意外と短いですから。テンポの良さも大事ですし。

      人物の造形も悪くないと思います。かつて天才ピアニストの特注品だったピアノを弾きこなせる唯一の人物。それが天賦の才を持った貧しい母子家庭の少年であること。彼の学校には偶然にも、その元ピアニストが音楽教師を勤めており、更に、ピアニストの名家に生まれた努力型の秀才ピアノ少年が転校してくる。現実には滅多にあることじゃないでしょうけれど、このくらいの非日常性は映画や小説なら当然ありだと思います。

      彼らの織り成す物語も良い出来だと思います。同じくクラッシック音楽とピアノの天才を扱った漫画、TVアニメの「の○めカン○ービレ」より面白いなと思いました。原作漫画も気になるところです。

      もう二つ、三つ付け加えますと、ピアノ演奏も本格的です。特に「森のピアノ」を弾く天才少年の演奏はかなり高名な方があててくれたそうでして、本格的なのも当然かも知れません。絵的にも「森のピアノ」の場面など、美しいと言えると思います。テーマ曲はプロのピアニストであり、美貌の女優でもある松下奈緒さんによるもの。
      >> 続きを読む

      2015/06/23 by ぴぐじい

      「ピアノの森」のレビュー

    ピアノの森
    ピアノノモリ

    映画 「ピアノの森」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画