こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

ブラザーフッド

Taegukgi
ジャンル: ドラマ , アクション , 戦争
公開: 2004/06/26
製作国: 韓国
配給: UIP

    ブラザーフッド の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全5件
    • 3.0 泣ける 切ない ハラハラ

      2004年/韓国映画
      DVD鑑賞

      2017/11/10 by Chappy

      「ブラザーフッド」のレビュー

    • 4.0 切ない ハラハラ

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      韓国の首都ソウルの中心街から北の方角には、山並みが広がっている。その彼方に38度線がある。北朝鮮が侵攻してくる際は、この山の向こうから大軍が押し寄せてくる-----と、つい考えてしまうのは、この映画の冒頭の場面を観て以来のことだ。

      1950年6月25日、北朝鮮軍は38度線を越え、たった3日でソウルを占領・制圧した。

      母と息子2人の3人家族がいる。高校生の弟(ウォンビン)を大学へ行かせてやろうと懸命に働く兄(チャン・ドンゴン)は、婚約者(イ・ウンジュ)との結婚を控えており、母は未来の嫁と早くも仲良くなって一家は、希望と明るさに満ちていた。

      だが、その幸福は、一瞬にして崩れ去る。着の身着のまま、わずかな荷物を手にとにかく南へと逃げるが、兄弟は途中で韓国軍に緊急招集され、母や婚約者と離れ離れになってしまう。そして、再び全員が揃うことはなかった-----。

      戦いの形勢は、極端に動いた。1950年7月末に南の端の釜山まで追いつめられた韓国軍は、米軍を中心とした国連軍による仁川上陸作戦により、半島全体に展開していた北朝鮮軍を挟撃し、戦況は一気に逆転し、10月1日には南が逆に38度線を越え、平壌を占領し北の端まで追いつめるが、中国軍の参戦で38度線付近まで押し戻されてしまう。

      戦線は再び南下、1951年1月4日には北がソウルを再度、占領し、更に進軍する北を、南は再度押し返し3月14日にソウルをまたも奪回する。

      その後、38度線付近で両陣営は膠着状態に陥ってしまうが、ここで戦争の局外にいたソ連が休戦を提案。戦闘を続けながらも、2年以上にわたる協議を行った結果、1953年7月になってようやく"停戦協定"が成立するのだった。

      つまり、最前線が一往復して全国土を蹂躙する激しい戦争だったのだ。同じ民族同士、敵と味方が入り乱れ、家族や親戚が離散していく。その悲劇を、この映画は"庶民の視点"から細密に伝えてくれる。

      戦局の推移を少しでも頭に入れておいてから観ると、朝鮮戦争がいかに悲惨であり、今日まで爪痕を残しているかを正しく理解することができると思う。

      公開当時、日本で韓流四天王として人気絶頂だった、チャン・ドンゴンとウォンビンが戦争に翻弄されていく、切なくも哀しい兄弟を熱演していて、この映画の持つ、"南北分断と民族や家族の離散の悲劇"をよく伝えていたと思う。
      >> 続きを読む

      2017/09/26 by dreamer

      「ブラザーフッド」のレビュー

    • 3.0

      戦闘シーンがリアルでグロい。そして韓流特有のジェットコースター映画

      2015/11/17 by kaiteru

      「ブラザーフッド」のレビュー

    • 3.0 切ない

      戦争映画だが泥臭さや臨場感がものすごい。
      兄と弟がすれ違っていくのもいい展開で
      先が気になってしまう

      なぜかこの映画のチャンドンゴンは山田孝之に見える。

      2015/09/19 by chimokko

      「ブラザーフッド」のレビュー

    • > なぜかこの映画のチャンドンゴンは山田孝之に見える。

      ツボりました(笑)

      2015/09/20 by ice

    • 5.0 ハラハラ

      南北朝鮮戦争において、徴兵により戦場に立たされた兄弟の兄弟愛を主軸に描かれた作品です。

      勲章をもらえれば弟を戦線から離脱させられる、そんな言葉を聞いた兄は自ら死地へと突撃し次々と功績を挙げていく。そんなことを繰り返していくうちに、戦争によって修羅と変わってしまう兄。
      共に家に帰ろうと約束したにもかかわらず、自ら死にに行くような行為を繰り返す兄を見る弟。
      そんな2人の心境はどのように変化し、またどのような結末を迎えるのか。

      戦闘シーンの臨場感もさることながら、戦場においての人間ドラマとしても非常に趣深い映画でした。
      戦争映画といえばアメリカ!と考えられている方も多いでしょうが、こういった作品が様々な国の作品に触れるいい機会になるかもしれません。
      是非ご覧になってはいかがでしょうか。
      >> 続きを読む

      2014/05/16 by なかいち

      「ブラザーフッド」のレビュー

    • >勲章をもらえれば弟を戦線から離脱させられる、そんな言葉を聞いた兄は自ら死地へと突撃し次々と功績を挙げていく。

      大切な人だからこそできる行動ですね。
      凄く見たくなってきました笑
      >> 続きを読む

      2014/05/16 by lazycat

    • 変わっていってしまった兄の結末が・・・気になりるぅ・・・。

      2014/05/16 by メッシイ

    ブラザーフッド
    ブラザーフッド

    映画 「ブラザーフッド」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画