こんにちはゲストさん(ログインはこちら) | 映画ログ - 映画ファンが集まる映画レビューサイト →会員登録(無料)

幸福の黄色いハンカチ

The Yellow Handkerchief
ジャンル: 日本映画 , ドラマ
公開: 1977/10/01
監督:
製作国: 日本
配給: 松竹

    幸福の黄色いハンカチ の映画レビュー (最新順)

    最新のレビュー順 | 人気のレビュー順 すべての映画レビューとコメントを開く
    全8件
    • 3.0

      昭和の青春のロードムービーなんだろうな。
      武田鉄矢演じる軽薄な若者、
      今も昔も若者が考えている浅はかさは
      みんなが通る同じ道なんだな感じましたw
      夕張関連の本を読んでいるのですが、
      炭鉱で潤っていた頃の夕張を知るのに良い映画だと思いますが、
      もし続編を作るとしたら、
      夕張の現状を考えると、
      中年の高倉健が今後どんな人生を歩むのか、
      おそらくこれから寂れる炭鉱と、
      年齢的にも再就職のきつい中年の
      社会派ドキュメンタリーになる気がします。
      それはおいといて、一見男気溢れていながら、シャイなおじさんの恋愛に心打たれます。
      自分も黄色いハンカチで待ってくれる人欲しいものです。
      >> 続きを読む

      2020/09/06 by あとぅーし

      「幸福の黄色いハンカチ」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない

      ネタバレ   このレビューはネタバレを含みます。
      この山田洋次監督の映画「幸福の黄色いハンカチ」は、実に巧みに語られ、巧みに演じられ、老若男女、誰もが気持ちよく納得する教訓で、要所要所をぴたりと決めてみせる、人情ものの秀作だ。

      一人のお調子者の青年(武田鉄矢)が、ナンパ目的のため車で北海道に行く。そこで、やはり一人旅の若い女(桃井かおり)を車に乗せ、行きがかりでもう一人、中年男を乗せて網走から三人の旅になる。

      この中年男は、実は網走刑務所から出て来たばかりで、妻が待っていてくれるかも知れない炭鉱町まで行こうとしているのだ。

      彼は刑務所から出た時、妻に宛てて、「もしまだ待っていてくれるなら、家の前に黄色いハンカチを掲げておいて欲しい。もしハンカチがなければ諦める」と葉書を出していたのだ。そこで若い二人は、彼に同情して、一緒にその町へ行こうということになったのだ----。

      この寡黙な中年男を演じるのは高倉健で、かつて彼はグレていたが、途中で真面目になり、炭鉱町で働いていて結婚した。倍賞千恵子が妻を演じている。

      彼は彼女を心から愛したが、彼女を信じきれなかったことからムシャクシャして、遂にチンピラとの喧嘩で罪を犯してしまったという過去を持つ男なのだ。そんな彼は服役を終え、もう一度立ち直ろうとしていて、そして妻がまだ待っていてくれることを願っているのだ。

      この映画の魅力の多くの部分は、この高倉健のキャラクターにかかっている。一本気で真っ正直で、場合によっては凶暴性もあるが、めっぽう男らしい。

      高倉健のそういうイメージは、何と言っても東映時代の任侠映画で創り上げられたもので、それはそれで徹底的にヒーローを演じ続けたことで得られた大変な魅力なのだが、しかし、熱狂的な任侠映画ファンを別にすれば、一般の人々にはヤクザの美化にはためらいがあると思う。

      ところが、この映画の主人公は、ヤクザ的な生き方をやめて、真面目に生きようとしているのだ。しかも一本気でストイックで、いざとなれば暴力的な連中を一撃でやっつける強さはあるし、軽薄な若者に対して親身で説教をしてやれる人情味と優しさも持ち合わせている。

      つまり、任侠映画のヒーローの美点をそっくり持っているので、我々観ている者は、この主人公の中年男を安心して愛せるのだと思う。

      そして、この高倉健の男らしさを生かすうえにおいて、武田鉄矢の軽薄なお調子者ぶり、桃井かおりのイノセンスぶり、倍賞千恵子の昔の日本女性が持っていたような貞淑さなどが、みんな非常にいいアンサンブルになっていると思う。

      日本映画における、大衆娯楽映画は、スターの映画であり、その魅力を最大限に発揮させながら、気持ちのいい結末に持っていく。その方程式をこれほど完璧にこなした作品は滅多になく、まさにそれ故に、この作品は日本映画史に残り得る傑作になったと思う。
      >> 続きを読む

      2017/03/22 by dreamer

      「幸福の黄色いハンカチ」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない

      不器用だけど温かい健さんの優しさが詰まった映画でした。
      赤いファミリア、懐かしい。

      2017/02/28 by shikamaru

      「幸福の黄色いハンカチ」のレビュー

    • 4.0

      改めて観てみて本当に良い映画だと再確認しました。

      2015/11/16 by kaiteru

      「幸福の黄色いハンカチ」のレビュー

    • 5.0 泣ける 笑える 切ない 元気が出る

      すっごく良い映画!!!
      こんな素晴らしい映画を今までなんとなく見る気になれなかった自分を叱りたくなった。

      現代社会ではあまりないけれど知らない人とでも助け合うような人間の明るさや優しさなどを感じてとーってもあたたかい気持ちになった。それに今までわからなかった健さんの魅力。今更ながらわかった気がした。ほんと九州男児って感じで頑固だなぁ、不器用だなぁとも思うけど、武田鉄矢に「女は弱くて脆いんだぞ!男が守らなきゃいけないんだぞ!」って説教するシーンとか好きだなぁ。

      あと桃井かおり!私は桃井かおりってSKⅡのCMのイメージでしかなく、女優をやっているのを見たことなかったけど、演技がうまいなぁとびっくり。最初若すぎて桃井かおりということ自体気付かなかったけど、しゃべり方で気づいた(笑)

      最後はじーんとあたたかい涙が溢れた。
      良い映画を観たなぁ♪
      >> 続きを読む

      2015/02/25 by milktea

      「幸福の黄色いハンカチ」のレビュー

    • そうなんですか〜☆
      私はまだなんとなく〜のままです(笑
      観てみようかな(´ー`*)♪

      2015/07/19 by sapphire

    • supphireさん
      昔の日本の良さ、あたたかさを感じる映画でした。
      ぜひぜひ〜♪

      2015/07/20 by milktea

    もっとみる

    幸福の黄色いハンカチ
    シアワセノキイロイハンカチ

    映画 「幸福の黄色いハンカチ」 | 映画ログ

    会員登録(無料)

    今月のおすすめ映画
    読書ログはこちら
    映画ログさんのラック

    最近チェックした映画